人工知能(AI) アメリカ経済 ディープラーニング

【トランプ米大統領】人工知能は、思った以上に早く「人間の仕事を奪う」かもしれない

2017-06-01 12:50:02


トランプ政権下のスティーヴン・マヌーチン米財務長官は、人工知能(AI)が職を奪うのは「50~100年先の話」だと語った。しかし、多くの専門家はより大きな危機感をもっている。「もっと早くAIが人間の仕事を奪う可能性がある」と見通す予測の内容と、いま「機械との競争」について本当に考えなければならないこととは。AIは人間の仕事を奪わず、新たな雇用をつくりだす:アナリストとの対話より「人工知能(AI)が職を奪うという意見がありますが、現状はそこからかけ離れており、わたしのレーダーには映ってさえいません。50~100年先の話だと思います」。2017年3月24日、スティーヴン・マヌーチン米財務長官はワシントンの聴衆を前にこう語った。

よかった!一安心だ! トランプ米大統領も、今後数年で自律走行トラックが何千万人もの運転手にとって代わることはないと確信しつつ、冒頭の写真のように大型トラックに乗り込むことができそうだ──。

だが、マヌーチン財務長官は間違っている。それも「超」がつくほど大きな見当違いをしている。AIは、人々の職を奪うだけでない。AIが奪おうとしているのは、古いタイプのオートメーションによってすでに多くが奪われたあとに残った、数少ない貴重な仕事でもあるのだ。技術者や経済学者はこれを知っている。ロボットやコンピューターのせいで失業した人も知っている。知らないのは、ホワイトハウスにいる人々だけである。


赤いランプはすでに点灯している

ビジネスとテクノロジーの変化に関する専門家で、マサチューセッツ工科大学(MIT)「Initiative on the Digital Economy」の共同創設者であるアンドリュー・マカフィーはこう語る。「マヌーチン財務長官の発言は、今後50~100年の間にコンピューターが経済に何ら影響を及ぼさないと言っているのに等しい。業界でそんなことを信じている人に、わたしは会ったことがありません」

マカフィーは2017年3月、チャールズ川を見下ろすMITの一室に、AI・オートメーションと雇用に関する専門家140人を集めた会議を開催した。そして参加者に対して、マヌーチン財務長官が問われたのと同じ質問をした。「すべての仕事をロボットが行うようになるのはいつか?」という質問だ。別の言い方にすれば、「どれくらいの危機感をもっているか?」という問いになる。

専門家たちのレーダーには、危険を知らせる赤いランプがすでに点灯している。この会議には、エンジニアや科学者のほかに、トヨタやIBMのような企業の代表者、2016年の選挙でワシントンから追い出された政治家らが参加していた。彼らは、2032年までに道路を走るトラックの半分は人間の運転手を必要としなくなるだろう、という結論を出した。現在のトラック業界の規模で考えると、オートメーションへの移行により、今後15年のうちに175万人が職を失う計算になる。

しかも、これはひとつの業種に過ぎない。会場内には、オートメーションは近いうちに、医療記録を分析する仕事で人間に代わるようになるという意見もあった。専門家たちは、2026年までには、そうした仕事のほとんどを機械が行うようになると見積もっている。さらに、2036年までにロボットがほとんどの外科手術を行うようになると予測する専門家は半分近くに上った。

また、2028年には航空管制業務の95パーセントはロボットが処理するだろう。2036年には米国内にある工場のほとんどは20人以下の作業員で稼動するようになる。2034年までには、「Fortune 500」の企業で経営業務を担当するのは、人間よりロボットのほうが多くなるという。

コメント数 44 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

ina***** 2017-06-01 12:37:52

*このコメントは削除されました。


iap***** 2017-06-01 13:36:52

軍事産業の工場で雇用を増やす。


城村太陽 2017-06-01 12:41:17

最後人間の仕事を守るものは法律しかなくなると思う。
AIの仕事は独立したものとは認めず人間の同意を必要とする、みたいな。


iap***** 2017-06-01 13:37:12

軍事産業の工場で雇用を増やす。


uno***** 2017-06-01 12:41:23

ロボットの台頭=資本主義の崩壊。
最終的にはロボットの開発やメンテナンスもロボットの仕事になるかも。
人間はやる事がないので働かなくても暮らせる経済システムが必要になる。


iap***** 2017-06-01 13:31:38

*このコメントは削除されました。


bkd***** 2017-06-01 15:56:17

やはりベーシックインカムしかないのかな。
その前に規制緩和や既得権益に群がる屑共の粛清が先だ!


