【ねことじいちゃん 岩合光昭】動物行動学者の獣医が語る猫の本当の気持ちの読み取り方

2019-03-13 10:00:01

コメント数 7 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

清貧の握り飯 2019-03-13 09:38:57

「野良猫として生まれたので、おふくろの味がフライドポテトやハンバーガーだったのだと思います」と入交氏は言う。

ハンバーガーには犬猫には禁忌の玉ねぎが入っているし、じゃがいもも食わせたらあかんでしょう。滅茶苦茶やな。

本当に獣医師なのか疑わしいレベル。


mar***** 2019-03-13 09:41:54

う〜ん、何か首を傾げてしまう記事ですね…。


***** 2019-03-13 09:42:17

入交先生
講師辞めちゃったのか


gin***** 2019-03-13 09:52:24

野良猫は今の人間では考えられない位生きる事に必死です。食べ物も「食べられる」と思ったら食べないと生きて行けません。確かに猫にあげてはいけない物も数多く有るため長生きの事や病気の事の為に飼い猫にはあげませんが野良猫達は食べられる無い=死なのです。家の猫達も皆野良猫出身の為食についてはガメツイです。いつも食べ物が有り、いつも安心して眠れる場所も有るのに食に関してだけはちょっと切なくなります。賛否両論有りますが猫第一ではなく人の小さな子供と同じように、叱る時は叱り、褒める時は褒め、良い事、悪い事を教えて行けば良いのでは有りませんか?


tos***** 2019-03-13 10:00:32

本当に猫それぞれ。でも懐かない子が徐々に甘えん坊さんになる様はたまらなく可愛い。側から見れば、猫に猫なで声で話しかけてる私は変人扱いだけど。


hmmm 2019-03-13 10:02:53

そうそう。猫それぞれです。
飼う以前は単なる猫としてひとくくりで見てた。
しかし、同居を始めて、さらに2猫になったとき理解した。
ほんと性格も嗜好もぜんぜん違う。個性豊か。


kgq***** 2019-03-13 10:08:48

読み取る方法が書いてない

しかしながら昼間暇してるのは確かなのでドアにつけるおもちゃやおやつを隠す方法を取ってみたいと思います






コメント数 ランキング












新着ログ