なぜ もし 理由

【吉田裕】なぜ日本人はこれほどまでに天皇を「尊敬」しているのか 昭和は「無感情」が一番多かったが…

2017-06-01 12:20:02


 昨年8月の明仁天皇による「おことば」の発表以来、天皇制に関する関心は以前にも増して高まっている。とはいえ、天皇制が存在感を高めてきたのは、この10数年の一貫した傾向であると思われる。

 それはNHKが5年ごとに行っている「日本人の意識」調査から、知ることができる。この調査は同じ質問、同じ方法で世論調査を行っており、まさに「日本人の意識」を定点観測的に理解できるデータである。

 1973(昭和48)年に第1回の調査が行われ、直近では2013(平成25)年に、16歳以上の5400人に対して第9回目の調査が行われた(https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/140520.pdf)。

 そのなかに、「あなたは天皇に対して、現在、どのような感じをもっていますか。リストの中から選んでください」という質問がある。

 それに対する回答として、「尊敬の念をもっている(以下、「尊敬」)」「好感をもっている(以下、「好感」)」「特に何とも感じていない(以下、「無感情」)」「反感をもっている(以下、「反感」)」「その他」「わからない、無回答」という項目があり、回答者はこのなかから1つ回答を選択する。

 調査結果の推移を見ると、1973年の第1回調査より昭和の時代(1988年の第4回まで)は一貫して、上位から「無感情」→「尊敬」→「好感」→「反感」の順であった。その数値を具体的に見てみると、「無感情」が43~47%、「尊敬」は約30%、「好感」は約20%、「反感」は常に2%といったものである。

 1970~80年代、天皇制は「地盤沈下」の時期を迎えていた(渡辺治『戦後政治史の中の天皇制』青木書店、1990年)。日本社会は「政治の季節」から「経済の季節」へと転換しており、企業を中心とした社会が成立し、それに基づく経済問題が社会の中心的な関心にあった。

 そうした状況のなかでは、天皇制の存在価値も低く、注目度もそれほど高くはなかったのである。1950~60年代は明仁皇太子や美智子皇太子妃の個人的人気(例えば、ミッチー・ブーム)などに支えられ、マスメディアでも多数の報道がなされたために人々の天皇制への関心は高かった。

 しかし、それは長くは続かず「飽き」が生じ、天皇制は急速に人々の関心を失っていくのである(河西秀哉『明仁天皇と戦後日本』洋泉社新書、2016年)。

 しかもこの時期、天皇の地位を「象徴」から「元首」にしようとする自由民主党の憲法改正の動きも、基本的にはなくなって象徴天皇制は定着する。こうして、政治上の中心的な関心からも天皇制はこぼれ落ちることとなった。

 だからこそ、この時期の「日本人の意識」調査では「無感情」が最も多かったのである。人々は天皇制よりも、経済や消費などの活動に傾注していく。

 この時期の調査で「無感情」に次いで「尊敬」が多いのは、象徴天皇制への意識というだけではなく、昭和天皇個人への人々の感情とも見ることができる。70~80代となった天皇は即位から50年ほどを経、その存在感が人々に認識されていたのではないか。

 また昭和の時期も調査を経るにしたがって、次第に「尊敬」が減少している(33%→28%)。戦前から戦中の間に教育を受けた世代が次第に減少し、「象徴」としての天皇しか知らない若い世代が増加したことがその要因かと思われる。

