山口県 広島県 池上彰

【池上彰の戦争を考えるsp第9弾 ~"特攻"とは何だったのか?~】池上彰の戦争を考えるSP第9弾、テーマは「特攻」 美化する風潮に警鐘

2017-08-13 08:00:02


 2010年からテレビ東京系で放送されているジャーナリスト・池上彰氏による『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が、きょう13日(後7:54~9:54)に放送される。今回は太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。【写真】スタジオ出演者が整列 「特攻」とは、「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表すとおり、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃だ。今回のテーマとした思いを池上氏は次のように語る。

 「私たち日本人にとって、8月というとやはり戦争の事を考えざるを得ない季節ですよね。そして戦争を知る人がどんどん少なくなってくると、何かこう、戦争を美化する、そういう動きがあるんですね。ところが、今、特攻隊の生き残りの人たちが次々に声を上げています。そして『特攻隊は決して美化できるようなものではない』と、おっしゃっているんですね。戦争を美化するような動きに対して、『いやいや、本当の戦争を知ってほしい』と、多くの人が今、思うようになったのではないかと思うんです。そういう人たちの話を今こそ聞く必要があるのかな、そういう意識を持ってこの番組を作りました」。

 池上氏は、女優の宮崎美子とともに特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧市を訪問。そこで特攻隊員たちが残した数々の遺書に触れ、特攻隊員の残したメッセージを読み解いていく。さらに、元特攻隊員のインタビューも敢行。兵士たちは志願して特攻隊になったのか? 91歳の元特攻隊員は「志願じゃない。純然たる命令だった」と証言する。特攻を命じられた時、兵士たちは何を考えたのか? すでに高齢になった元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」、そんな思いで語った真実に迫る。

 そもそも、特攻はいつ、どのようにして生まれたのか? 戦争末期、10ヶ月にわたって行われた特攻。実は太平洋戦争前から考えられていた戦法だったという。歴史の流れの中で特攻作戦を本格化させ「特攻の生みの親」とも言われたのが大西瀧治郎中将。ゼロ戦だけではない、特攻に使われた数々の兵器も紹介しながら、特攻の歴史を、特製年表を使って解説する。

 今回、池上氏と宮崎は、広島県呉市の大和ミュージアムにも立ち寄っている。日本の最高技術を結集し建造された戦艦大和。山口県徳山沖から出航し沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈したが、この最後となった出撃は実は「海上特攻」だったという。一体どんな作戦だったのか? その最後はどのようなものだったのか? 元乗組員の貴重な証言と共にひも解いていく。

 アシスタントは相内優香アナウンサー、ゲストとして八千草薫、峰竜太、パックン、小島瑠璃子も出演する。

コメント数 268 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

ohi***** 2017-08-13 07:07:57

平和ボケしてる日本人が見る番組ですね


きごう 2017-08-13 07:10:16

戦争はあかんが 侵略を許すのはもっと駄目!


mom***** 2017-08-13 07:22:38

戦争は絶対にだめ。
人の命は、数人死んだら大ニュースになるけど数万人死んだら、数万という数だけがニュースになる。
人の命は数じゃない。
戦争は絶対にだめだという思想そのものがなくなってきていることが怖い時代だ。
私の祖父は生前、中国に出征した時の話をしたことが一度だけある。刀で中国の人を切ったようだ。詳しくは語らなかった。切った側は語らない。そして普通の人が普通に殺し合うのが戦争。殺せば殺すほど賞賛されるのが戦争。
戦争を賛成してる人は、自分も家族も巻き込まれない、と錯覚してるに違いない。不条理にもみんな巻き込まれるんだ。


ten***** 2017-08-13 07:10:43

*このコメントは削除されました。


aim***** 2017-08-13 07:11:36

*このコメントは削除されました。


紗立花 2017-08-13 07:12:42

領土的野心の強い中国の方を取り上げなきゃ

誰も望んで戦争にはいかないよ。


fuj***** 2017-08-13 08:04:26

当事領土てき野心があったのは日本だよ。
驚いた。こんなことすら知らなくなってきてるんだね。


ウゴ・チャベツ 2017-08-13 07:13:28

戦争で誰が得をし誰が泣きを見るのかよく考えてここでコメントすべきだろう。


あなたに小さな子供がいたとして、もし貴方が死んで子供たちだけが残ったら誰がその子供を育てるのかよく考える事だ。
WW2 の際に戦争孤児は12万人もいた。

盗みと喧嘩で毎日を凌いでいた子供たちが12万人だ。
よく考えることだ!


kkk***** 2017-08-13 07:15:07

特攻に言ってくれた英雄は讃えなければならない!


