「共謀罪」の新設問題 話題 エドワード・スノーデン

【「共謀罪」の新設問題】話題の『スノーデン 日本への警告』が問う“監視社会”ーー共謀罪成立で限りなく違法に近い公安活動が一般化する!

2017-06-01 07:00:02


「携帯はあなたの情報を政府に知らせています」――ギョッとする帯文が目に飛び込む、『スノーデン 日本への警告』(集英社新書)が話題を集めている。

エドワード・スノーデン氏は、2013年にアメリカ政府が全世界の一般市民を対象に大規模な監視体制を構築していた事実を暴露した「スノーデン・リーク」で世界を震撼させた元情報局員。

本書は、第一章でスノーデン氏が日本人に向けて深刻な監視社会の実情を解説し、第二章は国内外のジャーナリストらによるディスカッションという構成となっている。折しも、日本では政府が「共謀罪」の成立を急いでおり、アメリカのような監視社会はもはや対岸の火事とは言えなくなってきた。

出版を記念し、共著者のひとりであるジャーナリストの青木理氏、そして専修大学人文・ジャーナリズム学科教授の山田健太氏によるトークイベントが行なわれた。そこで語られた、日本の市民社会の危機とは――。

***

山田 皆さん、4月24日にエドワード・スノーデン氏本人が発信したツイートをご覧になりましたか?

《無差別監視の問題に関心をもつ日本人の皆様、ありがとうございます。私は深く感謝しています。この本の利益はJCLU(自由人権協会)に寄付しました。JCLUの人権擁護を是非、サポートしてください!》

さすが、元スパイ(笑)、日本語でツイートしています。このツイートにある「この本」というのが『スノーデン 日本への警告』で、本書はJCLUが2016年6月4日に東京大学本郷キャンパスで主催した「監視の“今”を考える」というシンポジウムの記録を基にしています。この中で現在、ロシアに滞在するスノーデン氏とのインターネットでの生インタビューが行なわれました。

本日は、著者のひとりである青木理さんをお招きしています。ちょうど今、国会では共謀罪の法案審議が本格化しています。今日はこの問題にも迫っていきたいと思います。

青木 1990年代の半ばから後半にかけて、僕は通信社の記者として警視庁の記者クラブに所属していました。担当は警視庁の公安部。警備公安警察と言われる部署です。

ちょうどオウム真理教の事件が起きた当時で、その捜査に突き進む公安部の実態を目の当たりにしたわけですが、インターネットや携帯電話が一般に普及し始めたのは90年代後半ぐらいですから、僕が取材して知っているのはアナログ的な時代の公安警察…ということを前提にお話をしたいと思います。

当時、警視庁公安部公安第一課には約350人の人員がいました。いわゆる新左翼セクト、中核派とか革労協などが捜査の対象となる部署ですが、90年代半ばといえばすでにソ連は崩壊し、冷戦構造も終結した時代。それなのに、花形部署と言われる刑事部捜査第一課よりも人員が多かった。

共謀罪が成立すれば、今まで新左翼セクトに向けられていたような監視が一般化します。尾行して、携帯番号から家族関係、交友関係、仕事、借金、酒癖、女癖・男癖…そんなところまで徹底的に調べ上げる。そういった限りなく違法に近いような監視活動が、今後は一般市民を対象に行なわれるようになるということなんです。共謀罪は、それに対してある種の法的お墨付きを与えることにもなります。

情報機関というのはある種のモンスターで、よほど政治や社会がコントロールしないと、あっという間に水面下で巨大化して暴走しかねない。まさに米国のNSA(国家安全保障局)はその典型と言えるでしょう。

なぜNSAが暴走したかと言えば、9.11テロがあって、「愛国者法」などというものを作った当時のブッシュ政権が巨大な予算と権限を与えたからです。そうしたらあっという間に、それこそ10年程度で世界中の通信情報をかき集め、果てはドイツのメルケル首相からブラジルの大統領、日本の要人の電話まで盗聴するような組織に育ってしまった。

日本はそうした情報機関を作ってこなかったし、現在も存在していない。それに代わる治安機関が警察であり、その中核を占めてきたのが警備公安警察で、情報機関的な役割を果たしてきました。

山田 かつて新左翼セクトが対象となっていたような違法性の高い捜査について言うと、最近ではムスリムへの監視が表面化し問題になりました。2016年6月に最高裁が、警察当局によるムスリム監視を容認する判決を下しましたが、一番残念だったのは、こういった問題告発の裁判が社会的関心を呼ばないということです。

しかし、この問題は今後ムスリムだけでなく社会全体に一般の人も対象として確実に拡大していく。事実、共謀罪法案の成立に向けた動きは、その状況が加速していることの証左なわけです。





青木 確か神奈川県だったと思いますが、数年前に警察が小学校の通学路を対象として試験的に監視カメラを大量に設置したんです。ある種の社会実験ですね。で、その地域の住民にアンケートを取った。すると、「多少のプライバシーの侵害があっても、子どもたちの安心安全のためには仕方ない」という回答が7、8割にも上ったそうです。気持ちはわからなくもない。しかし、僕は市民社会の劣化を感じます。事実を冷静に直視し、市民としての権利を守ろうとする洞察力の劣化です。

