【ニュース女子 放送】新聞論調比較 放送法4条撤廃、読売が突出して反対

2018-04-16 10:54:01


 放送番組の「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃を柱とする放送制度改革が急浮上し、にわかに政治問題化している。

 安倍晋三首相肝いりのテーマとされ、放送とインターネット通信との垣根をなくし、新規参入や競争を促す狙いだが、政治的に偏った番組が放送されたり、フェイク(偽)ニュースが出回り、番組の質も低下するといった懸念が各方面から噴出している。新聞各紙も、日ごろの安倍政権への距離感の違いを超えて、反対論一色だ。

 この話を考える大前提として、最初に、放送法4条とはなにかを確認しておこう。 放送事業者が国内外で放送する番組の編集について定めた条文で、(1)公安及び善良な風俗を害しないこと(2)政治的に公平であること(3)報道は事実をまげないですること(4)意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること――を求めている。

 ただ、この条文は倫理規範を示すものとの解釈が一般的で、放送界は第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」を組織して自主的に外部からの苦情などに対応。問題があれば審査し、番組に人権侵害などがあれば、是正を勧告するという自主規制が定着している。監督官庁(総務省)といえども、番組内容に権力が直接口を出すのは報道の自由に反するということだ。

 ジャーナリズムの「権力のチェック」の役割として、政権、与党の政策を厳しく吟味することが多くなる報道への、権力側の苛立ちが、時に目立つことがある。

 2014年の総選挙の際、安倍首相自身が民放の生出演番組で、政府の政策に批判的な街の声について「編集して(反対意見ばかり集めて)いる」と批判し、自民党がNHKと民放各社に「公平中立、公正」な選挙報道を求める異例の要望書を出した。

 2016年2月には高市早苗総務省が「政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、電波を停止できる」と公言するなど、政権に批判的な報道を牽制する動きが続いていた。

 4条撤廃論は、これまでの政権、与党のテレビ批判と一見、矛盾するようにも思えるが、放送界への不満という脈絡では通じると言える。

 政府でこの問題を議論しているのは、規制改革推進会議(議長・太田弘子政策研究大学院大学教授)の投資等ワーキンググループ(WG,座長・原英史政策工房社長、2017年9月スタート)。金融・エネルギー分野の規制改革など幅広いテーマを扱うが、放送に相当の時間を割いている。

 当初、「技術革新や新需要への機動的対応に向けた電波割当制度の改革」を掲げ、入札で電波を割り当てる「オークション制」などに主眼を置いており、放送とネットの融合という切り口で放送法4条を含む議論に火がついたのは年明けから。

 同WGでは2月7日の第14回会議で「放送と通信の融合」の専門家のレクチャーを聞き、以後、7回の会議のうち6回で、この問題でヒアリングを重ねている。太田議長は7回のうち6回出席しており、同会議として、放送事業見直しを重要課題と位置付けていることが読み取れる。

 同WGの動きは、安倍首相の発言と歩調が合っている。首相は1月22日の施政方針演説で「通信と放送が融合する中で、国民の共有財産である電波の有効利用に向けて、大胆な改革を進めてまいります」と表明。いわば、これが政治的な議論の「号砲」だった。

 31日の経済団体の会合で、「インターネットテレビは放送法の規制はかからないが、見ている人には地上波などと全く同じだ。法体系が追いついていない」と述べるなど、首相肝いりのテーマという位置づけと理解できる。

 1月の通常国会召集以降、まず、裁量労働制をめぐるデータの不適切な使用問題で紛糾し、裁量労働制を働き方改革法案から切り離さざるを得なくなった。3月に入ると、森友問題での財務省による高文書改ざん問題が噴出した。

 こうした中で、放送事業を巡る報道はほとんど見られなかったが、大手紙でまず狼煙を上げたのが読売だった。

 3月17日朝刊1面左肩3段見出しで「放送・ネット垣根撤廃 首相方針 放送の質低下懸念も」と打ち、2、3面見開きで受けの記事を大展開。「放送 信頼を失う恐れ 『公平』規定を撤廃 フェイクニュース危惧」(3面「スキャナー」欄)と、否定的に見出しを並べた。

