【西川 日産 ルノー】日産、新取締役に仏ルノーCEO 西川社長は続投へ

2019-05-17 00:30:00

コメント数 10 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

pur***** 2019-05-16 23:17:44

フランスごときに舐められんじゃねえぞ日産。


Coco 2019-05-16 23:17:50

売れる車を作れ。


syiuuiyid 2019-05-16 23:20:09

西川社長の名前がでるたびに、ふとんの西川が頭によぎる。


ojisanhatukaretayo 2019-05-16 23:23:23

ルノーへの反乱を起こして独立を目指して欲しいとは思うが、日産車の魅力が薄い。
欲しい車がない。


mot***** 2019-05-16 23:24:58

続投が交換条件か!


nak***** 2019-05-16 23:29:30

ブルのSSSとか復刻で出せば売れるんじゃないの?


hyh***** 2019-05-16 23:31:51

耐えられるか日産!
攻めるルノー、
守る日産!


sui***** 2019-05-16 23:47:17

虎視眈々と日産を合併吸収を狙ってるルノー。
ルノーCEOが取締役になってしまった。

負けるんじゃないよ!!フランスごときに。


boi***** 2019-05-16 23:48:40

シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』では、シーザーを暗殺したブルータス一味は、新しいリーダー、オクタヴィアヌスの巧みな演説によってローマの群衆を敵に回し、ローマから追放されていく。暗殺した連中が追放されているところがミソだ。

シーザーは皇帝になろうとした。「ローマの共和政」を守らなければならないとして、ブルータスたちは陰謀を組んだ。その結果、ローマの共和政は守られた。しかし、追放された。なぜだ? シェイクスピアの時代、たとえいかなる理由があろうとも「秩序を乱す者」はいてはならなかった。そこでシェイクスピアの劇は、『マクベス』でもそうだが、古い秩序を打ち倒した者が追われて、第3の新しい秩序を打ち立てる者が現れて、めでたしめでたしとなるものが多い。

日産を守るために蜂起した連中はどうなのか? 第3の新しい秩序を打ち立てるリーダーは現れたのか? 当分、ブルータスたちによる政治が続く。


w_d***** 2019-05-16 23:49:03

ゴーン体制から、結局何も変わらない。

終わっちまったね日産・・・






コメント数 ランキング












新着ログ