規制改革会議 規制緩和 岩盤規制

【加計学園 獣医学部 問題】日本の「規制緩和」が遅々として進まない事情

2017-06-01 06:30:03


■「規制改革推進会議」への失望感と違和感

 アベノミクスが掲げる3本の矢のうち、最も期待されながらも「道半ば」と批判され続けてきたのが「第3の矢=投資を喚起する成長戦略」だ。安倍晋三首相も、常々「規制改革が一丁目一番地だ」と言い続けてきた。

 その規制改革の方向性や内容を協議する組織が「規制改革推進会議」である。前身の「規制改革会議」を踏襲する形で設立された諮問会議。同推進会議が検討してきた「答申」が、この5月23日に安倍首相に提出された。

 提出された答申の内容については新聞等で細かく報道されたため詳細は省くが、「規制改革 新味乏しく」(日経新聞)あるいは「規制緩和 踏み込み不足『混合介護』見送り」(朝日新聞)といった具合に、メディアでの評価はあまり芳しくなかった。実際に「労働基準監督署の業務の民間開放」や「行政手続きコストの2割削減」など、一部で目新しいものもあるが、次のような項目で具体策が先送りになるなど、中途半端なものが多かった。

 ・保険外サービスなど「混合介護」の本格解禁

 ・勤務地や仕事内容を限定して働く「限定正社員」の雇用ルールの明確化

 ・自家用車でのライドシェア(相乗り)の解禁

 ・不動産登記情報のネットでの無料公開

 規制緩和がどんどん進んでいく海外諸国に比べて、日本の規制緩和は遅々として進まない。金融業界に限っていえば、規制の大半を撤廃した香港やシンガポールが、かつて3大金融市場といわれた東京市場を凌駕する「国際金融センター」に成長してしまった。


日本の規制緩和について考える

 アベノミクスをスタートさせるにあたって、安倍首相自身も「岩盤規制にメスを入れる」「聖域なき規制緩和を行う」と宣言してきた。しかし、森友学園や加計学園といったスキャンダルを見ると、安倍首相がやったのは岩盤規制を放置して、お友達の「倫理なきビジネス」の手助けをしたようにしか思えない。

 自民党政権は、長期にわたって規制緩和を掛け声に選挙を有利に戦ってきた。しかし、その実態は諸外国に比べて遅々として進んでいない現実もある。今回の規制改革推進会議の答申を機に、日本の規制緩和について考えてみたい。

■規制は本来「政治家」と「官僚」の利権だった? 

 もともと今回の規制改革推進会議は、首相官邸が主導してきた一連の「規制改革会議」がベースにある。自民党政権時代、民主党政権時代ともに、同様の会議が、名称などを次々に変えながら延々と続けられてきたものだ。

 システムとしては、首相の諮問会議という形式にして、どんな規制緩和が適切かを審議して首相に答申する仕組みになっている。最も有名なのが森喜朗内閣、小泉純一郎政権時代に設置された「総合規制改革会議」(2001年4月1日~2004年3月31日)で、オリックスのCEOだった宮内義彦議長が、「製造業における労働者派遣事業の解禁」と「郵政民営化」などを答申した。

 正規社員を激減させて、パートやアルバイトばかりを増やすことになった労働者派遣事業の解禁も、もともとは規制緩和の一環だったわけだ。結果的に、国民を苦しめる規制緩和になったと言っても過言ではないだろう。

 また、郵政民営化の議論では3年間の議事録が作成されておらず、会議でどんな議論がなされたのか詳細が不明で、議長の説明責任が問われたものの、2004年3月に閣議決定されて推進された。周知のように、郵政民営化は国会を解散して国民に信を問うた。小泉政権は大勝し、その流れで第1次安倍内閣も誕生した。

 その後も、「規制改革・民間開放推進会議」(第2次、第3次小泉内閣)、「規制改革会議」(第1次安倍内閣、福田康夫内閣、麻生太郎内閣、鳩山由紀夫内閣)と続き、第2次安倍政権時代にも「規制改革会議」の名で引き継がれた。2016年7月に規制改革会議の任期が終了し、現在の「規制改革推進会議」がスタートしたわけだ。

コメント数 19 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

平歩青天 2017-06-01 06:13:27

日本獣医師連盟から100万円の献金を貰い、既得権益側に組する民進党の玉木雄一郎氏のような政治家がいるから、日本の岩盤規制になかなか風穴を開けることが出来ません。
さらに玉木雄一郎氏の父親は香川県獣医師会の副会長で弟も獣医師です。
玉木雄一郎氏のように、身内を優遇するなど公私混同が激しく公平性を欠き、既得権益側の犬となって甘い汁を吸う国会議員は次回の選挙で確実に落選させようではありませんか!


