【確定拠出年金 iDeCo】60代継続雇用の薄給を嫌う人は老後破綻

2018-05-22 10:54:04


「65歳定年企業」が増えつつある。中には給与の激減を嫌って、「60歳で引退」を選ぶ人もいるようだが、これは非常に危険だ。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔さんは「年金支給まで『無収入期間』が発生し、老後のマネープランを崩壊させるリスクがあります」という。ゆとりある老後のために「超重要」という60代のベターな生き方・働き方とは――。

■あなたの引退シナリオは?  人生の収支は「60代」で決まる

 「あなたとお金の生存戦略」を考える本連載。今回は「ラスト10年の働き方」を取り上げます。社会人の「ラスト10年」とは「50~60歳」ではありません。時代状況を踏まえると、その次の10年、つまり「60~70歳」が現役期間として考えるべき最後の10年間になろうとしています。

 まだ「60歳定年」というイメージを持つ人がいるかもしれません。年金支給開始は段階的に65歳に近づいていますから、60歳を引退年齢にすると、「無収入の5年間」が生じます。その空白を避けるため、政府は65歳まで継続雇用などで働ける環境づくりを進めています。政府はさらに65歳以降の雇用環境整備にも着手する方針です。

 「人生100年時代」において、「65歳引退」も徐々にリスクの高い選択肢になりつつあります。今回は「ラスト10年の働き方」をケース別に考えてみたいと思います。

 ▼高齢者の夫妻世帯は「毎月5.5万円」の赤字

 まず、確認しておきたいのは「老後にいくら必要なのか」ということです。

 総務省の「家計調査」(2017年)によると、高齢者夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみ)の1カ月の実収入は公的年金など約21万円である一方、食費・交通通信費・交際費・教養娯楽費などの支出は約26.5万円。つまり月5.5万円の赤字になっています。公的年金は老後の安定収入として期待できるものの、老後の生活には不足をもたらしていることが分かります。

 月5.5万円の不足も長いセカンドライフを通じて考えると大きな金額です。女性の65歳平均余命(約24年)を考えれば赤字はトータル1584万円、人生100年時代を想定して35年分を考えれば2310万円です。

 これに対して、退職金水準はというと、加入企業の8割超が従業員500人以上の大企業に聞いた経団連の調査によると、大卒で2374.2万円。東京都が中小企業を対象に調べた数字では、大卒で1128.9万円が目安です。

 前述した老後の不足額と照らし合わせると、退職金の存在が生活していく上で欠かせないことがわかります。これに加えて預貯金額があったりiDeCo(個人型確定拠出年金)の積立残高があればより余裕をもった老後になります。しかし、退職金に手をつける時期をできるだけ先延ばしすることが老後生活を決めるといっても過言ではないのです。

 その上で、3つのケースを見ていきましょう。

コメント数 15 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

har***** 2018-05-22 09:27:36

働く為にうまれてきたのか…


ts2***** 2018-05-22 09:30:41

オワコン日本。

継続雇用が、当たり前みたいに書いてますけど本当ですか?
公務員は定年延長しましたけど、民間企業は?

高齢者の再就職先は3K職場しか無いですよ!
きつくて汚くて危険な仕事を定年後に本当にしますか?
私は年金もらえるまで、生活保護をもらうことにしますw


fud***** 2018-05-22 09:32:48

65歳で10時間働いていますが何か️日本という国がこんなに無知でバカな国とは思ってもいなかった!なんて冷たい国なんだ!そこに住んでいる私も同じ穴のムジナか!それでも生きて行くしか無い!これからは強靭な精神力、体力、根性が要るのは間違いない️今の国会とか見てみろ税金使って下らない話ばかり。テレビを見ても同じ顔、同じ内容️あらゆる面で子供の頃とは違う日本だ️生きて行くのに疲れるとは!


har***** 2018-05-22 09:34:05

退職金ない会社の場合は?


