【久留米大学 教授】弱者保護が弱者を苦しめるメカニズムはセクハラにも働くか

2018-05-16 22:54:02


弱者を保護しようという優しい気持ちで作った法律が、かえって弱者を苦しめる結果になる場合も多い、と久留米大学商学部の塚崎公義教授は説きます。
神の見えざる手を邪魔してはいけない

「経済のことは、神の見えざる手が上手に調整してくださるから、王様は経済のことに手出ししないでください」と言ったのは、経済学を作ったアダム・スミスでした。これは、基本的に現在でも経済学の最も基本的な考え方であり続けています。

ある村で、イモが200円で売られていました。心優しい王様が、「貧乏人でもイモが買えるように、イモは100円で売れ」という法律を作ったとします。一部の農家は「市場までイモを運んでも、100円でしか売れないなら、面倒だから、イモは豚のエサにしてしまえ」と考えるでしょう。その結果、人間が食べるイモの量が減ってしまいます。

それだけではありません。以前は「空腹だから200円払ってもイモが食べたい」という人は全員イモを食べられていましたが、今では「あまり空腹ではないが、100円なら食べようかな」という人がイモを食べ、とても空腹な人がイモが買えずに苦しんでいる、ということも起きてしまいます。
弱者保護が弱者を困らせる

上記のイモの例では、困ったのは保護しようとした弱者とは限りませんでしたが、保護しようと思った弱者だけが困る、という例も多いのです。

2013年4月に施行された改正労働契約法は、契約期間が5年以上継続した場合、有期雇用労働者が希望すれば無期契約に転換できると定めています。これは、「無期契約を希望しながら有期契約しか締結してもらえなかった弱者」を保護する目的で作られた法律です。

しかし、2018年3月までに、多くの有期雇用労働者が「雇い止め」に遭ったとして、マスコミなどでも問題となりました。弱者を保護するはずの法律が、弱者を苦しめる結果となったわけです。

似たような例は、随所で見られます。「女性は弱者だから深夜労働を禁止しよう」という法律ができると、「それなら我が社は男性しか雇わない」という会社が増えて、女性の失業者が増えてしまうかもしれません。あるいは「自分は体力に自信があるから、男性同期よりも遅くまで働いて出世したい」と希望する女性が出世する機会を奪ってしまうかもしれません。

借家人がかわいそうだから、「大家は借家人を追い出してはダメ」という法律を作ると、「それならアパート建設をやめよう」と考える会社が増えて、アパートが不足して入居希望者が入居できなかったり、アパートの家賃が高騰して貧しい人は入居できなくなったりするかも知れません。

「労働者はかわいそうだから、会社は社員をクビにしてはダメ」という法律を作ると、会社は社員を雇うのをやめて、アルバイトやパートなどの非正規労働者ばかり雇うようになるかもしれません。これは現に今の日本で起きていることで、その結果として正社員になれずに非正規労働者として働いている「被害者」をさらに苦しめているのが上記の改正労働契約法だ、というわけです。

コメント数 33 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

fgt 2018-05-16 21:34:21

至極真っ当な意見だが、極端な人によって差別主義者に祭り上げられる恐れがあるので黙っている人も多い。
現在騒がれているセクハラの運動なんかも裸の王様的な状態に陥っているね。


***** 2018-05-16 21:47:28

すごくわかりやすい記事だった。
色々考えさせられる。


tos***** 2018-05-16 21:48:40

*このコメントは削除されました。


xxx***** 2018-05-16 21:49:49

自分の思い通りに行かないとすぐに差別だ、ハラスメントだと大げさに騒ぐ人がいる。そんな奴らのせいで本当に困っている人まで一括りに煙たがられる。


ito***** 2018-05-16 21:49:52

全体を考えない一方的な保護とバッシングは、逆効果というだけ。

記事の労働者保護は弱者保護というよりも生活保護バッシングの成果

生活保護バッシングの結果、生活保護を増やす結果につながったというメカニズムと同じ


mid***** 2018-05-16 21:52:38

法律は構想段階でリスクアセスメントを取らないと、指摘の様に法の抜け穴を(企業なら経営者、個人なら強者側が)探す。
雇止めは最たる例だし、表向き留学の研修生労働酷使とか消費される労働者賃金に消費税が払われてないとか企業の抜け穴利用の節税とか多数。
なので立法は抜け穴が無い事が必要にも拘らず、立法府の連中は学歴だけで頭が悪いのかザル法を作って仕事したと貫かす。
弱者が弱者を苦しめるというより、強者が弱者をいいように使いたい為にザル法を作っている気がしてならない。