中国人はアジアの悪玉細菌 2017-08-13 07:15:15

鹿児島の特攻記念館にいきました
パイロットの皆さんは笑って出撃したと写真がありましたが
あれは無理矢理に笑わされたと
僕は思いました
誰も死にたくないよ


t_r****** 2017-08-13 09:53:37

部下に「お国のためにしね」と命令して、自分は戦後数十年生きたという上官がいる。


みなタン 2017-08-13 10:04:40

遺書と言っても上官や憲兵の検閲があるのが前提で書かれた文章だからね。本音が書ける訳がない。
但し、検閲網をかいくぐって家族に渡された遺書もごく少数あるけど。


wat***** 2017-08-13 07:17:58

どっちであれ感謝しかありません。


wat***** 2017-08-13 14:57:54

akiさん

断言する所はアレですね。


aki***** 2017-08-14 01:57:27

今の日本で戦争が起きて、特攻を政府が指示したらこの国は最低の国だと思うね。
特攻に何の意味があるのか俺にはまったく理解できない。
自分の命より国のほうが大事と思うことは俺にはないな。
自分や家族が死ぬことによって国が守られても俺にはまったく意味がない。
自分たちが生きてこそ国には意味があると思ってる。


wat***** 2017-08-14 09:13:30

akiさん

長文ありがとうございます。
隊員は、ただ家族の為に出て行ったのだと思います。
命令した人も苦しんだと思いますが今は知る由もありません。

私は死んだ隊員に感謝しているだけです。
今後は歴史に学ぶしかありません。


mtr***** 2017-08-13 11:46:16

映画で美化されてるなと思ったことはあります
戦争を知らない世代の自分にも子供ができ、子供にはそんな体験はさせたくないし繰り返してはいけないと思います
特攻というより戦争自体の恐ろしさ悲惨さを伝える事が大事なのかなと思います
自決、バンザイ、特攻。全てが特攻であったのだと思いますし、それだけ命を軽視した時代背景があったのだと思います
現実的に戦争になりかねないことを繰り返す国もあります
八月のこの機会にもう1度日本は国としても国民全体としても国防というものを考えていかなくてはいけないと思います


abf***** 2017-08-13 09:58:06

里中満智子さんの
積乱雲って作品を読んで初めて特攻隊員の心情を考えるようになった。
向田邦子さんのドラマ蛍の宿に出演した椎名桔平と荻野目慶子のドラマ内の役も良かった。

戦争を知らない私はそれをテーマで扱った作品を通して考えることが出来る。
どちらの作品も決して美化していない。
だから戦争について考えることが出来た。


tds***** 2017-08-13 13:27:13

歴史そのものと同じで特攻にも光と闇がある。今の我々が評価すると特にその後の平和な日本を前提として結果論に陥りがちになってしまうね。(´ω`)


sjc***** 2017-08-13 11:42:30

戦争や特攻は美化されることではないし、美化してはいけないと思います。

全ての日本人が、それを美化している訳ではありませんが。

子供の頃に広島に住んでいたし、仕事で鹿屋や沖縄に行ったことがあって、戦争体験談も聞いたことがあります。
今は亡き祖母からも、戦争体験談を聞きました。

生々しい体験談や数々の資料に耳を塞ぎたくなっても目を逸らしたくなっても、戦争を知らずに産まれてきた私達は、今の平和が数多の犠牲の上に成り立たっていることを知るべきです。

戦争や特攻を美化する人には是非、知覧や鹿屋広島や長崎や沖縄に行って話を聞いて見て欲しい


win***** 2017-08-13 14:45:35

知覧特効平和記念館もみてほしい。遺書を見ると、とても十代の子供たちが書いたとは思えない達筆でしっかりとした内容に涙する。今の若者も、私達バブル時代に青春時代を過ごした時に比べたら、長引く不況でしっかりしていると思うが、そんなレベルじゃなかった。この若者たちが、今の日本を見てどう思うだろう?