日本社会は治安が悪くなったと言われますが、全くそんなことはない。これだけ景気低迷期が続いて経済格差が広がっていても、不思議なことに治安はいい。日本で起きる殺人事件の件数は戦後一貫して減ってきており、今、警察が把握している殺人事件は年間1千件を割り込んでいます。

実は、その約半数が家族間の殺人なんです。ということは、もし監視カメラに犯罪抑止効果があるのだというなら(僕は抑止力などないと思っていますが)、あるいは監視カメラがあることで被疑者の検挙が容易になるのなら(これは確かに効果的でしょう)、全家庭に監視カメラをつければいいということになる。しかし、そうなると皆さん「いやいや、それは勘弁してくれ」となりますよね。

つまり、皮相な「安心安全」なるものと引き換えに、プライバシーをどこまで売り渡していいのかということを本当に真剣に考える必要がある。誰もが安心安全に暮らしたいと思っているけれど、自由やプライバシーといった最も大切な権利をどこまで譲り渡すのか。

繰り返しますが、治安は全く悪化していない。むしろ戦後、最も治安がいい状態です。なのに自由な思考、自由な思想信条、自由な行動やプライバシーの基盤を易々と切り売りしていいのか。これは人間の尊厳と言ってもいいと思いますが、このバランスが非常に悪くなってしまっている気がします。

このバランスの悪さを、さらに加速させるのが共謀罪です。法律を作ろうとする側は「テロ対策」「安心安全のため」と言うわけですが、治安が悪くなっているわけでもないし、テロが頻発しているわけでもない。起きてもいないことに怯えて、自分から自由を売り渡すのか…これはある種の“平和ボケ”ではないでしょうか。

治安機関とか情報機関というのは実力組織です。警察は北海道から沖縄に至るまで30万人近い人員を配置して全国津々浦々に情報網を張り巡らし、大半の警察官は武器を携行し、機動隊というある種の武装組織も擁(よう)している。人を逮捕したり強制捜査したりする権限も持っている。まさに最大最強の治安機関です。だからこそ、きちんと政治や社会がコントロールしておかないと、ときに暴走して手がつけられなくなる。

仮に権限を与えるにしても、相当慎重に歯止めをかけねばならない。なのに、特定秘密保護法にしても共謀罪にしても、警察組織の恣意的な運用が可能なザル法です。ろくな歯止めもなく、外部からの監視もほとんどない。そういった“武器”を次々と投げ与えている。政治家は本来、警察のような実力組織の怖さ・危険性を認識して、それをどう制御するかに意を注ぐべきだと思いますが、今の政権にはそういった感覚がほとんどない。

かつて後藤田正晴氏が朝日新聞のインタビューで「日本に情報機関は必要だと思うか?」という質問を受けて、こんな趣旨のことを言っています。「日本は平和国家として生きていくために、ウサギの長い耳が必要だ」。

日本にも情報機関が必要だと言っているわけですが、同時に「ただし、今の日本の政治がそれをコントロールできるかと考えると、迷ってしまう」といったことも付言しています。戦前の内務省に入り、戦後も警察庁警務局で一貫して治安機関の中枢を歩んできた彼は、治安機関や情報機関なるものの本質的な危険性を知っていたんでしょう。それと比べ、今の政治家はそういった慎重さがない。

平和ボケというのは、政権が言うような外部からの軍事的脅威に対するものだけではない。自分たちの国の実力組織の潜在的な危険性に対し、市民も政治も、そしておそらくはメディアも想像力が及ばなくなっている。わずか70数年前、日本では軍や治安機関の暴走を政治が適切に制御できなかったから悲惨な戦争に突き進んでしまった。結果、国民や周辺国にも甚大な被害を与えてしまったのです。



山田 まさにその通りだと思います。海外にも特定秘密保護法や共謀罪のような制度はありますが、それを運用する上での制度上の歯止めが用意されているのが一般的です。なぜかというと、役人には情報は隠したがるという性癖があって、それは変えられない。だからこそ歯止めをかけましょうということです。

共謀罪のような法制度がある国でも、その適用範囲を厳格に定めたり、対象となる集団も「犯罪歴がある人たち」などに厳しく限定するといったことをやっています。ところが日本の場合は、そういった歯止めは何もない。

青木 95年3月20日、オウム真理教による地下鉄サリン事件が発生し、僕は公安警察が本気になった時の凄まじさを目の当たりにしました。正確に言うと、3月30日に当時の國松孝次警察庁長官が狙撃されて、ようやく警視庁公安部はオウム真理教の捜査に本気になった。

そうしたら、どうなったか。あらゆる法令を駆使し、“オウム殲滅戦”のような捜査を繰り広げたわけです。カッターナイフを持っていたら銃刀法違反。ホテルに変名で泊まったら私文書偽造。運転免許の住所を移していなかったりすれば、交通違反での逮捕も相次いだ。公安警察が本腰を入れた時の凄まじさというものに僕は驚愕して、『日本の公安警察』(講談社現代新書)を書いたわけですが、逆に言えば、共謀罪などなくたって警察はいくらでも捜査ができることを証明しています。