pur***** 2018-05-16 21:55:27

調子に乗ってあれもハラスメントこれもハラスメントと騒げば騒ぐほど今度は自分が加害者になる可能性も高まる
最近は弱者というか、バカが自分の首を絞めてるパターンが多い感じがする


fin***** 2018-05-16 21:57:20

これだけセクハラが言われるようになれば女性との仕事を避ける人は出るよね。身を守らなきゃいけないからさ。でもそれを「差別だ」とか言う人がいるからややこしくなるんだよね。
政治家のセクハラ問題もそう。女性記者の取材お断り、と言う人が現れても文句は言えないよねぇ…。難しい。


tak***** 2018-05-16 22:00:25

生産者が意欲を失わず、弱者が飢餓に苦しむことのないようにするために、補助金という仕組みがある。

この文章に即して考えるなら、イモを1単位あたり、生産者から200円で買い上げ、消費者に100円で売る。

その逆ざやの部分は、累進所得税を財源とする。

こういう制度は、つい最近まで、日本においても米価について、実際に行われていた。

この文章の著者は、経済学者なのだから、この点、当然、承知のうえで、書いていると思われる。

確かに、政府が、自由な価格決定メカニズムに介入すると、厚生が害される場合が多く、経済学の立場からは、不評なのかもしれない。

しかし、基本的人権の尊重という法律学や政治学の立場(憲法25条の精神といってもよいのかもしれない)で考えると、全体の厚生がわずかばかり害されても、弱者を保護、救済すべきということになる。

法学部と経済学部との違いなのかもしれない。


oka***** 2018-05-16 22:00:46

いや、ホントそのとおり
浅はかな補助や優遇はこざかしい連中の金儲けの温床となるだけ


通りすがり 2018-05-16 22:22:46

こういう時、特にセクハラ対策はそうなんだけど、弱者保護ってのがまさにパフォーマンスで、本来の弱者保護に繋がらないことをむしろ知っててやってるからなおさら悪質なんだよ。
例に出ていた営業や取材は男性限定って流れになるのは必然で、結果的に自称弱者の一部の悪徳売名女のために大多数の女性が苦しむことになる。
女の敵は女です。


nar***** 2018-05-16 23:35:11

女性の社会進出を促したから少子化に傾いた。これは事実だと思う。けれど、女性が外に出ることを望み、男性がそれを覆す材料を差し出せなかった事もまた事実。
どっちも良いとこどりなんてないんだよ。
あっちを立てればこっちが凹む。
要はバランスなんだろうけど、今の世の中はそれが出来ない。まぁ、それだけ自分達の社会がどうなるかなんて気にしちゃいないってことでしょうね。自分達さえよければそれで良い。これに尽きるよ。
それじゃいけないんだろうけど、余裕がなさすぎるんだな。


rtj*************** 2018-05-17 00:27:55

なんかビミョー。

色々な例と主張が不適切。例えと説明が単純すぎて説得力がない。細部と言い訳がついているが、思考の正確性を放棄しているだけ。モデルのナンセンスさかげんが古典止まりに思える。

そもそも物事は1つの要因で動くわけではない。
政策もデメリットまで含めて選択しているものだ。
デメリットの部分を説明したいのだろうが・・・単純化しすぎかな。

主要な主張の継続雇用はそもそも建前なだけで結果は見えていた。一応仮定という表記にはなっているとはいえ、かなり前から大家は好きに追い出せないが、需要のないアパートを騙されて建てた退職者はたくさんいる。

生産者のコストを無視した価格統制は優しいわけではなく、買い取る、補償する、人気が出るなら配給先を考えるなどの政策で成り立つだけ。弱者保護という目的ではなく手段が不適切な例。挙げ句最低賃金の「有害」という評価の基準が定義づけられていない上に一面的。


kaw***** 2018-05-16 23:21:32

そのイモは、稼いだ人だけが食える権利があるはずなのに、
稼ぎもせずに、イモをダダ食いするのがいるから困るのだ。
イモは、頑張った人に分け与えられるべきであり、イモが
弱者にだけ配給されてはならない。
イモは、勤勉な労働者が身を削って、一生懸命頑張ったその結果の、
収穫であり、そのイモは、頑張った者に与えられるべきである。
イモの安売りをするとPMIが下がりデフレに戻るだけである。


ch***** 2018-05-16 22:28:19

1000円なら働きたい人が7人、300円なら働きたい人が6人
あたり、全く分からなくなった。
300円なら働きたい人、っているか?