 極めつけは2面の「首相、批判報道に不満か」との見出しの記事。首相が一部の民放局に苛立ちを募らせ、特に、「森友・加計問題」を巡る報道に強い不満を漏らしていると指摘したうえで、見直しが「(首相に批判的な放送事業者をけん制する)交渉カードになる可能性がある」との識者の声を紹介している。日ごろ、安倍政権支持の論調が目立つ読売としては異例の紙面展開といえる。

 3人の識者の声を、ほぼ1ページをつぶして載せる「論点スペシャル」では27日に、「『ネット化』国民は望まず」「本音は民放の解体か」「良質な番組減る可能性」と、批判的な声だけを集めた。

 他紙の実質的な初報は、朝日が24日朝刊1面3段見出しと3面受け、産経は24日2面4段見出し(31日にも2面のほぼ左半分)、日経が27日朝刊3面トップ(ページの約半分を使用)、毎日も、やや出遅れたが29日朝刊1面左肩3段見出し、2面トップ(ページの半分超)、6面解説と「ミニ論点」(識者2人のやや大ぶりの談話――といった具合で、中身は、いずれも批判的だ。

 その後も、放送界、政界などの反応、関係発言などを、各紙、それぞれ報じるが、ここでも読売は民放各社トップの会見を漏れなく報じ、日テレ社長(27日)、テレ朝会長(28日)、TBS社長(29日)、テレ東社長(30日)、フジ社長(31日)、NHK会長(4月6日)と、判で押したように2面の下の方で、すべて2段見出しで、放送事業見直しに反対する見解を載せている。

 こういう扱いは、新聞としての強固なスタンス、つまりこの問題では断固反対の立場を示すものだ。

 政界でも慎重な発言が相次ぎ、各紙、丁寧にそうした声を報じており、特に放送法を所管する野田聖子総務相が22日の衆院総務委員会で、「(放送法4条を)撤廃した場合には公序良俗を害するような番組や事実に基づかない報道が増加するなどの可能性が考えられる」と述べたことなどが紙面をにぎわせている。

 各紙、社説を含め、批判的な点で論調に大差はない。社説でも先陣を切った読売「番組の劣化と信頼失墜を招く」(3月25日)は、<テレビ番組の質の低下を招き、ひいては、国民の「知る権利」を阻害する懸念がある>と、のっけから大上段に疑念を呈する。

 以下、

 <放送局は、放送法1条で「公共の福祉の健全な発達を図る」ことを求められている。民放はこうした役割を担い、無料で様々な番組を提供してきた。同様の規制がなく、市場原理で動くネット事業者を同列に扱うのは無理がある。特に問題なのは、見直し案が、「公序良俗」「政治的公平性」「正確な報道」に基づく番組編集を求めている放送法4条の撤廃を含んでいることだ。規制が外れれば、放送とは無縁な、金儲けだけが目的の業者が参入し、暴力や性表現に訴える番組を粗製乱造しかねない。家庭のテレビで、子どもを含めた幅広い人々が目にする恐れがある>

 <フェイクニュースが世界的に広がるなか、放送への信頼を失墜させる改革に乗り出す意味があるのか。疑問は拭えない。米国では、放送局に政治的な公平性を求めるフェアネス・ドクトリン規制が1987年に廃止された後、偏った報道が増えた>

 など、細かく問題点を指摘している。

 毎日「透けて見える政権の思惑」(30日、https://mainichi.jp/articles/20180330/ddm/005/070/155000c)、朝日「性急、乱暴、思惑ぶくみ」(31日、https://www.asahi.com/articles/DA3S13429074.html)、東京「テレビへの政治介入だ」(4月3日、http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018040302000163.html)も基本的論調は同じ。3紙はそろって、沖縄問題の取り上げ方についてBPOから放送倫理違反や人権侵害を指摘された東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の番組「ニュース女子」を、放送法を踏みにじる悪しき例として取り上げている。