むしろ、公安警察的な“偏見”がオウムを野放しにしてしまった面もあります。代表例が坂本堤(つつみ)弁護士一家の殺害事件です。89年に坂本弁護士一家が失踪し、自宅にはオウムのバッヂが残されていた。坂本弁護士はオウムの反社会性を追及する活動もしていた。しかも約1年後、実行犯のひとりだった信者が重要情報を警察に内部告発までしていたのです。

なのに、警察は事件を解決できなかった。解決できていれば、松本サリン事件も地下鉄サリン事件も起きていないのだから、責任は重大です。背後には、坂本弁護士の所属事務所が神奈川県警の公安警察官による組織的な盗聴事件を追及していたからだと指摘されています。「共謀罪があればテロが防げる」と政府は主張していますが、オウムの事件ではまさに公安警察的な“偏見”がテロ防止の障害になった疑いがあるのです。

戦後70年、日本は幸いなことに自衛隊や警察が暴走して国民が大きな害を被るという経験をほとんどせずに済んできました。僕は戦後民主主義の歯止めが大きかったと思う。ところが最近、それを忘れつつあるのではないか。「お上に任せておけば安心安全」「警察を信用しろ」。皮相な思考ばかりが蔓延しています。

山田 個人情報というのはプライバシーとほぼ同義ですが、大きく分けて4つのカテゴリーがあります。ひとつは、完全にオープンにしてもいい個人情報。例えば公務員の氏名、政治家の資産状況など。これはプライバシーだけれどもオープンにすることは法的に、あるいは社会慣習として決まっています。

ふたつ目は、私たち一般市民の氏名や住所など。プライバシーだけれども、一定程度は人に知られても仕方ないと考えられているものです。3つ目は、ある具体的な業務に関連して、自分と直接の相手しか知らない情報。例えば自分の健康に関する情報は、自分と担当医師しか知らない。こういった情報は比較的重要な個人情報で、法的にも守秘義務が科せられています。

そして4つ目は、絶対にアンタッチャブル。これに該当するのが「思想・信条の自由」です。これには、第3のカテゴリーにあるような法的な守秘義務は科せられていません。なぜなら、憲法で「絶対に侵してはならない」と定められているからです。収集してもいけないし、監視してもいけないとされているからです。

ところが、今回の共謀罪であったり、青木さんがお話しになった公安警察のこれまでの捜査は、このアンタッチャブルとされている4つ目のカテゴリーに属する個人情報・プライバシーに手を突っ込んでいるわけです。そうなると、社会が当たり前としてきた大原則が壊れてしまう。共謀罪の法案成立という事態に及ぶと、それがどういうふうに変わるのか?

青木 「共謀罪は、一般市民の方々は対象になりません」と首相や法務省は説明しているわけですが、先日、法務副大臣が「対象にならないことにはならないが、ボリュームとしては大変限られる」と言い出した。問題はここで言う「一般市民」が、どういう人たちかということなんです。

例えば、政府の言うことにまったく疑問を抱かず、市民運動などにも近寄らず、選挙では与党に投票する、というような人だったら、それはもちろん監視対象になどならないでしょう。しかし、そこから少しでも外れれば、誰もが監視の対象になり得る。

共謀罪の条文を読んでみるといいでしょう。まず「組織的犯罪集団」の定義が非常に曖昧(あいまい)です。「ふたり以上で集まって、以下に掲げる犯罪の計画をした者」は、基本的にすべて組織的犯罪集団になってしまう。そして「以下に掲げる犯罪」というのは、条文の別表第三というところに列挙されているんですが、その中の「二十九」に次のような記述があります。

《日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法(昭和二十七年法律第百三十八号)第五条(軍用物の損壊等)の罪》

米軍基地の保護を目的とした、いわゆる刑事特別法です。ならば、沖縄で現在行なわれている基地反対運動に参加している者たちは、間違いなく全員が監視対象になります。「辺野古の埋め立てをさせないため、座り込みでトラックを阻止しよう」などと言えば、間違いなく共謀罪の取り締まり対象です。

また、対象にならなくても、監視をされるだけでとてつもない人権侵害が生じる。具体的に起きたことを話しましょう。ひとつは『日本の公安警察』にも書いたエピソードで、公安部の幹部が半ば自慢げに教えてくれたことです。

ある中央省庁で局長の人事が内定した。ところが局長内定者の中には、かねてから公安部が共産党シンパだと睨む人物がいた。そこで何をしたかというと、精鋭の尾行部隊などを動員し、当該人物の周辺を徹底的に調べた。結果、彼には妻以外の愛人がいることもわかり、密会現場の写真も抑え、当該の中央省庁に警告を発した。「こんなヤツですよ」と。最終的にその人事は取り消しになったそうです。