2017 2017-08-13 17:44:50

遺書は検閲を受けています。
本心ではありません。


win***** 2017-08-13 19:38:36

本心でなくても、愛する人のために死ななければなんて悔しさも想像つかない。今のモンスターペアレントな親たちに爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。当時は、いくら兄弟でも、異性と歩くことがいけないことだとされていたらしい。


mik***** 2017-08-13 07:39:44

戦争について、色々と考えさせられることは、あります。

ただ、池上彰の個人的な意見の押し売りは、ごめんです。

個人で、考える内容の番組であってほしいです。

終戦記念日にあたって、亡くなられた方には、ただ、頭を下げるだけです。


tih***** 2017-08-13 08:23:46

戦後GHQの指令により、占領軍に都合の悪い書籍が当時の東大教授等の知識人等により、七千冊の書籍が指定され焚書発禁になって葬られた


aa***** 2017-08-13 08:57:32

池上彰に否定的な人は、見なければいいのではないかな?個人の自由だよ。


apa***** 2017-08-14 19:26:57

辱めてるやからがはるかに多いと思うが。


( ´・ω・`)ノたっちゃん 2017-08-13 13:30:43

今夜放送あるんだ。



「私は、国民が戦争遂行するにあたって、政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、私自身をあなたの代表する諸国の裁決にゆだねるためお訪ねした」


昭和天皇がGHQマッカーサーの元を訪れたときに伝えたお言葉です。陛下は当初から日米戦争に極めて強く反対されていました。番組では、なぜ大東亜戦争に敗戦したのかということと同時に、天皇陛下の御心に反して戦争へと進んでしまった軍部の判断にあった本当の意味をしっかり伝えてほしいですね。あ、無理だね。戦後72年も経ってるのに、あの戦争に対しての総括を日本政府自身がしてないんだもんね。


2017 2017-08-13 18:02:20

最初の特攻の報告を受けたとき、
天皇は、
「よくやった」
と言いました。
それで、
天皇に喜んで貰おうと思って、
続々と死んだのです。

アッツ島で玉砕した時も、
天皇は、
「よくやった」
と言いました。
それで、
天皇を喜ばせるために、
続々と玉砕しました。

天皇を神と崇める国家神道。

教育勅語で、神である天皇の為に死ぬように洗脳されていた当時の日本人は、
今のモスリムと同じでした。

宗教は、恐いです。


yut***** 2017-08-14 01:08:39

日本政府は総括される側。総括するのは、当時の国民。戦死者の遺族や空襲で家族を失った者達に裁いてもらうべきだった。


fin***** 2017-08-13 07:49:25

被弾して基地まで戻れないから突入自爆、はどこの国でもありました。
我が国が採用した特攻は、志願の建前で強制を強いたこと
連合国の必死の対策で効果が薄くなっても、官僚主義のせいで続けた事です。

曖昧に戦争の反省といいますが、どの点を反省したのでしょうか。
上記の問題はまだ日本社会に蔓延ってる気はします。
皆さんのご冥福をお祈りします。


yut***** 2017-08-13 08:19:06

そう、反省してない。
東京裁判は外国が日本の指導者を裁いた総括であり、日本の誇りを取り戻すには、戦災者や戦死者の遺族ら日本人自ら裁く必要があった。
それでもA級戦犯はその責任を取らされただろうが、その後、彼らが死に追いやった英霊であふれる靖国に祀られ、永遠に涅槃で責められ続けることにはならなかっただろう。


e8***** 2017-08-13 07:19:45

「命令か志願か」だけでなく「特攻」に至った各人の思いは一口で語れるようなものではないだろうと思う


bqt***** 2017-08-13 07:47:49

本当に勝機があると思ってた純粋なバカか
自分が犬死にしないと家族が非国民呼ばわりされて
まともに生きていけなくなるから
自分が犠牲になろうと思ってたかのどっちかでしょ。

