なぜ 企業人事 社長

【JR東海 社長】社長の「長期政権」はなぜ会社にとって危険なのか

2017-08-28 06:50:01


● 意外に多い長期政権 戦略実現に必要な期間とは

 驚異的な長期政権というのが世の中にはままある。いや政治の話ではない。企業トップの在任期間の話だ。

 ジャック・ウェルチは20年間GEのCEOだった。2001年からその後を引き継いだジェフリー・イメルトも、在任16年だった。本邦では、フジテレビの日枝久氏が29年、JR東海の葛西敬之氏が社長になってから22年。読売新聞社の渡辺恒雄氏も25年もの長きにわたりグループの長として君臨した。キヤノンの御手洗冨士夫氏は1995年から2006年まで約10年社長を務め、一旦は会長に就任したものの、2012年から16年まで社長を兼ね、現在もCEOを務めている。対照的に官公庁の事務次官の任期は1~2年が普通で、4年ですら異例だ。

 社長の在任期間が短すぎる場合、長期的な視野に立って成長を見据えた経営をすることができない。たとえばほとんどの非オーナー大企業の社長の任期が4年か長くて6年であり、かなりの短期間といえる。何かをやり始めたとしても、自分の任期中には結論が出ない程度の長さでしかない。何もせず「大過なく過ごせればよい」と思う社長がいてもおかしくない。

 アメリカの大統領は再選されて、二期目の任期2年目を過ぎれば、世間の関心が次の選挙に移るため、「レームダック」、つまり「死に体」、「役立たず」状態に陥ると言われる。ひどい言われようだが、一方で二期目の2年間が、もっとも力を発揮できる時期でもある。8年の任期のうち、最初の4年間は地ならしで、5、6年目でやっと政策を実行できるというわけだ。

 『戦略不全の論理』や、『経営は十年にして成らず』(ともに東洋経済新報社)などを著した三品和広・神戸大学大学院経営学研究科教授は、まともな経営をするためには十年の大計が必要だと説いている。もちろん、一律に在任期間を長くせよという意味ではないにせよ、最低でも在任期間は10年くらいが必要ではないかと問題提起をしている。

コメント数 25 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

sop***** 2017-08-28 06:17:42

権力の腐敗の問題も含めて当然ですが、短期にすると近視眼的に
なりがちになるジレンマもあって難しい。どちらにしても、必ず
良くないことがすぐに起きるものでもないから、監視掣肘できる
仕組みがあれば良いのかと思います。


tsu***** 2017-08-28 06:27:06

東証一部上場企業で在任期間が長かったのは任天堂の故山内社長と以外と知られてないが、東武鉄道の先々代の2代目根津嘉一郎社長。
二人とも50年以上在任していたはず。

マスコミに取り上げられることの多い有名企業の社長だが、東武の2代目根津嘉一郎社長は自叙伝、肖像画等は一切ないが、社長が亡くなった際は社員は往々にして悲しんだそうです。


kum***** 2017-08-28 14:48:11

そもそもこの話にオーナー企業を持ち出すのはおかしい。サントリーなどごく僅かな例外はあるが、基本は創業者が親族ではなく結果を出した者に上手バトンを渡した企業は成長している。


mob***** 2017-08-28 06:29:15

2期 4年が ハッピーサイクル


ohe***** 2017-08-28 06:31:08

日本の会社では権力持った人間が自分から権力を手放すことはしないから結局長期政権になるよね。
周りの人もとやかく言えないし。


nag***** 2017-08-28 06:33:07

>ひとたび権力者が、所期の目的を遂げ、成長も一段落し、権力の維持や政権の継続に重点を移しはじめると、周囲のとりまきたちは暇になり、誰が一番権力者を支えるにふさわしいか、足の引っ張り合いが始まる。

 自滅する大企業の典型的なパターンですね。先の都議選で大敗して、意気消沈ぎみの安倍首相とその取り巻きどもも似たようなものです。
 人間である以上、誰しも欠点はあるし、失敗もします。権力者とその茶坊主どもが自滅しても、代わりの有能な人々がすぐに台頭して組織の再建を担うような会社が〝強い会社〟と言えるでしょうか。もっとも、一度根付いた腐敗・無責任・閉鎖的体質を改めるのは、口でいうほど容易ではなく、建て直そうとしても手遅れであるケースが少なくないのも現実です。


yok***** 2017-08-28 07:50:02

茨城県知事選で多選批判して勝った自民党が、
党則を替えてまで安倍の三選を目指すとか矛盾そのものw


goi***** 2017-08-28 06:37:00

サラリーマン社長ほど使えない奴はいない
ほとんどが保守的は経営に走り、大企業は停滞、没落していく


per***** 2017-08-28 06:42:08

老害って沢山いるよね。


アルファー 2017-08-28 06:44:17

昨今の会社では、まだまだ実力主義は程遠く出世していくには、それ相応の処世術が必要かと
処世術で出世している為、仕事はできず上に行けば行くほど能無しが多いのが上場企業でも古くからある会社に多い傾向!