もうひとつ例を挙げましょう。ある内閣改造があって、ある政治家が国家公安委員長に内定したという情報が入った。国家公安委員長というのは警察を所管する担当大臣です。すると警察庁警備局は、当該の政治家の選挙区がある県警に当該の政治家の周辺情報を徹底的に調べろという指示を発した。警察が本気になれば、あらゆる情報を調べられるでしょう。選挙違反関連、金銭絡みの不正、さらには愛人の有無、性癖。先ほど山田さんが言った個人情報のカテゴライズで言えば、一番知られたくない情報ですが、それを集めることも可能だということです。

そんな情報を警察が握ったらどうなるか。政治家を脅しあげたり、コントロールすることさえ不可能ではない。つい最近、文部科学省の前事務次官が政権のウソを告発しましたが、その直前、この前事務次官が出逢い系バーに通っていたという情報が一部メディアに報じられました。官邸のリークであり、恫喝(どうかつ)の狙いがあったのでしょう。しかし官邸はそんな情報をどうやって掴んだのか。答えは明らかです。

つまり、警察という治安組織、情報組織に歯止めなき強権を与えることの危険性、適切にコントロールできないとどうなるかという問題は、これらの例を見てもわかるように、真剣に考えないといけないということです。

●この続き、後編は後日配信予定!

(取材・文/田中茂朗 撮影/本田雄士)


●『スノーデン 日本への警告』
エドワード・スノーデン、青木理、井桁大介、金昌浩、ベン・ワイズナー、マリコ・ヒロセ、宮下紘
集英社新書 720円+税

●青木理(あおき・おさむ)
1966年長野県生まれ。ジャーナリスト。共同通信社で社会部、外信部、ソウル特派員などを経て、2006年にフリーとなる。J-WAVEの番組「JAM THE WORLD」金曜日のナビゲータ―を務める。著書に『日本の公安警察』(講談社現代新書)『日本会議の正体』(平凡社新書)『安倍三代』(朝日新聞出版)など

●山田健太(やまだ・けんた)
1959年、京都府生まれ。専修大学人文・ジャーナリズム学科教授。日本ペンクラブ常務理事・言論表現委員会委員長、放送批評懇談会、自由人権協会、情報公開クリアリングハウスなどの各理事等を務める。著書に『放送法と権力』『見張塔からずっと』(田畑書店)、『法とジャーナリズム』(学陽書房)、『現代ジャーナリズム辞典』(三省堂)など

コメント数 86 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

bo****** 2017-06-01 06:20:46

バカじゃないの?

日本のどこに監視社会の片鱗があるの?

表面だけ見て思い込みもいいとこ。

マイナンバー(国民背番号制への移行の気配もなし)も強制じゃない、
隠し個人資産がばれる~と、堂々という社会は自由じゃないの?
表現の自由を表現者がいに沿わない部分だけ切り取って逆監視
適用もされないのに個人情報保護の観点から・・
監視をしなければならない集団の危機感はわかりますが、あんたらは反社会的勢力同等ですよ。

いろんなところから情報監視してるのは、日本を弱体化させる外国勢力からですよ、だってスノーデンなんでしょ。


ktl***** 2017-06-01 07:29:14

創価の皆さん平和を望んでないんですか?

◆「治安維持法の下で創価学会の初代、2代目の 責任者が投獄され、初代会長は獄死したという歴史をどう受け止めてるの?
公明党はナゼ反対しない???

牧口常三郎・創価学会初代会長が治安維持法による弾圧で獄死させられた経験を 思い起こして欲しい」

//www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/518.html

戦前、創価学会を率いた人たちが治安維持法でどういう扱いをうけ、
どうやって死んでいったかを考えたら、
共謀罪に賛成できるはずもない!
所詮は始まりを忘れた奢った政党になっただけのこと。

信者さんたちの言われなき逮捕も近い未来の話になった!

プロレスしかできない信用ならない党だねぇ!
こんな党を支えているのが
毎日毎日必死に働いている創価のおばちゃんたちなんだからかわいそうだね


sh***** 2017-06-01 06:23:05

産経が同じ事を言うのなら信じよう。


kok***** 2017-06-01 07:08:27

すでに導入済みの他国も批判するならまだ話はわかる
特定の国だけ批判するのは
国連憲章違反で国連で問題視するべき


ktl***** 2017-06-01 07:17:05

産経=統一教会


地獄絵図 2017-06-01 06:28:47

結局ね自己統制力が無いから法で縛るしかないのよ。


ktl***** 2017-06-01 07:44:10

反社会的なのに対象外、パヨクガーと騒いでる奴らはカルト宗教だと騒がない!バレバレですね(*^^)v


■「共謀罪」は、日本国民を取り締まる為のものである

共謀罪は宗教法人が対象外


ヤフコメのネットサポ誘導に騙されないように♪

自民党ネットサポだけで2万人以上いる
ID2つ作れば4万票だよ

政府はネット対応に予算を組んで
こんなのもやってる

■ネット工作といえば

電通パブリックリレーションズ
ピットクルー株式会社
株式会社ガーラ
イー・ガーディアン株式会社
株式会社 ガイアックス
日本エンタープライズ
株式会社ライトアップ
株式会社エルテス
ネット風評イレイサー
トランスコスモス(株)