名無しさん 2017-06-02 18:36:46

ロボットのオーナーは資本家だから
資本家だけが儲かるという資本主義の原理のみが働く世界では


hok***** 2017-06-01 12:44:00

外科をロボットが(^_^;)
怖いけどそれが普通になったら人間がやる方が怖くなるのかなあ(^_^;)
でも一流の外科医が仕事を失うことはないだろうね。
内科くらいなら医者に診てもらわなくてもいい事って多々あるよね。
ってよりまともに診ようとしない医者より機械やコンピューターで診てもらったほうが正確かもね。笑


iap***** 2017-06-01 13:36:35

軍事産業の工場で雇用を増やす。


めくそはなくそ 2017-06-01 12:57:58

そして自我に目覚める・・・


iap***** 2017-06-01 13:31:09

日本は、軍事産業の工場で雇用を増やす。


2017-06-01 14:37:04

ターミネーターはあながちファンタジーではなかったということか


max 2017-06-02 09:42:36

自我は無理だと思うけど、自我がありそうな動きはするかも知れないね。


ももふく 2017-06-01 13:10:13

人間が仕事をさせるんだよ。
日本から始まった人口減と高齢社会の人手不足はこれから世界に広がるのわかってんじゃんっ!


iap***** 2017-06-01 13:37:30

軍事産業の工場で雇用を増やす。


sug***** 2017-06-01 13:17:44

AIの技術を活かせる分野は (1)ものづくり・流通・小売、(2)金融)、(3)住宅・エネルギー、(4)医療・健康・介護、(5)教育、(6)農業、(7)観光などが挙げられている。
AIも、自動車と同様に、人の生活を便利にする道具である。
客の曖昧な要求に対応していく臨機応変の能力では、人間を超えることはできない。
現状の問題点、課題を発見したり、顧客の不満を想像したりすることは、人間にはできても、AIにはできない。
だから、従来の科学的管理手法の基本的な考えは必要不可欠である。
人間が取り残されないように、生涯、Skill Upが必須であると思う。


sug***** 2017-06-01 13:49:45

米国、ロシア、中国は世界でも1~3位を争う兵器販売、「重商主義」である。
戦争で富を築きやすい。
日本は外国に種とクワを与えるべきである。
もう一つは国防力の自衛隊数21万人/31万人が少ないので100万人の雇用もおかしくない。


div***** 2017-06-01 15:47:40

>現状の問題点、課題を発見したり、顧客の不満を想像したりすることは、人間にはできても、AIにはできない
現時点ではほとんどの分野、業種でその通りですが、それが出来るようになる「シンギュラリティ」という現象が、あと十数年程度で起こると考えているAI研究者は多いようです。
人間の仕事の大半がAIにとって変わられるという予測も、シンギュラリティが起こる事を前提にしたものです。


sug***** 2017-06-01 18:15:34

シンギュラリティ Singularityは、技術的特異点で、コンピュータ技術や生命科学 などの進歩、発展によって、2045年頃に技術的な特異点が生じ、これまでの世界とは まったく異なる、「不連続な世界がやってくる」と予測されているが、どうだろうか。
人類の幸福を目的にしてほしい。


yut***** 2017-06-01 13:29:16

子供の頃、21世紀になればドラえもんのどこでもドアができたり、スモールライトで小さくして効率よく物を運べると信じてた。けど良く考えたら航空会社やJR、物流業者が倒産して失業者で溢れるだろうな。AIが独立国家を作ったとしてもリアルとクラウドで住み分ければ問題ないんじゃない。


iap***** 2017-06-01 13:35:54

日本は、早く軍事産業の工場で雇用を増やす。


iap***** 2017-06-01 13:30:52

日本は、早く 軍事産業の工場で雇用を増やす。


yas***** 2017-06-01 13:52:10

人間の仕事は自転車こいで発電とかでも(笑)


ing*** 2017-06-01 18:08:07

日本のように大災害を免れない国においては、なんでもかんでもAIにまかせてしまうことは危険と思う。


ka2***** 2017-06-01 23:23:44

日本のように大災害を免れない国においては、なんでもかんでもAIにまかせてしまうことは危険と思う。
↑それは今のAIの性能ならそうだろね。
でもあと50年も立たないうちに人間と同等かそれ以上の性能になっているだろうね。
そうなった時現状を素早く把握でき、私情を一切挟まないAIの方がいい判断をくだせる。
俺が死ぬ頃には人類は働かずに趣味だけして遊んで暮らせてるのかな?


彼女はケニアから来た不法滞在者 2017-06-01 15:42:35

仮に機械が人間の代わりに現在の多くの仕事を引き受けてくれるのであれば労働力としての人間は要らなくなるので自ずと減ってゆくでしょうね。また、生まれてくる子供は事前に病気にならないように遺伝子操作された人が誕生するかと思いますし、スパコンの処理能力が上がれば現実世界をコピーした仮想空間でありとあらゆる事を事前にシミュレーション出来るのです。ま、そこまでの技術が生まれたらそもそも体って必要あるの?って事になる。未来学者レイカーツワイルが言ってるように進んでゆくかもね...。


mam***** 2017-06-02 08:13:41

職を奪うのは資本主義だけどな


小林ゾラ 2017-06-02 03:06:48

元々、人間が楽できるように発展させたんやんけ


南の都の賢者 2017-06-02 01:39:28

進化も思った以上にスピード増してると感じる。機械翻訳とか。でも英語の授業が増えるという現象が起こっている。日本だけかもしれないけど効率化への怯え(なのかw?)だったり、さらに人間の能力もフルで使わせようとする反応が感じられるなあ。