 そしてこうした層が「無感情」と答えたのではないだろうか。

コメント数 17 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

翠風亜鈴@いるか 2017-06-01 12:04:53

それは…陛下の心遣い、お気持ちが分かるからです。常に日本国民のことを考えていらっしゃるから


cob***** 2017-06-01 23:06:30

その通り。


nao***** 2017-06-01 12:05:00

天皇陛下は日本の象徴、日本そのものです。
チョ*ンコや左翼による皇室破壊や皇室乗っ取りの陰謀から守らなければならない。


moss-hear 2017-06-01 12:06:22

「明仁天皇」は違う。


her***** 2017-06-01 12:06:49

陛下を敬うのに理由が必要なのか
ふざけた書き方は控えて欲しい


ch_**k**iichije 2017-06-01 12:08:43

俺も記事を書いてやりたいな。
タイトルは

「なぜ日本の鱒53はこれほどまでに天皇を「蔑ます」のか 昭和は「無感情」が一番多かったが…

又は

「なぜ日本の一部国会議員はこれほどまでに天皇を「蔑ます」のか 昭和は「無感情」が一番多かったが…

で。


sas***** 2017-06-01 12:09:55

*このコメントは削除されました。


stu***** 2017-06-01 12:12:47

*このコメントは削除されました。


gpl***** 2017-06-01 20:24:19

あなたの言うことももちろん一理あります。一つの考え方といえばそれまでですが、結局は意見の相違でしょう。別に考えを押し付けるわけではありません。
あなたの考え方は「人は皆平等であるべきだ」ということのようです。もちろん異論はありません。ですが、それは不可能です。どうしたって生まれながらにしてある程度の人生は決まってしまう。自分一人で道を切り開ける人などは極々少数です。イチローにしたって、(イチロー少年の練習に毎日付き合った)お父さんがいなかったら、今頃なにをしていたかはわかりません(イチローはもちろん凄いと思いますよ)。天皇制だけを批判するのは不自然だと思いますよ。


stu***** 2017-06-01 22:06:49

不可能でもなんでもない。日本国民が天皇制は不要だということに気づけばいいだけ。それだけで少なくとも、天皇という身分制度、不条理な差別はなくなる。
生まれながらしにして決められているのは、才能や豊かさなどであって、身分ではない。身分は、努力や環境によって決まってくるもの。生まれつき決められているものではない。


gpl***** 2017-06-01 22:58:32

身分とは地位や職業のことです。仮に天皇制が廃止されたとしても、社長の子供は社長になる確率が高いまま、医者の子供は医者になる確率が高いまま、会社員の子供は会社員になる確率が高いまま、そして低所得者の子供は低所得者になる確率が高いままであることは明白です。これは不条理ではないのですか?差別ではないのですか?先ほどから私が言いたいことをまとめると、天皇制だけを批判するのではなく、資本主義も批判するべきだということです。
それに、民主主義である以上、国民の大多数が天皇制が不要だと思うときに天皇制は廃止されるでしょう。その時が来るかは私にはわかりません。言論の自由は保証されているので、あなたはこんなところではなく、声を大にして主張するべきです。多くの障害(例えば私)が待ち構えていることでしょう。が、あなたの考えが正しいならば、多くの人が賛同してくれるはずです。
追記 私は疲れました。


sat***** 2017-06-01 12:14:11

ヒュンダイにはわからない、日本人の心理だな。
テロリストを崇拝する人間とは未来永劫分かち合えないわ。


s***** 2017-06-01 12:19:28

陛下の国民を想うお気持ちが、深く浸透しているからではないでしょうか


sei***** 2017-06-01 12:20:55

*このコメントは削除されました。


gra***** 2017-06-01 20:59:28

国のカシラが政治家である場合は、政治闘争の結果としてその地位に就くわけだから、必然的に反対派が存在することになる。
反対派は常に自分が取って代わろうとするから、現カシラは尊敬の対象とはなりにくい。むしろ悪し様に罵りの対象となることさえある。

天皇という存在は、幸か不幸か政治的な実権を握っていられない時代の方が長かったので、政治闘争とは無縁の存在として、超然としていられる。実権を握る政治家は闘争に敗れて入れ替わっても、国のカシラは変わらない。確かに現実には、具体的な天皇の地位については、政治家が様々な介入をしたのだろうけど、天皇が国のカシラだというところは変わらなかった。
1000年以上の長きにわたって天皇を国のカシラとしてきたのだから、日本のアイデンティティは深く天皇という存在と結びついている。
その役割に身を捧げる覚悟を国民が感じているからこそ、今上陛下は尊敬されているのだと思う。


thi***** 2017-06-01 12:34:17

無条件に尊重するよう仕向けられているから。最も今では個人が調べればいろいろわかるけど。北朝鮮やロスチャイルドとのつながり、田布施システムなどいろいろ。


kur***** 2017-06-01 12:24:02

*このコメントは削除されました。






コメント数 ランキング












新着ログ