あとこれ↓

スレ立て工作員がスレ立

多数のネットサポがポチってスレ上げ

上位に上げて、反対関連はスレ立て人が削除

これだと反対派は消える


shi***** 2017-06-01 06:28:51

「起きてもいないことに怯えて、自分から自由を売り渡すのか…これはある種の“平和ボケ”ではないでしょうか。」

どうせこいつらは実際にテロが起きたら政府は無能だって騒ぎだす人種達だろ。ついこの間も民間のコンサートを標的に爆破テロがあったのにこいつらの頭の方が平和ボケだわ。


ktl***** 2017-06-01 07:29:43

@satoseitai3
英国コンサート会場でのテロはウソですよ。
被害者と目撃者が同一人物でした。
映画の撮影と同じ感覚で作っているようです。


ind***** 2017-06-01 06:35:00

*このコメントは削除されました。


アモーレ 波平 2017-06-01 06:43:50

*このコメントは削除されました。


お笑い民進党 2017-06-01 06:44:27

監視されて困ることは一切なし。少しでもテロを未然に防ぐことができれば大歓迎。


ktl***** 2017-06-01 07:18:36

自作自演でテロですね

朝鮮人モロダシですね


がんばらなくていいしがんばってもいない 2017-06-01 08:19:16

>監視されて困ることは一切なし

キミはもう運営会社にもネットセキュリティ会社にも
監視されてるからだよ


pan***** 2017-06-01 08:29:17

プライバシーは人の命をより重い!とさ


iws***** 2017-06-01 06:45:51

青木氏は
究極の選択的質問に対して
テロを防止するよりプライバシー侵害を防止するべきだと
この人は
家族・市民よりまず個人が大事だという考えなのか
市民や身内の人間が拉致されたり、テロ爆発で亡くなっても
それを防ごうとする法律は
個人のプライバシーを脅かすものだからいらないと
こういう人がリベラル派と呼ばれているんだよ
おかしくないかい?


日本国民会議 2017-06-01 10:52:44

他の共謀罪を持つ国は、政府機関や捜査機関が恣意的に運用
しないような歯止めを作っている。それがセットだ。
日本の共謀罪法案は、元々恣意的に運用することが目的
なのか?故意に歯止めを外していて、野党の質疑にも
まともに応じない。数の力で法案成立を目指している。

そしてネット工作員を使い、ウソをばら撒いている。
賛同ポチも工作員が押し、数の論理で真実に見せかけ
ようとしている。恐らく、このコメントにも青ポチが
たくさん押されるだろう。
まさにナチスのやり方だ。


aqj***** 2017-06-01 13:12:17

だからこそこんな反対反対叫んでないでしっかりと権力が暴走しない仕組みを作ってもっと操作範囲を拡大してっていう案をしっかり出すのがリベラルと言われている考え方の人がする事じゃないですかね?
自分の理想は英国の共謀罪の考え方ですね


Peace Peaple 2017-06-01 13:36:57

テロ防止など全然考えてないヨ!


aim***** 2017-06-01 06:46:22

この間、千葉県で小学生殺されてんだけど。 治安が良い? バカかこいつ。


変態新聞 2017-06-01 06:50:33

報道しない自由はテロ行為


寿司丸 2017-06-01 09:55:16

読売の出会い系バーの記事の事だね


変態新聞 2017-06-01 11:22:03

日本会議はマスコミより悪いことをしたのか?


流血走法@潰され中 2017-06-01 17:30:20

この問題でそこを突くとは、コメ主は何気にいいセンスをしている。


Lie******** 2017-06-01 13:49:38

オウムのサリン事件を未然に防げなかった
失敗を繰り返さないでね。


aho***** 2017-06-01 08:15:16

確かに、少な監視カメラに犯罪抑止効果は殆どないと思う。しかし、監視カメラが松戸市の女児殺人、死体遺棄事件での早期の犯人逮捕に繋がったのも事実。


***** 2017-06-01 17:38:52

確かにそうだけど、そういうレベルの話だけじゃなくなってる。


tos***** 2017-06-01 08:52:23

週刊プレイボーイって何時からこんな反日記事のっかるようになった?お姉ちゃんのヌード写真充実させたほうがいいんじゃない?読者読んでないだろう!売れてるのかね??


oja***** 2017-06-01 11:21:18

公安に就職したいぐらいだ。


***** 2017-06-01 17:46:59

ブラックな職場のストレスを、一般人で解消する仕事に成り下がると思う。


******** 2017-06-02 01:48:39

どっちか取りゃいいんだって。普段から至る所にバラ撒きまくってる自分達のプライバシーを守る代わりにテロ行為は諦めて自ら(または家族や身内が)被害者になる覚悟を持つか、個人情報メールや電話を聞かれるかもしれない監視カメラで見られてるかもしれない窮屈社会だけどテロが防げるかもしれない覚悟。

