SUBARU(スバル) 群馬県 自動車産業

【スバル アイサイト】スバルの自動ブレーキ「アイサイト」を30年間支え続けた男

2017-06-01 06:50:03


 「ぶつからないクルマ?」。そんなキャッチコピーを耳にしたことがあるだろう。いまや富士重工業の代名詞ともなったアイサイトは、他社にはないステレオカメラ(2台のカメラ)を使った運転支援システムとして有名だ。しかし、そのヒットの陰には、約30年にもわたる日の目を見ない地道な努力があった。

 話は1980年代にさかのぼる。東京・三鷹にある同社の研究所で、ある技術が産声を上げた。ステレオカメラでピストンの中のガスの燃焼を立体的に解析するといったものだ。この技術を、何かに応用できないだろうか──。さまざまな可能性が検討された結果、車の安全装置に適用する研究が進められることになる。これが、今のアイサイトの根幹を支えようとは、当時誰も知る由もなかった。

 そのころ、樋渡穣は若手の研究者として群馬の研究所にいた。レーザーレーダーを使った自動ブレーキの開発にたった一人で携わっていたのだ。出社しては、外に出て車を障害物にぶつけながらソフトを書き換える日々を送っていた。

 そんなある日、三鷹のステレオカメラの試作品ができたので、これを自分の車に付けるよう上司に言われた。レーダーに絶対の自信を持っていた樋渡。「だったら、勝負しましょうよ」と強気の言葉が口を突く。



 結局、ステレオカメラとレーダーを搭載した車で実験が行われることになった。「まずまずの結果が出せたな」。レーダーの実験を終えた樋渡は満足感に浸っていた。しかし、ふとステレオカメラの結果を見て打ちのめされる。完璧なデータをたたき出していたのだ。

 レーダーは、レーザーの反射を利用して物体を認識する。つまり、横方向などの向きの変化に弱い。それに比べて視野の広いステレオカメラは、立体的な認識力が圧倒的に優れている。「完敗だな」。ステレオカメラのすごさを思い知った瞬間だった。

● 期待外れに終わった新機能 それでも諦めなかった開発

 こうして、ステレオカメラによる運転支援装置の商品開発が始まる。99年、世界で初めてステレオカメラにより車両制御を行うADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)が発売された。

 だが、期待とは裏腹に、売れ行きは惨憺たるものだった。搭載率はわずか5%。80万円という値段の高さが一因だった。2003年には、改良型を発売したが、機能が増えても値段の高さは変わらなかったため、反応ははかばかしくない。他社からも同じような安全装置が出始める中、ADAが市場で存在感を示すことはなかった。

 これ以上開発を続けることはできない──。経営判断によって予算は削減され、開発チームは、事実上の解散に追い込まれた。

 だが、開発チームは諦めなかった。命を守る安全装置の需要は確実にあるはずという思いを胸に、技術を断絶させないよう若い技術者が中心となって、ひっそりと研究を続けた。

 頼もしいサプライヤーの存在もあった。現在のアイサイトのカメラなどを製造する日立オートモティブシステムズから「一緒に開発を続けましょう」と声が掛かったのは、ちょうどそのころだ。周囲の協力も得て技術に磨きをかけた。

 当時は開発チームから外れていた樋渡だったが、現場から「もう一度、ステレオカメラでやらせてほしい」という声が上がっていることを知る。樋渡には迷いはなかった。チームと共に社内でアピールし、経営陣の説得に当たる。そして08年、アイサイトの名前を冠した初代の運転支援システムがこの世に誕生した。

 ただ、開発チームには一つ心残りがあった。今のアイサイトの売りである「ぶつかる前に止まる」というプリクラッシュブレーキの機能をこのときは盛り込むことができなかった。自動ブレーキに任せておけば安全だという誤解を消費者に与えるような技術の導入は“ご法度”だったのだ。

 しかし、その後、国も規制緩和を進めた結果、09年にはスウェーデン・ボルボが日本で初めて衝突回避機能を搭載した車を発売。プリクラッシュブレーキの時代が本格的に幕を開けた。