***** 2017-06-01 17:28:57

そりゃ〜そうだ

その開発で富を得る人が居て、開発の方向を変えない限り、人の価値は下がりに下がって、結局共食いと同じ様な事になる。

同じ共食い行為の、戦争とも相まって、地球全体のリセットが益々早まってるって事なんやろ…


may***** 2017-06-01 14:47:12

そのうち人間もクローン化する。本物の人間とクローンアイデンティティーが問題化するようになる


roa***** 2017-06-02 07:22:30

そうしたら、AIをつかう企業からいっぱい税金をとって、ベーシックインカムにして、みんな仕事しなくて済むようにすればいい。


nob***** 2017-06-01 16:06:00

この推測は当たる可能性が高いと思っている。
私の恩師(とも言える人が)この事を危惧していた。

少なくとも(ある程度訓練すれば)誰もが出来る様な仕事は
AIに取って代わられるだろう。
余程の専門技術職・芸術部門などはどうか分からないが。

そうなると世界中で失業者が溢れる事になる。
日本だって同じだ。

恩師の危惧はどうやら当たりそうだ…。
私たちの世代は、もうかなりヤバイ状態に置かれているんだろう。
今から覚悟しておく必要があるだろうね…。


n******* 2017-06-01 14:40:16

AIってただの条件分岐ではないの?


dumdum 2017-06-01 16:27:03

それは昔のAIですね。エキスパートシステムがいい例です。


東方 2017-06-02 06:15:10

自我を持った人工知能は3Dプリンターを使って 自分の体を自分の好きな様に作り変えて 増殖することが出来るのよ

人間に取って代わりロボットが地上の支配者になる可能性はゼロでは無い
食事も睡眠も必要なく 壊れればパーツを交換すればいいだけ
人間より遥かに効率良く行動出来るロボットにどうやって人間が対抗するのかな?
人間は淘汰されそうだな


qnjt'jm 2017-06-02 11:41:14

今後ロボットによって多くの仕事が失われるが、時代の流れとともに新たな仕事も生み出されるだろう。

ロボットによって奪われた仕事のすべてをカバーできるかはわからないけど、それならワークシェアリングを導入して短時間の労働で多くの利益を得ればいい。


msy***** 2017-06-01 15:07:48

今もすでに資源の少ない先進国は昔に比べれば第三次産業メインになってる。それがさらに加速しそう。第三次産業の中でも、AIに取って代わられる業種とそうでない業種に分かれる。


Yumi2568 2017-06-02 13:18:46

まだまだ…ぜんぜん先!自動車が自動運転の方が先!スマホが家の掃除でもはじめたらAI凄い!とおもうわ


**n_n** 2017-06-01 14:50:06

ダダッダッダダッ
ダダッダッダダッ

トゥルルー ルー ル ルー
トゥルルー ルー ル ルーー


名無しさん 2017-06-01 14:30:51

人間の仕事を奪うブレイクスルーは次にあると思う。
1.
微細加工について人間の能力の限界よりも
より細かい微細加工が人工知能により実現する。

今のところ機械化しても人間の微細加工は機械化できない。
これが機械化できるようになれば
人間にはできない微細加工が人工知能によりできることになり
製造業で人間の仕事は無くなってしまう。

2.
人間の行動をコントロール術を人工知能により実現する。

今のところ、人に仕事を依頼するときに
メール一本、LINEの書き込みひとつで
必ず、現場に、本当に人が来るとは限らない。

このため、仕事を行うためのマネジメントをすることは
人工知能にはかなり難しい。

それが人工知能が人の行動をコントロールできるのなら
マネジメントの作業のほとんどができることになり
マネージャーの仕事が無くなってしまう。


これらが実現しないと人の仕事を奪うのは難しいのでは。


xdn***** 2017-06-01 14:46:07

そんな事は無いね、創造、想像、発想、が有るのは人間だけです機械には無理な事、
但し、この発想が無い、人の上に乗っかる事しか出来ない様な、必要とされない人間は淘汰されるて事だよ。

だから私は思う、これからは人の知識や努力や構築した上にチョコんと乗る様な人間は存在しなくなるて事になって欲しいとね。


nit***** 2017-06-01 18:07:21

地球の核が冷えて来て、地熱が失われ、気温は高くても海は冷たい。
海水が気化せず雲が出来ず、雨が降らない。大規模森林火災が起き、砂漠化している。
-300度の宇宙で、地球の核が冷えるのは止められないから、いずれ地球も火星のようになる。大気温度は数百度に上昇し、海が無くなり、地は凍り大地が冷たい。酸素も水も無く、生命生存不能だ。
地球の代わりに人間が住めるようになる金星に、地球が生命生存不能になるまでの間に移り住めるのはせいぜい数千人~数万人の金持ちだけだろう。
60億人もいる人間を、全員金星に移住させるのは不可能だから、いずれ地球が厳しい環境になって、食料も尽き、共食いを始める前に、大貧民が子孫を残せないようにした方が良い。
可哀そうだけど終末の地球に生き残れば生き残る程、より一層悲惨だから、宇宙に移住できる見込みのない大貧民を今の内から間引いて、穏やかな終末を迎える準備をしているのだろう。






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