自分は狂った思想で大量殺傷を正当化するようなクソテロ集団に巻き込まれたくないのでメールや電話の内容ぐらいなら別に構わんわ。
個人情報だってネットショッピングやビデオレンタル、その他キャンペーンの応募にGoogle&ヤフーあたりに個人特定レベルで漏れ出てるだろうし。(あくまで自分の考えでこの意見を押し付ける気はない)

良いにしろ悪いにしろ「覚悟もって喋れよ」って事でしょ。プライバシーも完全に守れてテロ行為も完全に防げるなんてありえないんだから。(ってその前に一般人の会話を逐一認識する余裕あるのかな??)


jpt***** 2017-06-01 08:45:21

読んで思ったのは
一般人が 普段通り・普通~~に生活しているならば 何も公安対象にはならないと言う事でしょう! 
何を恐れてるのだろう?? やましい事やってるんじゃないの(^_^;)


spo***** 2017-06-01 12:38:03

共謀罪が成立したあとで、万一、民進党や共産党が政権とるようなことがあったら、そっちのほうが、もっと怖い。


take-c 2017-06-01 06:52:16

一般人には知らない方が良い情報だって有る。
スノーデンは、何でもかんでも知らないと気がすまない奴だったんだろう。
「監視社会」けっこうじゃない?
犯罪の抑止にはなるだろう。
要は、悪さしようなどと思わなけりゃ良いんだよ。


ktl***** 2017-06-01 07:40:38

創価の皆さん平和を望んでないんですか?

◆「治安維持法の下で創価学会の初代、2代目の 責任者が投獄され、初代会長は獄死したという歴史をどう受け止めてるの?
公明党はナゼ反対しない???

牧口常三郎・創価学会初代会長が治安維持法による弾圧で獄死させられた経験を 思い起こして欲しい」

//www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/518.html

戦前、創価学会を率いた人たちが治安維持法でどういう扱いをうけ、
どうやって死んでいったかを考えたら、
共謀罪に賛成できるはずもない!
所詮は始まりを忘れた奢った政党になっただけのこと。

信者さんたちの言われなき逮捕も近い未来の話になった!

プロレスしかできない信用ならない党だねぇ!
こんな党を支えているのが
毎日毎日必死に働いている創価のおばちゃんたちなんだからかわいそうだね


***** 2017-06-01 17:26:25

たまに公務員や金融関係者が、個人情報を売っただの、盗んだだのってニュースがあるけど、アレも知らない方が良いんでしょうかね?


ata***** 2017-06-01 08:32:38

これは本の宣伝ですか?もうちょっと買いたくなるような内容にしないと。共謀罪が成立すると監視社会になるって言ってるのに、昔からさんざんやってるじゃん。凶悪犯罪が早期解決してるのも確かでしょ。裏社会の機能が変わってきたってのも理由にあるんじゃないでしょうか。ロシアに亡命した人が監視社会がってのもね。


mid***** 2017-06-01 13:07:58

例えば、テロは防げないとドヤ顔で語る方がいるけれども、テロの計画を未然に潰す効果というのはそれなりにあると思うぞ。
防ぐ側の手の内を晒すことになるだろうから、詳しいことは表に出てこないと思うけれど。


mak***** 2017-06-01 07:36:53

*このコメントは削除されました。


tan***** 2017-06-01 09:51:04

悪いことを考えてもいない人は、監視社会を恐れてはいない。プライバシーなど多少の犠牲を払っても、安全に暮らしたいと誰もが思っている。心にやましいものがある奴が、反対しているだけ


cha***** 2017-06-01 07:18:46

*このコメントは削除されました。


tak***** 2017-06-01 16:40:53

此れ、中国の脅威よりも恐ろしい。中国の脅威を恐れるなら、此れも恐れないと。


nob***** 2017-06-02 04:34:46

こういう人達はテロが起こるまでテロなんか無いと言う。
北朝鮮による拉致など無いと言っていた。
結局、自分の主張優先で被害者が出ようが関係無いんだ。


ayu***** 2017-06-01 08:43:51

あんな功名心で守秘義務を守らない若造の戯言信用するのに日本の公安は信用しないんだ。
其処まで信用しないのなら、警察も司法も一切介入を拒否した生活を送ればいい。
多分生きてはいけないだろうけど。


kas***** 2017-06-02 09:16:35

他の国に比べて治安がいいから平和と言うのは、鈍感な発言。


dje***** 2017-06-01 10:13:12

法律は厳しくし安全安心を目指し議会がその運用を監視し間違いがあれば裁判所が正す。
そして国家運営の正否を日本国民が選挙で示す。
スノーデンの出る幕では無い。


Peace Peaple 2017-06-01 13:44:52

あまい!