コメント数 26 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

hir***** 2017-06-01 06:28:47

プロジェクトXの声に変換して読んだ


lyu***** 2017-06-01 17:46:47

こういう技術者はテレビのくだらない低能人より余程価値のある人間


swk***** 2017-06-01 06:38:29

みえない努力と継続、支えた情熱の賜物
見事です


lyu***** 2017-06-01 17:47:07

こういう技術者はテレビのくだらない低能人より余程価値のある人間
国の財産


S 2017-06-01 06:38:45

実を結んで結果が出る。おめでとうございます。


mas***** 2017-06-01 06:49:34

どんなに良くても高いと普及しない事がよく分かる。10万円で安全装備なら付けないほうが珍しいだろうな。


yas***** 2017-06-01 08:17:58

*このコメントは削除されました。


gf8***** 2017-06-01 08:46:02

スバルで任意保険に入れば3万円でガラス交換できるよ。


kum***** 2017-06-01 06:54:37

安全に対する意識は今も昔も大きくは変わっていないと思う。要は費用対効果なのでは。性能がアップして10万円ならほとんどの人は付けるよねね。


mhi***** 2017-06-01 07:06:02

長年H車を乗り継いできたが、昨年初めてスバルにしました。次回乗り換えるときも筆頭候補です


POP-R 2017-06-01 07:08:58

*このコメントは削除されました。


y_s***** 2017-06-01 07:08:59

アイサイトは使っていて本当に素晴らしい。
この性能で乗り出し250万程度の車から付いてるのはすごい。


pjx***** 2017-06-01 07:12:56

継続する事の大切さですね!
スバル万歳(良い意味で)


日々てきとう! 2017-06-01 07:27:39

これいつ書いたのかな? ついこないだまで富士重工だったから過去話はそれでいいいけど、今の話ならきちんと今の社名にしないと失礼なのではないかな。


匿名希望の爺 2017-06-01 07:43:37

自分もそこが気になりました
ステレオカメラも今は他社もやってますし
本当に何時書いた記事なんでしょう?


*** 2017-06-01 13:24:01

技術を売りにする会社が、技術屋じゃない者がトップなると本当に危ない。スバルはギリギリで大丈夫だったみたい。ホンダ当たりがヤバそう。


名前はまだ無い 2017-06-02 09:06:58

技術屋じゃない人がトップになると危ないって、現在の吉永さんは技術屋出身じゃないですよ?
(営業畑にいた方です)

社内出身の歴代社長では2人前の竹中さんが唯一の技術屋出身ですが、マーケティングを軽視する余り、後の軽自動車事業にトドメを刺すことになるR2/R1をドヤ顔で出したり、レガシィという名前だけにすがって大した進化も遂げなかったレガシィ病を蔓延らせたりして次の森社長(営業畑出身)に尻拭いをさせました。(急遽ステラでテコ入れしたのは森社長時代)

営利企業である限り、売り方や会社の動かし方が分からない技術屋さんに経営を任せちゃうのはかなり危ないと言えるでしょうね。

小さな町工場だったら、技術屋さんが経営してても問題ないんでしょうが。


oke***** 2017-06-01 20:23:22

時代はハイブリッド車より安全性だな。


civ***** 2017-06-01 08:06:42

ホンダは海外サプライヤに開発丸投げするとか?


t***** 2017-06-01 08:01:55

17年前かなぁ
スバルも業績悪いころでねぇ

こりゃスバル乗るぞ!みたいに
スバル乗りになったとき
アイサイトがオプションであってね
これつけたいんですけどって聞いたら

高いですょ!なんて言われちゃって

うん。だけど開発者の気持ちになって
今、ユーザーがいることが将来の価格低下につながりそうな技術になると思うから、つけて!

そんなやり取りをして
めでたくつけました

まぁ、事故もなく普通でしたというのが印象


それがいまじゃぁ〜ね
当時の営業マンも支店長になり
笑いながら頭掻いてますよ


頑張れ、スバル


ちなみに、今は三菱乗りです
ゴメンなさい、支店長


t***** 2017-06-01 09:12:50

コメントどうもありがとう

わかりやすくしたけどわかりにくかっようです

アイサイトの原型って補足します


にょにょにょ 2017-06-01 11:13:06

ADAだと思うぞ。


gf8***** 2017-06-01 11:46:36

ADAもその当時はなかったんじゃないかな?
平成17年だったら分かるのですが。


tsu***** 2017-06-01 08:03:58

*このコメントは削除されました。


**** 2017-06-01 08:19:48


エントリーモデルを除くカーナビ、サウンドシステム、エアロパーツ、どれも10万円以上するが、結構みんなつけてる。消費者は欲しい機能を付けていくらになるか総額で判断してる。その中での取捨選択になる。


ryo***** 2017-06-01 10:52:04

安全支援装置がアクセサリーとでも何言ってんの?






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