【認知症 介護 家族】「ぼけても心は生きている」にこめた思い。認知症の人と家族の会が歩んできた40年

2019-03-13 09:00:05

コメント数 5 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

sug***** 2019-03-13 07:35:59

*このコメントは削除されました。


p----- 2019-03-13 07:50:42

なんかうちの亡くなったばあさんを思い出しました
わたしの祖母は昔の人間なので足腰はとんでもなく頑固な人間でしたが、晩年は頭がボケてしまい老衰で亡くなる前の日まで徘徊してあるいて探しに行ったり広報で放送してもらったらり大変でした


pmp***** 2019-03-13 07:56:58

母は50、父は70でボケる前に鬼籍。親に忘れられるという寂しさは味わってないが、失った寂しさで今も発狂しそうです。


tut***** 2019-03-13 08:16:22

祖母は、逆です。

記憶力はさほど衰えてはいないが
心は衰えがひどい。


弟が亡くなってもまったく他人事
周囲のことがまったく考えられなくなっています。
会話をしても暖簾に腕押し、糠に釘


yzm***** 2019-03-13 08:32:08

自分で自分の世話ができなくなってしまったら、そのときの周りの都合に合わせるしかない。在宅なのか施設なのか病院なのか。子供や孫はこれから長く生きていかなければならないし、自分のせいで生活を変えさせたくない。






コメント数 ランキング












新着ログ