 毎日は、放送法見直しの舞台になる規制改革推進会議の委員に、「ニュース女子」の進行役を務めた東京新聞論説委員が名を連ねることを指摘し、<政府のご都合主義で放送制度改革を進めることがあってはならない>と批判した。

 朝日は<4条がなくなれば、こうした(BPOといった)仕組みも事実上機能しなくなるだろう>と指摘したうえで、<こうした構想がなぜ唐突に浮上したのか、政権の真意を疑わざるを得ない。……首相は、バラエティー番組や政治的公平性を求められないネットテレビには進んで出演し、自らを宣伝する。4条撤廃の衣の下からは、メディアを都合良く使える道具にしたいという思惑がのぞく>と、政権の狙いに厳しい言葉を連ねる。

 東京も、<フェイクニュースがテレビであふれても構わないと政府は考えているのだろうか。……つまりはこのような番組(ニュース女子)が野放しになりうるのだ>と危惧を示し、<真実のニュースを国民が知らないと、正しい意見を持てず、真の民主主義も発達しないのだ>と締めている。

 4月11日時点で、日経の社説と産経の「主張」は取り上げていないが、先に紹介したように、かなり大きな扱いで批判的に報じている。

 他方、放送法4条は放送局にとって、「両刃の剣」であり、前記の高市総務相(当時)発言のように、権力が4条を根拠に報道に介入する恐れは常にある。実際、安倍政権に批判的なニュースキャスターらの交代の陰に、政権側の圧力があったとされる。

 各紙が4条撤廃に反対する背景には、新聞が軒並み系列テレビ局を抱えていることが、もちろんある。放送とネットの垣根が崩れて「自由競争」になり、放送局の経営が不安定化することを強く懸念しているわけだ。

 時にトランプ米大統領張りのマスメディア批判を口にする安倍首相の下での放送法見直しには、<フェイクニュースが世界的に広がるなか、放送への信頼を失墜させる改革に乗り出す意味があるのか>(読売社説)、<産業政策に名を借りた新たなメディアコントロールではないか。放送に関与し、都合のよい番組を流したい政権の思惑が透けて見える>(毎日社説)といった疑問・批判が出るのは当然だろう。

 とはいえ、放送局(系列の新聞も)が、放送法に守られる形で既得権に胡坐をかけば、視聴者の信頼が揺らぎ、権力に付け入るすきを与える。それを、肝に銘じる必要がある。

コメント数 48 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

Q.E.D 2018-04-16 10:04:34

讀賣もちょこっと左入ってるからな〜


pla***** 2018-04-16 10:06:25

テレビの質なんて、とっくの昔に低下してると思うが。


kob***** 2018-04-16 10:07:09

私は放送法4条撤廃、賛成。


puc***** 2018-04-16 10:08:34

立花頑張れ!


u**** 2018-04-16 10:09:36

悪しき既得権益


hid***** 2018-04-16 10:09:49

今までマスコミは放送法撤廃には

触れないようにしてたけど

長期化する安倍叩きで

国民が放送法の事を知るようになり

無視できなくなったのかな。

最近、放送法を弁解する記事が増えてきた。


アリ 2018-04-16 10:10:43

今の報道のあり方に疑念がなければ国民も放送法4条を守ろうという声があがるのでは?
反対にクソだと思われていたら放送法4条撤廃でいいって声があがるだろうね。
そうなったとしても自業自得。


abcd**** 2018-04-16 10:11:08

これ以上ないくらい低下してますがな。それに昔の方が際どい露出もあり面白かった。


sky***** 2018-04-16 10:11:30

知ってた。ここの所の安倍叩きが尋常じゃなくなって来た。
回答率4割の世論調査とかもう世論じゃないし。


map***** 2018-04-16 10:11:36

既得権益の犬
見苦しい、とっとと去ね


penrocket 2018-04-16 11:00:19

安倍さんが批判を抑えるために改正に乗り出したんじゃなく、メディアが改正させたくないため倒閣偏向報道をやっているという構図でしょ。だいたいメディアが批判してる政権は国民の代表、我々のリーダーですよ?国民を批判しているに等しい行為です。国民と政治の乖離を進める事がメディアの利権を保つ手段になっている今。こういった記事も含め、歪んだジャーナリズムを正さないといけませんね。


kur***** 2018-04-16 10:27:47

テレビの質の低下?
もう充分に低下してるよw
単に既得権益にしがみついているだねでしょ?
競争になったら勝てないもんね。でも頑張っていてももう虫の息でしょ?


