【池田勇人】現役大臣から広島入りを懇願された山本一義/プロ野球仰天伝説124

2018-04-26 13:54:03


長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。










広島・山本一義





南海行きを決めていたが……

 1960年代中盤から70年代前半の広島カープ低迷の時代を支えた勝負強きスラッガー、山本一義。広島商高時代は「四番・主将」で、卒業前に南海監督・鶴岡一人に「4年間、大学で勉強してウチに来んか」と誘われた。

 進学した法大でも4年時には主将となり、いくつかの球団から誘われたが、山本は約束どおり南海行きを決めていた。しかし、広島の後援会長だった池田勇人通産大臣(この年の7月に総理大臣に)から呼び出され、「故郷を忘れないでほしい。故郷を好きになってほしい。故郷を強くしてほしい。故郷を明るくしてほしい」と熱い言葉で頼まれる。悩んだが、広島行きを決めた。

 すぐ鶴岡にお詫びに行くと、責める言葉はなく、「ワシのときは広島に球団はなかった。あったらたぶん入ったと思う。故郷を頼むぞ」と言われた。

 プロは通算15年。75年の歓喜の初優勝を見届け、現役を引退した。

写真=BBM

コメント数 11 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

r*d***** 2018-04-26 11:21:06

カープのレジェンド選手の一人
山本一義さんも、衣笠さんと同じく
野球に対して一途であり貪欲でした。
また、礼儀正しく、故郷・広島を
愛した方でした。
亡くなる数年前のカープ地元での最終戦
マツダスタジアムのある場所にて
「来年もよろしく」と挨拶をされていたのを
よく覚えています。


vnj***** 2018-04-26 11:24:58

確か広島を引退後に、ロッテで監督をして、穴吹さんが監督時代の南海でコーチをやっていましたよね?


dor***** 2018-04-26 11:26:26

しゃがれたシブい素敵な声が懐かしい


aaa***** 2018-04-26 11:27:43

鶴岡の言葉、かっこいい。


jak***** 2018-04-26 11:44:12

私が野球を見だした頃のオリオンズの監督さんだ。


YouTuber『かたるんるん』 2018-04-26 11:45:34

スポーツ紙のコラムが結構的を射ていて、すごく感心したのを思い出します。


kis***** 2018-04-26 11:51:18

鶴岡一人氏と山本一義氏は、2人とも広島商業から法政大学、そしてプロ入りしている


nis***** 2018-04-26 11:53:32

泣きそうになった。うるうる・・・。


o******* 2018-04-26 11:54:36

山本一義さん、黒田投手のカープ復帰戦となったマツダスタジアムでの試合で拝見しました。 引退してからもカープをこよなく愛し続けてくれてたんでしょうね。 今も天国から暖かく見守ってくれていると思います。


mat***** 2018-04-26 12:05:00

カープの25年ぶりの優勝を見届けて逝去。
発表を遅らせる配慮がありました。
衣笠氏もですが、この方がカープの監督になれなかったのが、不思議です。


***** 2018-04-26 19:57:31

この方もカープのレジェンドの1人です。
ロッテの監督になった時はちょっと残念だったけど、その後カープにコーチで復帰して多くの選手を育て上げてくれました。
天国で衣笠さんと仲良くカープ&野球界を見守って下さい!






コメント数 ランキング












新着ログ