当時の日本なんて今のイスラム国と変わらないんだから
話としてはごく単純だと思うけど。


aa***** 2017-08-13 09:04:36

若い人たちに特攻させてしまうほど、お馬鹿な戦争だったって言うだけ。


mas***** 2017-08-13 17:07:29

旧日本軍の人命軽視は明らかで、恥ずべき体制でした。

が、だからと言って散っていった兵士を貶すとは情けない。


GOMA 2017-08-13 07:35:38

神風特別攻撃隊を指示した軍の首脳部には怒りしかないです。
しかし特攻隊員の方々にはかわいそうや気の毒にでは無く敬意と感謝の気持ちを持ち続けたいです。


おなか 2017-08-13 07:54:13

特攻も戦争も美化なんてしてないだろう
侵略戦争じゃなく戦争するには理由があったと言えるようになっただけです。
特攻も英霊となられた方達の思いが美しいとしているだけで、作戦そのものは間違いだって殆どの人が言ってます。
半強制で行かされた人がいる事は確かだけど、初めの方は志願者が多かったし、家庭の事情でお前は行くなって言われてた人も行った。
最後の方はヤケクソだったみたいだけど、燃料半分とかデマ流すのは特攻隊への侮辱です。
あの時代の命の重みとか国家への気持ちとか今の我々には計り知れない
ただ右翼も左翼も8月15日の靖国で騒いだりせずに静かに参拝しましょう


jap***** 2017-08-13 09:20:38

元々武士道の思想から来てるんだよね。刺し違えてでもという考えは、個人的には正解としても民間人も巻き込むから、この考えはあてはまらないのかな。


2017 2017-08-13 18:04:59

武士は特攻なんてやりません。
武士は日本人のほんの5%ぐらいです。
特攻したのは平民てす。


おなか 2017-08-13 19:22:28

特攻隊みたいに名前は残らないけど、かき集められた農民以外でも名前だけの下っ端武士は特攻してたでしょ
降り注ぐ弓矢をかいくぐったり城壁登るときに熱湯かけられたり槍で突かれたり
戦意奪うために肥溜めのウンチ掛けられるとか誰が考えたんだよ。


nug***** 2017-08-13 10:12:13

やるなら、チャーチルに仕掛けられた戦争それに嵌まった日本国民!あのアドルフも実は型に填められていた?って番組作ってみたら?


kin***** 2017-08-13 07:48:48

池上彰もマスコミの人間。なぜそうすべきとなったかを深く考えると、その当時も現在も国民をあおり世論をゆがめてきたことに対して反省すべきでは。


dwr***** 2017-08-13 11:43:28

朝日新聞が一番悪いから


mmm 2017-08-13 07:53:09

日本人の精神構造に由来していることだからね。善くも悪くも。「そんたく」とか「官僚機構」とか同期が事務次官になると他の同期は天下りで退官とか。合理的判断より精神性が優先されるよね。戦争なんて合理的判断そのものが勝敗を決するのに、神風が吹くとか一億玉砕とか、特に敗け戦の撤退戦に失敗しているでしょ。結果、民間人が大犠牲。敗けを認めて、ダメージコントロールする思考が当事あったのだろうか。


jap***** 2017-08-13 09:26:57

それはなかったでしょう。敗けを認めれば殺されるのだから


tom***** 2017-08-13 21:23:59

美化なんか聞いたことないね。


iku***** 2017-08-13 09:08:13

生き残り・・・

本当にすごいやつ
立派なやつは
みんな先にいってしまった・・・

と生き残った人はこのように語ることが多い


yut***** 2017-08-14 00:37:47

ジイサンは元職業軍人でインドネシアから復員。当時のことを滅多に話さなかったのに、死ぬ三年ぐらい前に突然、靖国へ連れて行け、と。境内で車椅子を押してたら「ここは死んだ兵卒の来るところ。本来生き残った士官は靖国には来れない」と。


zer***** 2017-08-13 21:15:40

番組見てますが、マリアナ沖で空母9隻は沈められてないですよね。正しく伝えて欲しいです。


tuk***** 2017-08-13 08:31:47

特攻で亡くなった人には悲痛と無念を抱いていた人もいれば、自分の家族や国を救う一助になればという気持ちで肯定的に捉えていた人もいただろう。しかし軍事作戦としては明らかに単なる破れかぶれで戦略戦術の体をなさないものであり、切り離して考えなければならない。


