【新潟県知事 米山隆一 女性】マッチングアプリの甘い罠

2018-04-23 02:54:03


・「シュガーダディ」=「パトロン」と若い層をマッチングするサイトはアメリカで生まれた。

・日本でも「パパ活」という名の下、マッチングアプリが全盛。

・スマホ普及でパトロン探しが容易になり、若年層へのリスク高まる。










ハッピーメール 公式プロモーションムービー「私の恋愛日記~これから始まる恋物語~」 動画キャプチャ






【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39560でお読みください。】



「シュガーダディ(Sugar Daddie)」という言葉を知ったのは、筆者がニューヨーク特派員だった頃、1990年代後半だった。そう、言葉の響き通り、日本でいう「パトロン」である。

ただし、私が住んでいたニューヨーク・マンハッタンでは様相が少し異なった。週末ブランチを取りに入ったカフェ、周りを見回すと中年男性と若い男性のカップルが異様に多い。そう、まさしくその中年男性達が「シュガーダディ」だったのだ。若い男性たちはアジア系が多かった。異性同志のカップルは自分たちだけだったことも。きわめてニューヨーク・マンハッタンならではの光景ではあったのだが・・・

古今東西、大昔から、何らかの理由でお金が必要な人間と、それをサポートしたい人間がいたことは否定すべくもない。需要があれば、そこに供給が生まれる。そうして“市場”が形成されてきた。

「パトロン」と言えば、愛人バンク「夕ぐれ族」が懐かしく思い出される。若い人たちは知らないだろうが、1980年初頭に誕生したこの「夕ぐれ族」なる愛人紹介クラブ、発起人が筒見待子という若い女性だったこともあり大いに注目を浴び、一種の社会現象にもなった。この女性はテレビに引っ張りだことなり、この世の春を謳歌したが、それも長続きせず、1983年に売春防止法で逮捕された。「援助交際(エンコー)」という言葉が生まれたのもこのころだ。

21世紀になりインターネットによるサービスが加速し、先に述べたシュガーダディを紹介するサイトがアメリカで生まれた。文字通り、“Sugardaddie.com (シュガーダディドットコム)”はその代表格だ。

ホームページのキャッチフレーズは、「あなたの夢をかなえよう!(Make your dream a reality!)」だ。自らを「世界で最も著名で成功しているデートサイトです。」と謳っている。

そして、日本にもこうしたサイトが雨後の竹の子のように生まれている。主なものには、“シュガーダディ”、“ペイターズ”、“HICLASS TOKYO”などがあり、パトロン探しは「パパ活」などと呼ばれている。「婚活」に引っ掛けたのだろうが、このネーミングはどうにもセンスがないと思うのは筆者だけだろうか?

日本の“シュガーダディ”トップページのコピーは「お互いにとって最良の関係を。『魅力的な女性』と『成功した男性』の出会いを応援します。」とある。パトロンであるシュガーダディと、援助を受ける女性をシュガーベイビーと呼び、以下の如く定義づけている。


シュガーダディ(男性)
「成功者である紳士的な男性。彼らは側に魅力的な女性がいることを楽しみます。」

シュガーベイビー(女性)
「夢や目標がある魅力的な女性。彼女達は人生の価値あるガイドを探しています。」


ずいぶんと男性目線の手前勝手な定義ではある。こうしたパトロンと若い世代とのマッチングサイトを標榜しているサイト以外に、いわゆる「出会い系サイト」の数はおびただしい。米山隆一前新潟県知事が女性と知り合ったことで一躍有名になった“ハッピーメール”もその一つ。累計登録数1600万を謳い、キャッチコピーは「会うたびに、恋におちる」。いやいや奈落の底に落ちてしまっては元も子もないのだが。。。こうしたサービスのアプリはFacebookアカウントなどで簡単に登録できるので敷居が低いのが特徴だ。SNS世代にフィットしているということだろう。

コメント数 10 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

nan***** 2018-04-23 01:18:03

パパ活なんて言うと一緒にごはん食べただけでお小遣い貰える、なんて人気だけど、そんなうまい話そうないからね。
若い子達、騙されちゃだめだよ。


kun***** 2018-04-23 01:31:42

*このコメントは削除されました。


nao***** 2018-04-23 01:48:51

マッチングアプリがこれだけ出回って本当に困ってるのはデリヘル業者でしょ。
今までは女の子を派遣して6-4、7-3くらいの利益があったものが、女の子が1人で店開いてるようなもんだもんね。
まあでも中には業者自体がマッチングアプリ使って客を集めてるところもあるみたいだけど。
どちらにしてもこの記事にあるように、需要があるから供給もある訳で、いつの時代も無くならないと思います。


stxl***** 2018-04-23 01:51:51

まるで男だけが悪いような書き方だけど、
パパ活は金のために体を売ってる女のためのサイトだからね?


daz***** 2018-04-23 01:54:54

お互いシッカリしてて、精神的に大人でないと無理。

昔から若い娘は不安定で、自信がなくて尚且つ無知。
今の大人の男性はケチでロリコン、尚且つ無責任。

こうゆう二人が1番悪いパターンで、
男が悪い。
傷付くのは女の子だけ。

だったのが、最近は逆転も多くなってるね、風潮的にも。

成功した大人の男性と、淡い年頃の女の子の恋愛は、歌にもなってるし、
確かにフランスでは文化の1つ。

意気がってるだけの若い既婚リーマンと、スナックの女の子の話とは違う。


osu***** 2018-04-23 01:57:28

例えて言うと、マッチングアプリ=悪霊や妖怪達を自分の元へ呼び寄せてしまう黒魔術みたいなようなものだぞ。平穏に暮らしたければ利用しないことだ。


コメントする海外×のMaxx C 2018-04-23 02:00:11

タップルなんかカード万枚持ってるゴキよ。
確かに業者たちの黒魔術だし、よく分からないし街頭インタビューはなんかだしゴキね。


Selene*** 2018-04-23 02:18:26

既婚女性の7割が不倫している統計もありますが、既婚女性も出会い系アプリをたくさん使ってますよね?

なんて男性目線の記事なんでしょう。


sou***** 2018-04-23 02:34:34

身分証での年齢確認等、しっかりした措置を講じている一部事業者に対して非常に失礼な記事。ろくに事実確認もしないで記事を書くのはジャーナリストとは言えない。


tan***** 2018-04-23 02:47:15

そんなにお金無いなあ






コメント数 ランキング












新着ログ