【ユニクロ 柳井】アプリで調剤薬局での渋滞解消? 進むか「お薬手帳」電子化

2017-09-06 12:30:05


 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井会長が、2020年の会社の売上高目標を従来より2兆円引き下げたそうだ。日経新聞の見出し(17年7月5日付)には「敵は非衣料 アマゾンも」の文字が躍っている。

 同記事の中で柳井氏は「グローバル化とデジタル化が進んだ時代。どこからどんな相手が出てくるか分からない」と語っている。クリック一つで翌日に商品が届く世界。その裏で“クロネコ”さんが悲鳴を上げていたことは承知の通り。

 インターネットやデジタル化の普及で異業種参入の垣根は従来より低くなったし、対面サービスの分野でもその波は押し寄せている。対面サービスの塊みたいな医療分野も例外ではない。タブレット端末を通じて医師が遠くの患者を診る「遠隔診療」などが典型的だ。

 薬の分野でも同様だ。厚生労働省は、紙の「お薬手帳」のほか、デジタル化した「電子お薬手帳」も認め、その普及を促進している。

 病院で処方箋を書いてもらい、調剤目的で薬局を訪れる際、「お薬手帳」をうっかり忘れてしまう人は案外多い。厚労省の「患者のための薬局ビジョン」(15年10月23日付)で紹介された調査によると、お薬手帳を「必ず持参する」人はおよそ3割余り。「大体持参する」人を合わせても「持参派」は全体の半分にとどまっている。お薬手帳で服薬情報の一元化と継続的把握を促し、無駄な服薬、残薬を減らし、医療保険財政の適正化を目指す厚労省にとっては頭の痛い問題だ。

 電子化を認めれば、お薬手帳は家族のものも含めてすべてスマートフォンや携帯電話に“おさまる”。スマホや携帯電話を忘れる人はいまや少数派だろう。お薬手帳のアプリが入ってしまえばよほどのことがない限り、「お薬手帳がない」ことが“なくなる”わけだ。電子お薬手帳は、薬局に出向く前に予め処方箋をスマホのカメラで撮影し、その写真を薬局にメール送信しておけば、ほとんど待ち時間なしに、薬を手にすることができるなどの「メリット」があるという。

 このメリットは、言ってみれば、高速道路のETCシステムと同じ理屈。ETCに切り替えれば、現金支払組の渋滞を横目にスイスイと料金所を通過できる。ETCは夜間料金の割引などもあり、今やすっかり普及したが、電子お薬手帳は、「二匹目のドジョウ」となるかどうか。

 この電子お薬手帳の分野には日本薬剤師会や日本調剤の「本業の面々」のほか、やはりというべきか異分野からの参入組がいる。IT企業系のフリービットEPARKヘルスケア(東京)のほか、ソニーやNTTドコモの大企業も参加してにぎやかだ。数多くの調剤薬局と組み、いち早く多くのシェアを握ったほうが優位なことは言うまでもない。

 フリービットEPARKヘルスケアは、家族ら最大10人まで服薬情報の管理が可能なアプリ「EPARKお薬手帳」を提供。ソニーは「harmo」、NTTドコモは「おくすり手帳Link」名でそれぞれ特長ある電子お薬手帳アプリを展開する。

 フリービットEPARKヘルスケア薬品商品企画部の赤井結喜さんは「今後まだまだ伸びる分野なので競争は激しい。大手ドラッグストア以外の個人薬局とも協力していきたい」と話す。

 厚労省は、医療保険財政の適正化を目指す医薬分業推進の一環で、病院の周りに集まるいわゆる「門前薬局」から、患者本位の服薬管理を促す「かかりつけ薬局」への転換を掲げ、薬局の在り方を変えようとしている。

 「かかりつけ薬剤師」というものが生まれれば、「かかりつけ医」と同様、薬剤師と患者との間に信頼関係が生まれ、無駄な服薬や残薬が減り、薬剤費の減少につながるという考えだ。

 「電子お薬手帳」はもちろん、「かかりつけ薬局」への転換を促す誘導策の一つ。このほか、厚労省は、ほぼ特定の医療機関の処方箋しか扱っていない「門前薬局」の診療報酬を減らす仕組みも導入している。この診療報酬改定は、少々“薬”が効きすぎたのか、大手調剤薬局チェーン「アイセイ薬局」(東京)がグループ内で処方箋を“飛ばし”、実際は調剤していない薬局が保険請求した事実が明らかになっている。

 医療、医薬分野のIT化、デジタル化に伴い、この分野への異業種参入が続いている。我が世の春を独り占めできる分野は年々少なくなっている。

コメント数 18 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

hsn***** 2017-09-06 11:29:43

携帯電話とスマホが無い人はどうするの?