nan***** 2018-04-16 10:22:50

マスコミさん この件は国民(視聴者)に判断させてください。既得権益を守りたいあなた方が言っても説得力はありません。もう騙されません。


qhg***** 2018-04-16 11:31:27

今のテレビ報道はフェイクしかない。


Anonymous******* 2018-04-16 10:26:26

*このコメントは削除されました。


clo***** 2018-04-16 11:01:25

公平性を判断するのも
政治家です。


kit***** 2018-04-16 10:49:31

あらあら、某首相は読売新聞を熟読して、やっぱやーめたって言いそうですな


******* 2018-04-16 10:42:32

ほう~道理で最近は読売まで偏向報道し出したんだね~。もはやジャーナリストの名を騙る銭ゲバ誌だ。放送法の改正が急務と思われる。


hap***** 2018-04-16 11:13:41

これに関する論調を比較するのは有意義だなあと思って読んでたら
各社横並びでクソっていう結論で悲しい


rvf***** 2018-04-16 11:04:39

安倍首相、日本経済のために獣医師会であろうが放送業界であろうが既得権益に守られた団体グループの岩盤規制を突破してください。首相案件でも首相指示でも構いませんから。


gol***** 2018-04-16 10:31:24

世間は安倍より読売嫌いでは?読売が反安倍に回ったことで安部の人気が巻き戻すのでは?


m***** 2018-04-16 10:33:52

反対すればする程テレビ離れが進むよ


hon***** 2018-04-16 10:25:50

フェイクニュースだらけで真実は伝えない
報道機関は中立じゃないといけないのに野党の見方
免許取り上げろ


kok***** 2018-04-16 10:13:14

報道機関やマスコミは正に権力の権化


COD 2018-04-16 10:59:55

各局が放送法4条にブッチギリで引っかかってるね。

カケ問題を取り上げ政権批判するマスコミ。
温度感が異常に高いのも、マスコミ各社が既得権益の象徴だからだよね。


yok***** 2018-04-16 10:37:42

政治的公正…出来ていないでしょう。平日夜のテレ朝 日曜朝のTBSが垂れ流しているニュースバラエティー番組はMCからして左翼っていますね。それなら最初から左翼の倒閣運動番組と名乗ればいいです。スポンサーも反日左翼の企業を選べばいいと思います。まぁ~不買運動がおきるのは間違いないですが(笑)


mas***** 2018-04-16 10:39:55

既得権打破、大賛成。


NUDA100l 2018-04-16 10:58:50

ここ最近の大手マスコミによる政権たたきは、放送法4条撤廃阻止への強い意志の表れの意味合いもあると思います。。既得権をぶち壊そうとする者は首相であっても辞めさせるということです。
ある種、大手マスコミによる民衆扇動ですね。

国連報告者まで利用して放送法第4条を批判してきた左派系新聞社まで反対しているという日本のマスコミの不思議。この人たちの発信する情報を鵜呑みにしてはいけませんね。


ful***** 2018-04-16 10:57:21

メディアと言ってる民放局が情報は新聞や雑誌ばかり
自ら情報収集に汗をかかないで安ぽいタレントを使って批判だけでは見る気が失せる


huo***** 2018-04-16 10:43:58

早速安倍首相自ら読売渡部氏のもとに馳せ参じた事が写真入りで報道されてますね。これが安倍政権の世論操作の実態です。


cre***** 2018-04-16 11:12:01

マスコミって、バカなのかな?

こんなに「反対!」「反対!」ってやってたら逆に国民のテレビ離れ化が進んで破滅に向かうだけなのに。

いや、もう生きるか死ぬかで賭けてるのかな?