no1***** 2017-08-13 08:53:05

特攻戦術を取らなかった芙蓉部隊の話とかやらないかな。


rise 2017-08-13 22:38:49

番組を観た。敗戦がわかりながら、その後の交渉を有利に勧めたいがために、特攻隊に若い優秀な人達を次々に送りこんでた日本の軍部
そして、唯一、戦争を止める実権を持つ天皇の判断の誤り。
天皇が、当時の総理大臣の進言を受けて、3月に戦争を終結させていれば、広島、長崎の原爆、そして、多くの若く優秀な特攻隊員が助かっていたのに。
この番組を観て、当たり前に思っていた日本の天皇制、皇族について疑問を持った。これだけの大きな過ちを冒した天皇家を多額な税金を使って守っていく必要性があるのか?


LOKI1 2017-08-14 03:06:56

問題は天皇の判断が遅かったというよりも天皇自身が十分な判断材料を与えられていなかったことだと思います
天皇制のような世襲の制度にはそうした根本的な欠陥があると考えます
結局最高権力者の世襲は必ずしも統治の能力を備えないものの権力嘗渥を生みうる
それに備えるため強力な補佐を行う組織を必要とする
それが結局は無責任体制を生む
決断できない組織を生む


cur***** 2017-08-14 08:56:43

我々はつい、当時の出来事を記録に残した人々が、その膨大な記録を編纂した『歴史』を、現代の視点から判断してしまう。

例えれば、あらかじめ正解が解っている入試試験に答案を書き込んでいるようなものだ。
つまりはカンニングなのだ。

現に進行している事態の最適解を求める事が如何に難しい事か。
現代で言えば、北朝鮮のミサイル問題にどう対処するのが正解なのか問われているようなものなのだ。


tsu***** 2017-08-13 21:26:55

やりたくはないけど誰かがやらなきゃみんなダメになる。そういう事の究極が特攻なんだと思う。


gp****** 2017-08-13 13:03:52

僕には美化とかいう言葉を使うこと自体に違和感がある。
美化という言葉を使う人の心の中はきっと特攻を否定する気持ちの表れなんではないのでしょうか。
事実だけを伝えることが大事なのです。
どう思うかは作り手側の意図と視聴者の責任です。
本土への爆撃が一日でも先に、本土の子供たちができる限り疎開先で無事であることを願い、旅立っていかれたのです。
特攻で尊い命を捨てられた方々のおかげで日本は国体を保つことができたのです。何も美化ではありません。そうするしかなかった当時の状況で出来る事をして頂いたのです。
今の時代の人が、馬鹿な事だとか言うのは話が違うだろうし、我々は感謝して特攻された方々を弔うことが大事なのではないでしょうか。


Qohen 2017-08-13 12:12:25

色んな形で美化する事はよくある、だが実際に戦いとなると 美化とは別の話と考える人が殆んどだろう。警告するほどの悪い思い込みは 池上さんの方でしょう


rea***** 2017-08-13 12:12:28

もし日本が日清日露、太平洋戦争をすべて放棄していたら。
今の日本はどうなっていたでしょうか。
考えて見てください。


英彦山 2017-08-13 10:21:13

美化するのもどうかて思うが・・・

今までの風潮は、必要以上に日本や旧日本軍を悪いものと決めつけてはいなかったですか?

だから、真正面からの意見も美化したものに感じてしまうのでは?

まずは、中立的なスタンスで歴史を検証することから始めましょう。


mas***** 2017-08-13 08:31:36

私は57歳です
2年前に92歳で亡くなった父は陸軍航空隊でした
その父から戦争当時の話を聞いたことがあります
毎早朝、全員を横一列に並ばされ、上官が何の理由もなく顔を殴られたそうです
その理不尽な行為に対する怒り憎しみを敵に向けさせられたそうです
戦争末期、仲間が特攻隊で出撃する際の話で、自分達は、家族や親兄弟姉妹の為に戦った
決して、天皇陛下の為になど戦っていない
更に、軍部上層部の者達への恨み節を口にしていました
父は大東亜戦争を特攻隊を決して美化などしていませんでした
むしろ、戦うことの無意味さ理不尽さ矛盾を指摘し、戦死した仲間を悲しみ、怒りで声を振るわせ涙声で話してくれました
これが、あの戦争で戦った一般兵士の本音で事実でしょう
戦争で亡くなった人達は美化して欲しいなど望んでいません
戦争を指導した者達をあの当時の無謀な侵略を後世の者達は決して認めて美化してはならないのです