日銭を稼がなきゃ、っていうことはあるね。
でも最低賃金が下がるのを許可していたら、年齢が上がれば生活が苦しくなって、ホームレスや生活保護が急増する。
だから法律で決める。例え、企業が雇う人数が減ったとしても。

セクハラ対策法で、会食を男性指定するようになって、女性の営業が困った、として、それを理由にセクハラを許していたら、男性顧客は、増長する。
セクハラは、男性にとっても悪い犯罪に繋がる芽なんです。女を人間扱いしなければ、加減ができない。やりすぎて犯罪者になり易くなる。

女性にとっても男性にとっても悪影響、だけどなかなか自覚や自制心が求めにくいので、法律を作って縛るんです。

とにかく男性社員を寄越せ、となっても、それもセクハラとして注目されますよ。


cha***** 2018-05-16 22:12:57

そんなこと恐れていては何もできない。
また対策すれば良い。


a48***** 2018-05-16 22:27:17

英国の産業革命が始まってから
どうしていわゆる弱者保護制度ができたのか
そこをシッカリ勉強していないことが
嫌でもわかる記事というより文章


(-.-)y-~ 2018-05-16 22:10:29

弱者を救うて、本当に難しい。
弱者を装っている人間も多いから、本当の弱者が救われんケースも多い。


meg***** 2018-05-16 22:36:01

「ES無くしてCSなし」という格言があります。ESは(従業員満足)、CSは(顧客満足)
つまり、職員の満足を満たす状況が無ければ、顧客の満足は得られるはずがない、という意味です。別の話になりますが、会社には基本理念があり、理念を満たすために事業計画があり、それを満たすために管理者、中間管理職、末端のスタッフが順にPDCAを回す、という仕組みで成り立っています。この方法は売上目標を立てるといった場合には有効ですが、現場で起きている問題を解決するには不向きな方法です。つまり、業務効率の改善などには不向きということです。そのために現場スタッフによるQC等の手法が存在するわけですね。セクハラ問題はどうでしょうか?政府が、社長が「セクハラはダメですよ」とはるか上空から仰せられて、解決に向かうでしょうか?セクハラは社内で起きる問題の一つです。セクハラがある限り、良い会社を作る為の風土は育ちません。


mue***** 2018-05-16 23:13:26

全くです。セクハラ問題だって難しい。
プラカード掲げてパフォーマンスやってどうなるもんでもない。
だけど、難しいからと言って思考停止に陥ってはならない。

そもそも女性の服装や髪を露出するのに問題がある。
女性全員がブルカみたいなのを被って仕事すれば
バリバリ働けるっしょ?
容姿や年齢で女性達も差別されないし
みたいなのは本末転倒ね(笑)


sky***** 2018-05-16 22:48:46

目先の問題だけ解決しようとして
特定の目線でしか見ずに、問題の本質を無視すればこうなる。


yfd***** 2018-05-16 22:20:05

規制・制限そのものを悪とするこの記事の考えは間違っている。今の日本のように規制が中途半端だからいけないのだ。
人間や企業の「善意」などを信用してはいけない。それらは制度の隙間、逃げ道があれば必ずそこへ行く。
性悪説にたった規制・ルールを社会全体に徹底する必要がある。
「神の見えざる手」など「神話」に過ぎない。


不撓葵 2018-05-16 22:03:17

チョコレートのフェアトレードも実はこれに近い。
過酷な児童労働を止めさせるために、待遇の基準を守らない農園の取引をしないようにしたところ、大量に解雇された子供たちがイスラム原理主義組織の少年兵になってしまったとかね。

