【サザエさん ちびまる子ちゃん 時代】なぜ日本に「マンガ・アニメ文化」が生まれ育ったのか(上)

2019-12-03 20:00:02

コメント数 8 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

noname 2019-12-03 19:26:18

戦後、経済的成長が続く中、徴兵制などもなく、日本人はよくも悪くも想像力豊かな子供のままでいられたんだと思う。


yamat*** 2019-12-03 19:27:29

絵巻物も墨絵も浮世絵もずーっとあったのに、漫画が盛んになったのは昭和、文化として認められたのは平成。


a_h***** 2019-12-03 19:28:51

セリフ・吹き出しがマンガの唯一の表現である。
あれで、想像等が膨らんで楽しめる。作品が無数に有り、色んな絵や顔が千差万別なのでおもしろい。


sak***** 2019-12-03 19:34:26

それは日本に手塚治虫先生がいたからですよ。


si_***** 2019-12-03 19:38:17

>マンガを小説の代替えと考えたり、アニメを実写映画の代替えと考えたり~

まあ最近はほとんど聞かないね。
かなりお年を召した世代では今でも常識なのかもしれませんが、そうすると近いうちに全く聞かない意見となるでしょうね。
日本文化のさらなる発展が期待できます。


sky the limit 2019-12-03 19:51:47

漫画の源流に絵巻物があるのはいうまでない。興味深いのは、絵巻物の真の創造は支 那でなされたのであるが、支 那に於いては此れは日本の様な発展はしなかった事だ。然し、密命を受けた宮廷画家自身が、目撃したターゲットの政府高官の豪奢で淫猥なナイトライフ振りを詳細に描き、高官糾弾の証拠品として見事な絵巻物に仕上げた物は現存する。概ね支 那の画巻は様々な事象の記録として描かれたのに対し、日本では、物を語る、文学的な媒体として描かれた物が多いと思われる。日本では此れがストレートに漫画(主にストーリー漫画)につながっていったのだ。漫画は、大衆、取り分け児童若年層が享受主体なのだが、日本人の識字率の高さが此の様な展開になったのに対し、支 那はつい最近に至るまで識字者=少数の学識者であったという事で、ポップカルチャーの典型たる漫画の如き物は支 那の文化状況からすると生成する余地が無かったのかも知れない。


tar***** 2019-12-03 19:52:20

漫画やアニメはとにかく人件費がかかる
特に日本式の漫画やアニメはブラック労働でないと成り立たない
日本=ブラック労働=漫画アニメ
簡単な図式


nan***** 2019-12-03 19:56:04

元々絵で物語を作ることが得意だったから。絵巻物はアニメ、ラノベの元みたいなもの。それと職人気質。






コメント数 ランキング












新着ログ