us**** 2017-06-01 06:19:58

役人の縄張り死守。


mob***** 2017-06-01 06:27:37

エッチな前次官が悪い


nut***** 2017-06-01 06:31:35

規制緩和が進まない理由は必要ないから。

逆に規制緩和しないと衣食住を満たせない人や貧困に陥る人が沢山いるなら直ぐに進むはずです。


mom***** 2017-06-01 06:32:34

無意味な規制→役人の利権


axi***** 2017-06-01 07:11:19

確かに古今東西これは世界共通ですね。


yok***** 2017-06-01 07:34:26

で、規制を打ち破ると行政を捻じ曲げたとか批判してくる
今の加計学園がいい例じゃん


noel 2017-06-01 06:33:26

*このコメントは削除されました。


sam***** 2017-06-01 07:10:57

香港やシンガポールと比較した時点で、オレとしてはアウトな記事。


dee***** 2017-06-01 07:21:28

国民が安倍政権を支持したのは経済再生が主な理由であった。しかし安倍首相は絶対多数を防衛、憲法改正に使っている。国民の要求に耳を傾けてほしい。


tin***** 2017-06-01 07:28:45

アベノミクスの三本目の矢ができてないって散々こきおろした朝日毎日はいざ規制改革に着手すれば鵜の目鷹の目で粗探し。規制緩和とは魑魅魍魎の族議員と、日本を支えてきたというプライドの塊の役人連合との大変な闘いじゃん。
さかのぼれば国鉄.電電公社、郵政、最近はJAまで膨大な労力と時間を掛けて闘ってきたんだよね。みんな幸せになりたいし不安な生活はいやだよ。日本の未来まで、よくよく考えて、意見を闘わせる事が何よりも必要だよ。否定批判がライフワークで国会を下衆な芸能番組に仕立て上げる議員やメディア。驚愕するのは、対案を全く出さす安倍首相を首を取る為だけのでっち上げ事件まで演出しはじめた。これはだめだよ。間違ってる。


bla***** 2017-06-01 07:29:03

各省庁と天下り先の企業が持つ既得権益が大きいから


tokucyan 2017-06-01 10:05:49

規制緩和に伴う官僚のイメージ操作、族議員とそれに群がる企業など遅々として進まないことには同感であるが、司法への批判、国民主権と声高々に主張する自画自賛、東洋経済オンラインは投稿した記事に対して評価した方がいいのではないか?このような自己主張のみのものは読んでて見苦しい


にょろにょろ 2017-06-01 09:26:25

規制緩和が絶対正義なんて未だに言ってるの?


瀬田乃安 2017-06-01 19:19:41

年配の方なら覚えていると思いますが、護送船団方式。かつて、日本が1億総中流という世界で唯一成功した社会主義の時代に流行った言葉です。
あれを止めてから、過酷な競争社会に突入し結果として格差社会という諸外国と同じ状態に陥ったのです。
そして、今になって格差社会を何とかしろ!って暴れているんです(^-^;
格差社会から抜け出すには、競争社会から離脱するしかありませんよ。競争社会を支えているのが資本主義ですから、そこから逃げるしか道は無いんです!
昔は、社会主義の道を歩いてましたが、自ら壊した以上戻れません!でも、何とかして資本主義から逃げなければ、少子化が示すように、いずれ日本人は居なくなります。
残された道は、本当の民主主義に進む道だけです!これ以外に道はありません。今一度、民主主義とは何なのかを真剣に考えるべきだと思います(^o^)


信長 2017-06-01 07:36:11

規制緩和が絶対的に正しいと思うのは間違い。規制緩和で中韓らの暗躍する余地が増えてくるのをわからないのか。国家である以上一定の規制をかけるのは当たり前。


Gorochan 2017-06-01 10:55:28

利権のための規制緩和って、必要でっか?


tom***** 2017-06-01 08:04:56

政治屋達の利権が絡むものは保護し、そうじゃないものは緩和してぐちゃぐちゃにする。体力ある企業も減ったし規制緩和で崩れた業界の状況みたら、怖くて緩和に乗る所なんか無いんじゃないのかな。


tak***** 2017-06-01 08:11:59

規制緩和して結局問題ばっかり
一部の人間だけが得しただけだろ
書いてる奴バカなのか






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