地獄への道は悪意でも善意でも舗装出来てしまうというのが世知辛い。


japonica 2018-05-16 23:10:07

根本にメスを入れないとね。
セクハラに対するなら女性が毅然として場合によっては不利益覚悟でもセクハラにはっきりノー!と言うこと。
これが一番!
そしてセクハラされたら迷わずに訴訟すること。


まいっちんぐ 2018-05-17 00:01:03

男女差別を望んでいるのは女性の方ではないか?
世の中で女が得することは非常に多い。


ok0***** 2018-05-16 22:17:11

働く気のない外人やパチンコ通いに金を渡す法律


col***** 2018-05-16 23:38:36

当たり前のことを、何を今更偉そうに。不利益を蒙る人のいない規則なんて皆無。


ahi***** 2018-05-17 00:07:42

理念と言うか理想論を法律にしちゃうと字義通りの抜け穴探しの解釈合戦になって本来の目的と逆の作用があるって事ですね。いわゆる法律馬鹿が多い社会にありがちな…
そもそもの発端は終戦後の占領期の「三国人」のルール拡大解釈が理屈として通ってしまった悲劇で、結果、特に朝鮮半島出身者に対する社会的怨恨と、また一部の韓国人に現在まで根強く残る日本で不法・不逞行為を働き一発儲ける事への誘惑が脈々と連鎖することになってしまった。
真の歴史的和解を模索するならば、この歴史を明確にして当時からの財産は没収し該当者の子孫を追放する法律を制定すれば…、
結局また抜け穴から逃げるイタチごっこですね。案外村八分とか差別、のように偏見とされる様な社会的慣習の方が合理的な場合もある気がします。
せいぜいが成功者及びその子孫の黒歴史にもちゃんとスポットを当てて、その償いとして大いに稼いで大いに納税してもらうくらいでしょうか?


ken***** 2018-05-16 23:40:46

弱者保護をしないのは、人間の善意を信じる性善説
弱者保護をするのは、人間の善意を信じない性悪説

性善説で何でも解決するなんて、それこそ馬鹿げている
人間の善意に頼らず、法治主義の考え方で規制をするのは
近代以降の社会では当たり前のこと。

人間の善意を信じない性悪説だから、多少の欠点もあるが
それを上回る利点がある。


理性を持った人間なら、性悪説=法治主義の考えを取るはずだがな。


yub***** 2018-05-16 22:10:41

私は、反サヨク(左翼ではなく劣化版左翼であるサヨク)の立場でヤフコメでは意見しています。

この記事に関しては、大いに納得できるというか
やっと、こういう記事を公に目にしたという気分です。

反サヨクなどというと、なんだかイデオロギーにまみれた奴だと忌避されるかもしれませんが、現代の日本(というか欧米も)は、サヨクの風潮に毒されています。

非常に端的に言えば、弱者様クレクレ被害者商法(語弊がある言い方ですが)というのはサヨクの大きな特徴です。

弱者救済を目的とする心根は大いに結構なのですが
問題は、それを教条化、原理化して、多数の大声でお経を唱え続ければ、本質的な問題が解決できると盲信(狂信)する態度に容易に変化する事にあります。

黒人差別の固定化(黒塗り芸の画一的批判はこれに該当)
経済的貧者の固定化(生活保護の人権主義による画一正当化)
なども代表例です

この世は矛盾とジレンマ


nao***** 2018-05-16 23:12:37

女の 学者とか 差別を訴える人が、言わない事 男子トイレや 風呂には 女が入るよね 男は 逆は できないよね 雇う側から したら 女を 雇ったほうが どちらも 入れるから ね 人件費特だよね 男女平等 こういう 社会のしくみに 追求しない 女学者たち?


kob***** 2018-05-16 22:14:59

なんでもそーだが、ほどほどが1番!
突き詰めると自分たちの首まで閉まるのがオチ!
バランスを考えず、何でも全て無くしてしまえにするからそーなる!


yahuu 2018-05-16 22:13:23

良い記事だ!
医療ミスした医者を裁判で追い詰めたら、外科の医者が減少した!そんなリスクある仕事なんてつきたくないからな!
弱者保護とか言って、法規制が進んで得したのは弱者ではなく、弁護士、そしてマスゴミだけだ!

だから、俺は数年前から、弁護士とマスゴミを徹底的に叩いている!

正義感ヅラした人間ほど悪い奴はいない!






コメント数 ランキング












新着ログ