【内田良】「痛い」からこそ、教育としての意義がある? 復活の兆しをみせる「巨大組み体操」〈dot.〉

2019-06-13 08:30:06

コメント数 9 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

24歳学生 2019-06-13 08:03:04

体育会系の昭和人間が大好きな組体操


fuh***** 2019-06-13 08:04:24

ピラミッドの一番下は教師がやればいいよ


U-U 2019-06-13 08:04:33

そんな教育は昭和の20年あたりの考えだわ。


zer***** 2019-06-13 08:05:07

父兄教員もやったら良い
子供がどれだけ危険な事やらされてるか体感させろ


mik***** 2019-06-13 08:06:29

実際にやらされたが嫌嫌やらされ
一番下にいた痛みしか覚えてないな


wpo***** 2019-06-13 08:14:22

私女だけど、体重が軽い方だったから3段だけど一番上乗った事あったけどめっちゃ怖かったの覚えてる。私より小さい女友達がメインの5段の一番上だった。
いくら運動会前に小石を拾っても、一番下の人たちは辛いと思う。

ただあれやこれやと無くなっていく運動会は寂しいな。


osi***** 2019-06-13 08:15:44

痛いからこそ戸塚ヨットの意義がある


いるかいるか 2019-06-13 08:20:41

軍隊のしごきを連想する。
学校教育に名を借りた、無意味な教練じゃないか! 児童・生徒は教師の奴隷ではない。


kso 2019-06-13 08:25:02

危険を削除するのは教育ではない。
危険を伝え安全に行う工夫こそが教育だ。
危険が無いスポーツなどほぼないのだから。






コメント数 ランキング












新着ログ