【阿波踊り チケット】徳島市、阿波踊りの桟敷購入 管財人と契約2.1億円

2018-05-22 10:54:04


 徳島市の遠藤彰良市長は21日開いた記者会見で、市観光協会(破産手続き中)が所有していた阿波踊り演舞場の桟敷を、協会の破産管財人から2億1600万円(税込み)で購入すると明らかにした。同日付で管財人の弁護士と売買契約を結んだ。原資として、徳島新聞社が阿波踊り振興のための基金として提案した寄付金を充てるとしている。

 市長らによると、管財人は21日付で徳島地裁に売買の許可を申請した。許可が出た時点で売買契約は成立し、桟敷の所有権は市に移る。市は同日、契約を専決処分した。理由について「旅行会社向けのチケット予約開始が6月1日に迫っているため」と説明した。
市によると、桟敷は有料4カ所、無料2カ所で計約1万6千人を収容できる。購入価格は管財人が今後の阿波踊りのチケット販売による利益などを勘案して決めたという。市長は「公認会計士に相談し、妥当と判断した」と話した。

 協会は3月の地裁の破産開始決定を不服とし、高松高裁に即時抗告を申し立てている。踊り開催に意欲を見せていたことから、4月26日に開かれた夏の踊りの主催団体「阿波おどり実行委員会」の初会合では、委員から桟敷の確保を不安がる声も上がっていた。
市長は「桟敷を取得することで踊り開催についての県内外の不安を払拭し、準備を進めていきたい」と述べた。

 協会は長年の阿波踊りの運営で4億円余りの累積赤字を抱え、管財人が債権回収を進めている。市は赤字の損失補償をしており、桟敷など協会の保有資産を相殺した最終的な負債は市の債務になる。市は管財人から得られた配当の全額を債務の返済に使う考え。残った債務についても全額を今後の阿波踊り運営で返済する方針で、返済に市民の税金は投入しないとしている。

 市観光協会の花野賀胤事務局長は市の専決処分について「破産管財人や弁護士と連絡が取れていないので、コメントはできない」と話した。

コメント数 10 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

yon***** 2018-05-22 10:01:01

今まで利益は徳島新聞、損失は観光協会と割り振っていたが
今後は全て徳島新聞が分担するというわけだな。
それで税金による補填が無くなれば立派だよ、
徳島新聞系の放送局アナウンサー出身で
徳島新聞とはズブズブの市長さん。


野原ひろし 2018-05-22 10:04:56

徳島新聞は自分の不利益な情報は流さないのですね。観光協会だけが悪いわけではないでしょう。赤字になった原因をきちんと報道してください。


2018-05-22 10:14:55

これが偏向報道と言うやつか。


月月火水木金金 2018-05-22 10:16:14

徳島新聞の問題はクリアしたの?


kob***** 2018-05-22 10:21:41

かつて四国放送の番組「おはようとくしま」でアナウンサーとして活躍し、知名度を上げた遠藤市長。

そして、四国放送の親会社である徳島新聞社。

そもそも事の発端は、昨年、徳島市観光協会が徳島新聞社社長を特別背任の疑いで提訴したことが始まりだろう。

これに怒った徳島新聞が、市観光協会に仕返しをする形で今回の騒動になったと思われる。

実に稚拙な戦い。

しかし、徳島新聞社から簡単に市長が操られている現実は非常に危険。


mam***** 2018-05-22 10:23:10

自社が今まで同イベント関連で得た利益を公表してくださいよ、徳島新聞さん。


Otusannokagami 2018-05-22 10:26:19

徳島新聞の記事だから当然客観性は無いよね
自分に都合のよい記事で情報操作だな
まぁ市長も次の選挙考えたら徳島新聞グループに逆らえないよね


rem***** 2018-05-22 10:27:29

ぐだぐだになった祭、
行きたくないです。


jum***** 2018-05-22 10:47:43

見えにくい位置を高値で税金で買わせているのでは?
と勘ぐってしまう


div***** 2018-05-22 10:47:47

徳島市民やけど
遠藤さん、市長に向いてないね。
「おはようとくしま」や「あんたがたいしょう」とかで、県民みんなに好かれていた頃と違って、今はなんか疲れてるもん、、、
上手いこと徳新に使われてるんやろね。






コメント数 ランキング





3人乗りボート不明に=岩手(時事通信)
コメント数 84   2018-08-15 01:54:01








新着ログ