jap***** 2017-08-13 09:25:13

戦争はいけないがあのまま戦わなくてもひどい内容で占領はせれていたみたいですよ。問題は西洋列強の謀略もあったということをわかってほしいです。または、うまくそういう風に仕向けられた面もあるのだから。


kok***** 2017-08-13 15:28:13

出演の小島瑠璃子が知覧に行ってほしかった


mjt***** 2017-08-13 10:40:05

特攻を、美化してる人有り得ない、戦争は、亡くなった人も可哀想だか、後に残された、奥さんや子供は、働き手がなくなって悲惨な生活が待っている!


fub***** 2017-08-13 07:48:38

作戦とは戦闘員(兵士)の損耗をいかに最小化し敵の損耗を最大化させるかを考えて立案・実行するものであり、死ぬ事を前提にした特攻は作戦でも何でもないから無能な軍の指導者は批判されるべきであり、未だに国家として忌避している大東亜戦争について確りと総括しなければならない。

その一方で特攻に身を捧げて下さった先輩方の姿は素直に尊敬と感謝の気持ちがわいてくる。

作戦の立案者と現場で命を捧げた方を切り分けて考えて貰いたい。


sfc***** 2017-08-13 12:00:08

ほとんどの人は美化などしていないと思いますが。美化ということと感謝の誠を捧げることとは違うんじゃないですか?
戦術としては、やってはいけないものであることは、ほとんどの人の共通認識だろう。
ただ、彼らが身を呈して日本を守ろうとしてくれたことに対して感謝すると共に「あの世から今の日本を見て、どう思っておられるだろうか」と考えざるを得ない。
彼らは、安全保障に関する国会の議論(碌に議論さえしていないが)やマスコミの論調を見て、どう思っておられるだろうか?


kun***** 2017-08-13 07:47:45

宮崎美子さんは、保守界の重鎮の故渡部昇一氏を尊敬していると聞いてるので、極左洗脳屋の池上彰とどういう話になったかみてみたい、台本があって聞き役のみであったり、発言がカットされてるんだろうね。


jap***** 2017-08-13 09:28:17

さくらいよしこさんの言い分がイチバンスジガ通ってるし正しいと思います。


soj***** 2017-08-13 09:17:52

戦争なんてかっこよくはないよ。


kkk***** 2017-08-13 09:13:49

池上彰、最初はそうだったのかと、納得して話を聞いていたけど、最近は、偏った持論を展開するようになり胡散臭く感じる。
中立的な立場で物事を捉えず、押し付けがましく感じる。


YK 2017-08-13 08:25:46

この時代、国の命令には逆らえない、逆らい方がわからなかったんだね、
教育が大事ですね。


○×△***** 2017-08-13 08:56:28

その大事な教育を司っている文部科学省は、いまは誰かさんに私物化されております。


komatsu pc200-8 2017-08-13 12:31:30

国の方針に逆らったりすると、直ぐに国賊、投獄、拷問が待ち受けていた!・・隣組密告制度、共謀罪・憲兵,官憲が 常に国民を監視して・・これが軍事態勢 社会・・


mar***** 2017-08-14 20:13:49

終戦
マッカーサーと昭和天皇のツーショット写真が散った若者たちの全ての願いを叶えたと思う。
こんな悲惨な戦争は二度としないと心に誓った瞬間である。


kyu***** 2017-08-13 10:30:18

特攻だけにとどまらない。 実際に体験している人が居なくなれば戦争其の物についてもそうだろう。まぁ、また痛い目に会わなきゃ分からんのだろうよ。


Ppp 2017-08-13 14:30:47

特攻で亡くなられた方々がおられるから、今の我々が暮らせているという事は報じないのですか?勘違いはやめて頂きたい。


2017 2017-08-13 17:45:58

特攻で無駄に頑張ったから、
空襲されて原爆落とされて、
酷い目に遭ったんだよ。


nmk***** 2017-08-14 06:07:17

特攻が頑張ったからじゃなくて、アメリカは、原爆実験がしたかっただけでは?


