【徳川家康 時代】家康が礼状、わずか2軒が伝える「このしろ寿し」特異な製法

2019-01-12 19:00:01

コメント数 9 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

miy***** 2019-01-12 18:43:43

このしろて魚は小骨が多いから買わないし食べない…。
それを処理して店側は客に出されてスゴいなぁて思う。


suehirogari 2019-01-12 18:44:01

嗚呼、尚更食べてみたい!
自治体も手をさしのべて欲しい。


eas***** 2019-01-12 18:45:56

へー。熊本じゃ普通に
このしろの卯の花寿司としてスーパーにも売ってあるけどね


日本人で本当に良かった 2019-01-12 18:48:04

福岡でも普通に酢でしめてお寿司で食べる。今は知らないけど昔は簡単にいっぱい釣れたなあ。


MEGAPHONE DOG 2019-01-12 18:49:57

御家存亡の危機を救った「このしろ寿司」
由来を活かして上手くプロモーションすれば、ハネる気がする!

※ まさか、このしろがこの城を守るから来てるとは…


nk… 2019-01-12 18:52:10

このしろ寿し、広島市にも昔からありますよ。おからにエゴマ、味付けも同じと思われます。60年前私が幼児だった頃から、祖父が寄り合いで持ち帰る折り詰めに必ず入っていました。
私は好きではなかったけど、懐かしく思いだしました。決して京都だけではないですよ。


TEXMEX 2019-01-12 18:58:25

コハダは良く注文するネタだ。酢飯の代わりにおからとは初めて聞いた。ヘルシーな感じだし、食べてみたい。


tak***** 2019-01-12 19:03:40

コノシロ寿司は熊本にも、滋賀にも秋田にも青森にもあります。
店によってオカラやすし飯。
あちこちにあります。


愛犬ロク (黒柴)のお散歩係 2019-01-12 19:09:59

新鮮な捕れたてのコノシロは、背越しと言って、薄く骨ごとぶつ切りにして、氷水で洗いにすると、骨まで美味しい。
長崎では、普通の食べ方。

中国では、コノシロを焼く匂いは、死体を焼く匂いち言われて、棺桶に詰めてコノシロを焼き、死刑執行の偽装に使われた!

地域地域で、コノシロも、いろんな事に使われた。






コメント数 ランキング












新着ログ