◇****◇ 2017-09-06 12:31:28

従来のお薬手帳でよいかと


miu***** 2017-09-06 12:13:24

薬剤師、薬局もすごい闇だよね。すごいじいさんでプルプル震えてるような人が薬揃えてたりすると、間違えてないかなとか心配になる。
あとは、錠剤が複数あると、勝手に粉末にして一回分にまとめるのやめて欲しい。粉薬苦手な人もいるんだけど。


kao***** 2017-09-06 16:07:40

錠剤が複数→勝手に粉末にしてまとめる

そんなことする薬局は、行かないほうがいいですよ


eiv***** 2017-09-06 12:17:45

具合が悪い時に自宅でお薬手帳を探す気力もない。
そもそも処方箋を出す先生がお薬手帳を見ない。
お薬手帳のシステム自体を見直した方が良い


idu***** 2017-09-06 12:21:23

健康保険証にチップ入れて、病歴、薬歴を全て管理すればいい


◇****◇ 2017-09-06 12:32:33

そのうちマイナンバーカードで管理するのでは。


idu***** 2017-09-06 12:35:26

たぶんそうなりますよね


miu***** 2017-09-06 18:13:33

そうしてほしい。お薬手帳は廃止で


abc***** 2017-09-06 12:22:09

どこの薬局でも使用できるアプリであれば良いが、ここの系列だけとか、うちは導入してないから使えない、が多いと普及は難しい。


黄金旅程 2017-09-06 12:26:14

持病があって月1で病院通ってて
その近くの薬局で薬買ってるけど
こっちは
いつも同じ薬しかもらってないから
意図的にお薬手帳持って行ってないのに
毎回、毎回お薬手帳を入れてくれる
いい加減、面倒だから
病院から遠くても他の薬局に変えようと思ってる


ずっこけ1729 2017-09-06 12:26:34

お薬手帳の電子化なんてやめてもらいたい。確認するにはそれ専用の端末を購入し全国5万とある薬局への設置には薬局負担。ましてや紙媒体と比較して容易に端末操作ができるわけではないので時間が掛かるし、今後の構想として認証システムを使用するはずなので同意を得るところも必要となる。電子化すれば管理がうまくいくと考えるのはこれにより利益が上がるシステム開発会社や厚労省など。
薬局に行く年齢層の多くは高齢者。その高齢者がどれだけ携帯電話を保有しているかを考えれば使い物にはなりません。


JW 2017-09-06 12:32:34

結局のところ、『かかりつけ薬局』とか無意味なんだわ。

内科、耳鼻科、歯医者、どれも方向がバラバラで、手っ取り早くそれぞれの病院の近くの薬局に行く訳で……


miu***** 2017-09-06 18:13:11

門前薬局に出すのがほとんどだよね。。。


JW 2017-09-06 18:54:09

そうなんですよね〜


ありがとうオリゴ糖 2017-09-06 19:47:03

院外薬局が病院の周りあるのはなんでって、そこの近所に住んでる人だっていっぱいいるでしょうよww
別に隣の薬局で薬もらえなんて言われてもないんだし、薬局くらい選べばいいじゃんっつー話じゃん。
住宅街のど真ん中になくたって、最寄りでまとめて出してもらえばいいだけだし、ドラッグストアに併設されてるとこだってあるし。
自分も子どもたちも、何件も行くのめんどくさいし、あっちこっちの病院でかかってても一ヶ所にお願いしとけば薬の相談もしやすいし。
病院はバラバラでも近くの調剤薬局にまとめてるわ。


ssg***** 2017-09-06 15:39:19

手帳持って行かないと3割負担で3~40円高くなります。
高い加算を取ってるので手帳シールを渡すのだと思いますが、要らないのであれば不要だと申し出ればいいですよ
シールが要らなくても加算は高く取られますけど…


mituko 2017-09-06 15:52:07

本来持参されたお薬手帳を確認しなければお薬手帳のシールは渡してはいけません。
お薬手帳を普及させるために厚生省が手帳がない人には加算すると決めたわけです。お薬手帳持っていけば安いですよと宣伝して。
薬剤師はお薬手帳を見て他でどんな薬をもらっているかなど把握した上でシールを貼って返します。それが本来のあり方です。
面倒だ、少し高くても構わない、飲み合わせで副作用が出ても別に自分で責任取れる、というならお好きになさればよろしいかと。






コメント数 ランキング












新着ログ