mak***** 2017-08-13 10:53:13

*このコメントは削除されました。


moonrose 2017-08-13 11:26:21

別に美化なんてしてないと思うけど。
海外の評価を見れば分かると思うよ。
今や武器は遠隔操作できるので特攻は無い。


ste***** 2017-08-14 07:48:44

あの死が必要だったのか?
無くてもよかったのではないか。
防げたのではないか。
大西中将は腹を切った。
あれだけの若者に決死の企画を発案して命令した責任の取り方がたった一人の腹切だとしたら、史上最も軽いものだろう。
おめおめと生きながらえて裁判を受けるべきだった。


頑張れ!日本!! 2017-08-13 08:52:19

自爆攻撃だからね。
よくこんな残酷な作戦考えたよな。
恐ろしい。
本土空襲が激しさを増した時点で、負けることは分かっていただろうに。


******** 2017-08-13 21:23:29

美化するつもりなど毛頭ない。歴史は繰り返す。命を賭けてもやらなきゃいけない時がある。


hid***** 2017-08-13 09:47:31

番組見るまで、池上氏の言葉がわかりませんが。
「美化しよう」というのは違う。
「戦争」・「死」を画面で見るモノ、現実にないモノとして、自分にも起こると考えていないのではないでしょうか。


ple***** 2017-08-14 03:05:59

特攻も書けない悲惨な事実があるし、私も数年前に気がついたし番組見てて言われてみてそうなんだとね。末期になると特攻機にベニヤ製の飛行機とか練習機の通称赤トンボの複葉機まで使おうしたらしい。結局誰も彼も過去も未来も戦争では死にたくないし、家族と平和に暮らしたいだけなのにね、しかし今はたった一握りの権力者の命令でミサイルで始まったり逆に子供等が銃を持ち戦う局地戦だらけだ。今この時も戦いは有るんだと忘れてはならない。


ulu***** 2017-08-13 10:37:15

戦争は多くの人間を異常な心理にしなければできないだろうが、そうでもない人間もいる。
 ナチスの幹部はワーグナーの音楽を聴きながら、残虐行為を繰り返していたという。
 残虐な行為と人間性はどうか。戦後、アイヒマンというユダヤ人の虐殺に加わった男の裁判を傍聴した、女性哲学者のハンナ・アーレントは
アイヒマンが「上司の命令だったから、仕方がなった」と責任感を感じさせない、言い切った言葉に驚愕の感想を述べている。
 何らかの優れた才能があるわけではなく、ごく普通の男が惨たらしい行為にも何ら疑問を感じずに、実行するという人間の恐ろしさがあることも明言している。
 戦争は正義と正義の戦いである。そうでもしなければ誰も命を国家に捧げるはずもない。戦争を美化するまでとは言えないが、国家は国民に大きな大義を掲げる必要は確実にある。


dx1***** 2017-08-13 08:32:45

北朝鮮とアメリカの緊張についての解説が聞きたい。


ham***** 2017-08-13 09:13:14

最近の報道で気になるのは戦争になったことで多くの国民が死んだ被害者目線が多いと思います。
何故戦争を時の内閣が決断したのか?
何故多くの国民が戦争を支持したのか?
何故マスコミも戦争支持したのか?
これらの検証をして教育しないと。
一部のA級戦犯に全ての責任を押し付け、国民は被害者であるという報道はどうかと思います。
戦争で死んだ軍人は英霊となり靖国神社祀られるという狂信的思想で今も一部支持されている事は危険だと思います。
慰霊のための施設は必要だと思いますが、それは神社等宗教とは関係ない施設作りA級戦犯は合祀することはあってはならないことだと思います。


***** 2017-08-13 09:59:29

何故戦争を時の内閣が決断したのか?
一言でざっくり言うと軍部の暴走を止めることが出来なかった。

何故多くの国民が戦争を支持したのか?
政府や特にマスコミに踊らされていたから。
民主主義じゃないんだからそもそも民意など存在しない。
治安維持法で言論の自由がない。
不支持なんて声高に言えない。