mic***** 2017-08-28 08:21:03

笑。

そんなに世の中に恨みでもあるの?上場企業の上層部に、サンプルに足るだけの知り合いがいるの?すごいねー!でも、そんな人たちのことを能無しとバカにしているわけだ。

ド三流会社は知らないけど、自分の知っている範囲では、多少の例外はあれど、上に行けば行くほど、間違いなく優秀だよ。あなたは処世術と呼ぶのかもしれないけど、調整力は求められる一つの能力であって、末端の一社員に求められる能力とは全く異なる。

まぁ、出世した人たちを能無しとバカにして、俺は優秀だという思いを胸に頑張られるのが一番幸せかもしれないですね!


非表示 2017-08-28 06:48:17

叩き上げの社長ならまだ良いけど、同族経営とかだと殺意しかない


ode***** 2017-08-28 06:50:49

日本の社会は全て自己責任とか馬鹿な考え方が土台だから変化=リスクになる。
どんな無茶苦茶な上司でも、追い出して次に来る奴がもっと無茶苦茶だったら怖い、といった理由で反乱が起きてないだけの職場も結構あると思います


mas***** 2017-08-28 10:23:04

誰だったか忘れたが、なぜ会社でこうした権力争いが起こるのかについて、たった一言「ヒマなんでしょ」と言い切った人がいて、まさに真理だと思った。社業に邁進してるうちは、そんな余裕ないからね。
権力争いしてる会社は、なんだかんだ言って、稼ぐ仕組みが出来上がってて、仕事ごっこしてるだけでそこそこ回ってるってことだ。


***** 2017-08-28 10:37:10

信頼薄い、社長エゴ、ジリ貧会社です、下京区三代目後継ぎ、小工場経営者です、リストラ名人社長、労働局調べて下さい、不当労働行為で市や府の補助金支出は、してはいけません。


[××××] 2017-08-28 20:52:14

人間関係悪化の原因に近いのでは?
社長は従業員の給料よりも会社を大きくすることしか考えてない。
社長の上に議員や教授がいるからそうなるんじゃないの?


私は鴎 2017-08-28 13:24:50

オーナー社長、世襲、どうするの。簡単にかわるか


tal***** 2017-08-28 10:20:34

長期政権が一概に悪い訳ではない。
要は、その政権の座に就いた人間の資質の問題。
日本国の運営然り、中小企業の経営然り。


yos***** 2017-08-28 07:07:40

一般的に企業の寿命は20年と言われているからだろ
某新聞社のような例もあるから一概には言えないでしょ


mza... 2017-08-28 21:22:54

長期政権ということは、長期に渡り会社を倒産させずに存続させているわけで、タイトル矛盾してないかい?
替える方がリスキーでないかい?
政治家と話を混同してないかい?


tat***** 2017-08-28 08:46:49

中小企業のオーナー社長になると、ただの独裁政権ですww
金・人事・社員が、全て私物になるからw
経験者なら分かると思うが、笑えない現実がそこにあります。


********* 2017-08-28 09:44:13

運良く、(あこぎなこともして)、ある程度儲かると名誉を求めたりする人もいますが、その姿が猿芝居のように見えるのがある。


********* 2017-08-28 13:38:25

もちろん不断の努力を続けて高い技術を持った中小企業もあって、そのような会社で日本がもってるのだろう。
先進国の中で不透明でおかしな環境の不動産なんかにワンマンでおかしいのがいる。


exi***** 2017-08-28 09:31:10

会社︎
企業だろ


かかし 2017-08-28 06:51:09

権力を握ると、制御装置が効くか効かないかで腐敗の進行度が変わる。トップの宿命で職務執行に伴い、目標の実現に向けて全力で取り組むため、目的を見失う危険がある。生身の人間だから権利者を一人にしてはならない。






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