ボロ 2017-06-01 06:57:20

青木さんの頭の中は、警察が拳銃と警棒で善良な市民を奴隷のように管理してるイメージなんだろう。
自分は論理的に喋っているつもりなのだろうが、言葉の端々から政府と警察に対する嫌悪感が染みでてきている。


eco***** 2017-06-01 07:10:16

日本死ねのザイニチだもの


iwaset 2017-06-01 06:52:08

青木って、、、。


「朝ナマ」「テロ朝」にしか出演できない、嘘つきの代名詞じゃん。
この人たち、平気でテレビで嘘つくから、
今度から通報するわ。
一般庶民としては、この人たちのテロリズムのほうが怖いよ。


eco***** 2017-06-01 07:12:07

共産党支持で天皇陛下大嫌い
こんなのにテレビが出演許してるアカヒは即刻逮捕だ


mar***** 2017-06-01 06:51:38

自分の生まれ育った国を裏切るような犬畜生未満に日本の心配していただかなくて結構だよ
テロリスト大好き朝プレNEWS。


han***** 2017-06-01 08:23:50

反逆者がたわ言ほざくな


fyr***** 2017-06-01 07:58:20

あーだ!こーだ!よくもながったらしいごたくを並べたものだ悪いことやましい事をしていなければ問題ないスパイ天国日本国は一掃です


pic 2017-06-01 07:40:51

朝日毎日TBS等々の中韓に乗っ取られているマスコミ各社や、いったいどこの国の政党かもわからない様な野党などをこのまま放置しておいたら取り返しのつかない事になる。多少強引でもこの法案を早急に成立させて国内の反日勢力を潰さないと日本という国そのものの存亡すら危ぶまれる。監視社会なんて、都合の悪い左翼テロリストが喚いているだけ。


goo***** 2017-06-01 07:24:23

青木は一回自分の言動と行動を省みた方がいい。名誉毀損や選挙妨害、はては外患誘致罪までなんでもある。まさに似非ジャーナリストのテロリスト青木理!


jupiter4green 2017-06-01 07:29:13

今後さらに観光・五輪などで外国人来訪者が増えたり、労働・留学などで国内居住者が
ドンドン増加する傾向は火を見るよりも明らか、安保法案が国の安全を図るのと同様に
 
共謀罪法案は外国人が引き起こす重大犯罪の防止にターゲットを置いていると思うが‥


yzyx 2017-06-01 08:37:53

「露国監視下で恋人と共同生活をしている亡命人スノーデン」こそ自

由を奪われ,「社会主義国の工作員の一端」を担い米国機密を売り、次

は日本にまで警告と称しPropaganda工作活動を強いられ日本の共産主

義者たちを煽ろうとしている。スターリン共産党日本支部でも造ろうと

いうのか!! 宮本顕治はもう居ない。


ugj***** 2017-06-01 07:32:40

共謀罪成立後、おかしな運用がされたらその時それみたことかと大声あげて。日本は独裁国家でないので軌道修正可能な国です。


eco***** 2017-06-01 07:07:18

だからー
Lineとかスマホとかfacebookとか通販とか
使ってるくせに日本政府には知られたくないの?スパイ確定じゃん


Peace Peaple 2017-06-01 13:31:38

日本は治安維持法という過去に拭い去る事の出来ない悪法の歴史を持つ。
一旦共謀罪のような法律が成立すると、アジア的な日本人は治安維持法下のような状況になる。
「テロ対策」などの陰謀的言辞の中に、既にその策謀を感じる事を禁じ得ない。
まして安倍政権下で推し進められようとしている法案である。
「スノーデン氏の警告」は誠に当を得ていると言わざるを得まい。


ya1***** 2017-06-01 08:40:23

青木が言いたいことは犯罪者を擁護しろだろう。犯罪者の人権は被害者の人権より遥かに大切な訳だ。


bre***** 2017-06-01 07:28:07

結局この人たちの考え方を究極まで突き詰めれば警察も検察も要らないと言うことになる。犯罪者の権利を一般人の安全より重く見ている。


n 2017-06-01 09:39:01

政治を共謀罪の対象から省いているのを見ても自民党政権による
国民監視が真の目的なのは明らか。
政治を入れると安倍、菅、Y新聞渡辺、官僚は
共謀罪第一号ですけど(笑)


う〇こがちょっと・・・・ 2017-06-01 11:36:12

スカの個人的見解です。アベは欧米では総スカンです。日本のみがずれている。


tak***** 2017-06-01 08:47:51

理やろう、そんなことする前に青山さんには謝ったのか?


fst***** 2017-06-01 07:19:30

スノーデンって
そんなに崇める様な人間だったか?
報道、ジャーナリストには
伝説の人間かもしれないが

引っ張り出す程の人間だと思うのは
ジャーナリストぐらいだろ


信長 2017-06-01 07:25:02

いわゆる左巻き文化人と言われる奴ら。日本にとってはがん細胞みたいな奴ら。


kok***** 2017-06-01 07:05:39

すでにこの法律は世界で導入済み
こういう偏った警告をしてる時点でこの人物が怪しいことがわかる
>違法に近い公安活動が一般化する
そんな根拠はまったくない
犯罪の疑いがある活動を監視しなければ違法行為は取り締まれません
誰もが監視されそれが悪用されるようね印象操作は
やましいことを企む連中の逃げるための口実