kor***** 2018-05-22 09:39:52

自民官僚連中からカネでももらってるのか?な提灯記事ですな。
定年延長、年金減額、年金延長がもう決定済みのような広報記事ですな。


2018-05-22 09:41:17

子沢山時代を支えた世代は、自分たちを支える世代を育成出来たので老後は苦労が少なかったが、現役世代時には娯楽らしい娯楽もなく、週休二日なんて事もなく働き詰めだった。
家電などの利便性も比較にならないくらい悪かっただろうし、日常の家事も大変だっただろうと思う。

経済が上向き娯楽が増えると、子育てへの注力が減り少子化が進行、すると社会保障が衰退傾向となり老後に苦労する様になった。

現役世代の時に子育てで苦労するか?
老後に日常生活の維持で苦労するか?

資源獲得で巨大な利権を得られる様な奇跡でもない限り、国民は必ずどこかで苦労する事になる。
本当に人生はうまく出来ている。


fir***** 2018-05-22 09:42:01

退職金が無い場合はどうしたら良いか分からんし、破綻するよ〜って言うなら現役世代から家計を見直してプレジデントの購読等の無駄遣いを抑えて貯め始めた方が良いと思う。


hir***** 2018-05-22 09:44:06

私の親は持ち家だけど、
毎月の支出は家計簿見たけど、13万です。

年金だけで、楽勝みたいです。


veg***** 2018-05-22 09:52:33

民間企業の継続雇用は給与が一気にダウンする。
仕事がないよりはマシなので文句も言えない(組合もこの世代の給与UPなんて考えておらず継続雇用だけで有り難いと思え的な扱いだ)。
人手不足で高齢者の仕事が増えるといいが、AI の進化で人手不足を解消する方向に行くだろう。高齢者にはしんどい時代になりそうだ。


bs3***** 2018-05-22 09:58:28

要は、働くだけ働いて、いきなりポックリ死んでくれ!という記事ですね、お疲れ様です。


qqt***** 2018-05-22 11:05:06

プレジデントという誌名が恥ずかしくなるような記事だな
老後のお金を心配するのは庶民だよ


kin***** 2018-05-22 11:07:58

60歳退職後の年間生活費「400万」と書いているが、これは国民平均の【年収】だろ?

「年収」=「生活費」なんてあり得ない前提。

こやつらは何が言いたいのかよくわからないが、収入が減ったらそれに合わせて生活をつつましくすれば良いだけ。

もちろん、中には収入が減っても豪勢な生活を止められない人もいるだろうが、全国民がそんな「頭が悪くて欲望に勝てない人」という前提は失礼極まりないと思う。

俺は早期に退職しても生活できるように既に計画を練っており、その計算では年金受給開始までの期間も問題なく生活できるぞ!


dai***** 2018-05-22 10:14:49

もういっそのこと「老後」がない人生にしたい。
せいぜい70前半までで長い老後を無くせば、いろいろ解決するし。
そもそも今の世の中の、問題の大半は「老後」のための貯蓄とそれに伴う収入の確保、介護とその負担によるもので、それらが若い人から活気や、やる気、多様性を奪ってる。
単に人間長く生きすぎてるのだ。


ata***** 2018-05-22 10:37:17

60が近づいてきてジタバタしても時既に遅し。
その前に打てる手は打たんと。
俺は複数の会社を起業したから、65まではガンガン稼いで、65からは年金が減額されないギリギリの月46万に報酬抑えて、月50万以上稼ぐ生活を死ぬまで続けるよ。
同級生にも早めに勝負に出ろってアドバイスするけど、実際は今の安定にしがみつく奴ばっかり。60近づいたら俺の言葉の意味が実感できてくるよ。


myk***** 2018-05-22 10:00:45

退職金も年金も当てにできない…。
超高齢化社会!自立できないジジババはトットと死ねと言う事か…⁈






コメント数 ランキング












新着ログ