何故マスコミも戦争支持したのか?
マスコミはいつの時代もクズだから、というのもあるし軍国主義だったんだからマスコミなんて政府のいいなり。報道の自由なんてない。


ham***** 2017-08-13 10:07:31

戦争突入前は治安維持法はなかったし、それなりの自由ありましたよ。
メディアも戦争反対と書くところもあったけど、不買運動が広がって戦争支持に傾いた。
最近の風潮としてメディアがゴミなんて単語を使って揶揄する風潮が多いけどメディアがなければ知るうことができないのが現実なのでゴミという表現は人として間違っていると思いますよね


sad***** 2017-08-14 08:37:45

日中戦争を始めたのはいろいろ画策した軍人が居ただろうけど、国内的には実態は戦争を起こして需要を作り、政府の軍事支出を拡大させて、それによって民間経済が潤うという戦争景気を望む社会があったこと。今で言う公共投資の拡大だな。
当時のマスコミは戦争を煽って好戦的な記事を書くと新聞が良く売れたんだよ。最初は政府方針にそって、戦火の拡大を批判する記事を書いていたが次第にもうけ主義から戦争を煽る紙面作りになっていったんだよ。
例えば大阪朝日新聞は政党と財閥の癒着を批判する編集方針で鈴木商店叩きで、米の買い占めで大儲けしていると、ウソの記事を書いて煽り、米騒動まで引き起こしたが(三井物産が実際はやっていたと言われている「城山三郎の鼠」)軍縮反対の編集方針への批判が出て不買運動などが出てくると、編集方針は政府べったりとなって批判をかわそうとするようになる。
今も昔もマスコミは変わらない。


kou***** 2017-08-13 10:56:23

美化してるのは現政権とその取り巻きの連中だけでは?


jap***** 2017-08-13 07:26:10

以前はカッコいいと思っていたが今はでたらめ作戦だと思う。ひどい作戦だ。大西たきじろう、特効の産みの親、こんな作戦でなくても他にも方法はあったように思う。爆弾をかかえて、戦車の下に入る訓練等、正気の沙汰とは言えない。よくもこんな方法を考えつくもんだと


k***** 2017-08-13 13:43:53

美化って言うけど、当時の人の特攻に行った人の気持ちを考えてみたり今の日本の現状を見てみれば今の日本の基礎を作った人たちな訳だから、美化すべきでしょうよ。賞賛すべきでしょうよ。ただし、作戦を企図して命令を下して特攻にいかせた人の罪は例えどんな死に方をしたとしても美化されていいものではない。許されるべきものでもない。


pkt***** 2017-08-13 07:18:02

当時の日本は日中戦争をしながら太平洋戦争をしてた。兵力と資金は分散して、金が足りてなかった。だから特攻もしたんだと伺える。
この戦争を起こしたのは世界恐慌の影響もあるんだろうけど、軍国主義っていう時代がそうしたんだと思う。


ppf***** 2017-08-13 23:00:29

志願か命令か、白か黒かではないと思う。
自ら進んで特攻に行った方や、いやいやの人も居ただろう。確実なのはその方々のおかげで今の日本があるということだ。


インテリ源ちゃん 2017-08-13 10:46:43

当時は英雄だった。その勇気は語り継がれるべき。最近、池上を信用できなくなった。反日発言が多い。


ぴっぴろさん 2017-08-13 09:14:40

同じく特攻隊生き残りの方は、志願であったと、昨年の虎ノ門ニューススペシャルで正反対の事をおっしゃっていたぞ。

放送法の趣旨に則り、両論をやってほしい。
池上じゃ無理か…


gla***** 2017-08-13 09:38:06

*このコメントは削除されました。


ししとう辛い 2017-08-13 09:29:57

サイパン陥落のときに、もはや戦局の挽回なんぞ不可能になった。そのあとも延々と戦争を続けるために行ったのが特攻。愚かとしかいいようがない。あのときに講和していれば、空襲の被害も、満州での悲劇も無かった。すべては国体のために犠牲になったのだ。






コメント数 ランキング


新着ログ