極楽とんぼ 2017-06-01 07:12:45

 全くのダブルスタンダードに「自分はロマンス、他人は不倫」かい。何度も聞いているが、わたしに対する「民間人集団による個人への監視」について回答してくれ。個人の「思想・信条」が大事なら、わたしが個人としての「思想・信条」により行った言動(一切、法にも社会常識にも倫理・道徳にも触れない)に対するこれらは何なんだ? そこをスルーする「ご高説」など信ずるに値しない!!! 軽蔑には値するがね。


mak***** 2017-06-01 07:49:19

なんかこの法案に反対する人って皆どっかに傷もってそうな奴らか、後ろめたいことしてそうな奴らばっかりだな。


ugg***** 2017-06-01 11:45:23

共謀罪がもっと速く成立してたら、外国人組織に日本人拉致されることも、ヤクザが堂々と看板掲げて活動するような状況も無かったんじゃないかな?


yuz***** 2017-06-01 08:03:36

監視社会は怖い
出会い系バーに通った回数まで官房長官が
知っているんだから。


サクラチッタ 2017-06-01 08:34:25

賛成派は理由もなく、警察や裁判所は大丈夫だと言う。法的なしばりが
ないと、勝手なことをしても許される、ということを分かってない。

共謀罪の成立によって一番危ないのは、そうした「勝手な」監視によって
人々の人権が侵害されることなのに、その危機意識が低い。困ったものだ。


att***** 2017-06-01 07:44:55

脅されて節を曲げるようなヤツは政治家にならなければいいだけのことでは?
青木さんが留学してた大好きな韓国には情報機関あるよね。


gbx***** 2017-06-01 08:10:48

共謀罪は要りませんよ。


南無阿弥陀仏 2017-06-01 14:55:51

自民党支持者はこういった己に都合の悪い事実には反射的に反発をする。


eir***** 2017-06-01 07:01:48

*このコメントは削除されました。


manbo11 2017-06-01 10:50:07

左寄りの何でもかんでも反対するのも問題だが、共謀罪に反対する人を揶揄する連中って、自分は対象にならないと考えているおめでたい人。
別件逮捕しかり、権力は突然襲ってきますよ!
これまさに平和ボケ。
昔の憲兵さんとか調べて見なよ。
全く同じ事が起こるよ。
怖い怖い!


kai***** 2017-06-01 07:30:59

*このコメントは削除されました。


kusai 2017-06-01 08:48:04

変な薬飲んでる?


fgd***** 2017-06-02 00:52:59

無知な家畜故
自由に困惑、外に恐怖し
カルト共の作る
無意味な柵、檻に安堵する

選ぶ知能が無い故
世襲を望む

所詮アジアは左右宗教問わず
自由や民主主義を
理解出来ない‥
性に合わない‥と放棄する

日本は違う‥
勘違い、大間違いも束の間
押し付けられた‥と
形状記憶合金のよう
周辺狂国と同化
めでたく大日本糞に戻っていく

所詮与えられた
ナンチャッテ自由、民主主義
たった1度の革命さえ
成し得ない未熟な後進国

アベ自民はその証


ham***** 2017-06-01 07:31:52

ここに書き込みするヤフコメ民みたいなニート連中には関係しないから好き放題書くよね。
ただ一般常識のある人はこの法律に危険性があると認識するのが普通です。


n00***** 2017-06-01 07:10:20

この本読んだよ。
特定の人物の過去の言動、行動、所在をその人物が
所有していた歴代の携帯情報からさかのぼって掘り出して
材料にできる時代だとよ。
前川・前事務次官が風俗に行ってたみたいな。

特定秘密保護法、共謀罪で国民の人権が奪われて
国家の権力が増大する。

日本もロシア、中国みたいになるよ。


ktl***** 2017-06-01 07:11:55

創価の皆さん平和を望んでないんですか?

◆「治安維持法の下で創価学会の初代、2代目の 責任者が投獄され、初代会長は獄死したという歴史をどう受け止めてるの?
公明党はナゼ反対しない???

牧口常三郎・創価学会初代会長が治安維持法による弾圧で獄死させられた経験を 思い起こして欲しい」

//www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/518.html

戦前、創価学会を率いた人たちが治安維持法でどういう扱いをうけ、
どうやって死んでいったかを考えたら、
共謀罪に賛成できるはずもない!
所詮は始まりを忘れた奢った政党になっただけのこと。

信者さんたちの言われなき逮捕も近い未来の話になった!

プロレスしかできない信用ならない党だねぇ!
こんな党を支えているのが
毎日毎日必死に働いている創価のおばちゃんたちなんだからかわいそうだね


焼肉用礼費act3 2017-06-01 07:10:25

友人を選ぶこった。俺みたいに反権力思考を表に出して日常生活を送っている人間なら、無視したり、差別したり、見下したりしてとばっちり喰らわないようにできるかもしれんが、ネトウヨの友人らが原発反対、自衛隊海外派兵反対を陰で言っていたら、とばっちりで監視対象だからw。

こうなると、ネトウヨはネトウヨ同士でつるむしかないね。とばっちり食らいたくないなら。お前のせいでー!、お前何やってんだー!、近寄るな!、自分の子供にあの子とは遊ぶな、の疑心暗鬼、差別増進社会ww。






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