初めから偏向報道なんてせず、公平な報道をしていれば、もっと長く権利にしがみ付いていられたのにね。


d***** 2018-04-16 11:34:35

これはね、テレビなんてショボい範囲の話だけじゃないんだよ。
わが国の産業発展にもっとも必要な電波の整理の一環だよ。
電波をこのまま有効利用できないとこの国の産業は終わる。


ulx***** 2018-04-16 10:58:06

放送法4条があっても、メデアはフェイクニュース・偏向ニュースをしている。
電波は国のものであり、一部マスメディアのものではなく、ある程度の規制は必要であろうが、誰でも参入できるもの。


ざわざわ。 2018-04-16 10:26:26

屁理屈並べても、既得権益を守りたいだけ。自由競争も有りでは。


mac***** 2018-04-16 10:24:42

押売、日照れ「既得権」固守。反安倍に転換した理由。


ヒトリゴト 2018-04-16 10:12:08

あ、コレのせいで安倍批判の手のひら返しかw どうも読売も公平性を保てない新聞社らしいね。


del***** 2018-04-16 10:44:43

いまは自主規制と都合に沿った偏向報道だらけじゃねーか
はよ撤廃しろ


nan***** 2018-04-16 10:46:01

NHKは解体すべきだと思います。
戦後の成長期としてのメディアの役割がとっくに終わり、もはや国民負担による不公正な私利私欲組織となり存在価値が無くなっている。
何十年も前の時代錯誤の法律を傘に国民から強制的に搾取する悪質な仕組みの中で、国民を苦しめて自分達だけが分不相応の待遇を貪る存在です。
時代錯誤の税金泥棒組織はもはや必要無い。
国がどうしても残したいならラジオ、地上波、BSそれぞれ1つだけにしてニュース報道だけの放送局として一般会計から支出して質素に行うべきだと思います。
強制搾取は法治国家の恥です。


ウム・・・。 2018-04-16 10:46:26

有名無実の放送法4条
いまさら、撤廃などと建前論で騒ぐな
報道は隠さず勝手に色を出せ
国民は、報道ほど馬鹿ではない


gai***** 2018-04-16 10:22:52

日本には通信・放送規制の独立行政委員会がないので、 政府が政府批判を規制できる。言論統制を守ろうとする民放連は倒錯している。

それに、何が政治的に公平か決めるのは視聴者なので4条要らない。


tak***** 2018-04-16 11:01:38

読売の内閣支持率の低下はこれが原因だからねぇ。
くずマスコミ。


sen***** 2018-04-16 11:20:04

読売、日テレが安倍総理を辞めさせたいのはNNNの支持率が頼りダントツで低いことあかもわかる。


正論 2018-04-16 11:05:39

マスコミは4条撤廃の件ばかり言うが、本音は新規参入が一番嫌なんだろ?

独占なんて既得権はいつの時代も崩壊していくんだよ。読売は老害渡辺が、「安倍贔屓してやったのに何だよ裏切りやがって」って感じでここの所の安倍批判。

もうマスコミがこの国を操るのはたくさんだよ…


sus***** 2018-04-16 11:16:44

質の低下?ww 知る権利を毀損?wwちゃんちゃらおかしい。まさにどの口が言うでんな。一応民主主義国家になって長いんだから、いつまでも社会主義みたいな電波の振り分けはやめるべき。


kusai 2018-04-16 11:04:14

どこぞの死に損ないの、ナベツネが反対してるからやろ


acc***** 2018-04-16 10:32:21

ドデカイ岩盤です。
なんとか こじ開けて電波を国民の手に取り戻して、国民の知る権利を復活させたい!!!


mis***** 2018-04-16 10:28:11

このますゴミはお前も含めて既得権益の反国民的存在だよ。放送法4条て撤廃をがなっていた馬鹿自称ジャーナリストを叩き潰してやる。


helldog2500 2018-04-16 10:34:43

放送法第4条

(1)公安及び善良な風俗を害しないこと(2)政治的に公平であること(3)報道は事実をまげないですること(4)意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること――を求めている。


守るつもりもまるでないのに廃止するというと文句を言うアホマスコミ。






コメント数 ランキング












新着ログ