インターネット業界 コスメ 美容

【名前 由来】ちふれ化粧品「女磨き」広告削除…批判が集まったワケ

2017-06-01 07:40:01


ちふれ化粧品が23日にヤフージャパンに掲載した広告企画に批判が集まりました。

「時短美容で女磨きを始めましょう」「仕事、家事、育児…。いつの間にか『女磨き』をおろそかにしていませんか?時短美容を活用すれば、忙しい日常と女磨きはちゃんと両立できるんです」という謳い文句で、「女磨きレベル」診断で自分の状態を客観的にチェックしてみようとの企画でしたが、26日、ちふれ化粧品は「多くの方に不快な思いをさせた」として謝罪し、広告を削除しました。ちふれ「お詫びとご報告」文書を見る


ブランドイメージとの違いに反発

ちふれは、1947年に誕生した化粧品メーカーで「高品質・適正価格」を掲げ、手頃な価格で大手スーパーなどで手に入れられる化粧品として支持を集めています。そんなちふれに対し、この広告の掲載直後からネット上には批判の声があがりました。

「女性は女磨きをしなくちゃいけないの?女磨きができないのは怠慢なの?」
「ええー…ちふれって、そういうブランドじゃないと思ってた…こういう、他の女性向け商品がやりがちな『女追い詰め商法』って、本来のちふれの理念からかけ離れたものなんじゃないの…?」
「仕事家事育児でへとへとな女性はどう感じるでしょうか。ちふれにはそんなことを言って欲しくなかった。悔しいのです。」
「ブランドイメージを大事にしてほしかった」

石井克昌(法廷画家)
総攻撃ですね。女性がちょっと意識しすぎじゃないですかね。適当に流しちゃっていいんじゃないですかね。

森翔太(映像作家)
こういうの定期的にあったりしますが、今回はこの化粧品を使ってる層がちょっと怒ったというか。

速水健朗
自分たちが知ってるちふれのブランドとは違うことをやった。そこに対しての怒りだとするとまあちょっとわかるかな。久下さんは使ってますか?

久下真以子アナ
マニキュアとかアイブローとかは安いから買ったりしますけど、ちふれ化粧品はドラッグストアとかスーパーとかに置いてあるようなお手頃なものというイメージ。

速水
化粧品ってお金かける人はかけるんですけど、そういう人たちは買わないブランドなんですよね。むしろ安くて、もともとちふれって「全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)」というお堅い名前が由来。「そういうブランドが、急に『女磨き』とか言うのは違くないですか」というような、ブランドイメージを損ねる広告だった。


アメリカのミュージシャンのボブ・ディランが、最初はフォークやってたんですよ。でもエレキギターをライブで使ったらめっちゃブーイングされたんですよ、裏切ったみたいなことを言われたりして…いいたとえじゃなかったかな(笑)

速水
いいんじゃないですか。フォークって資本主義とかに対抗するもので、それをロックみたいな商業主義に走りやがってみたいなことで批判されたのと一緒かもしれない。


以前「UNAKO」(鹿児島県志布志市のPR動画)が、うなぎを少女に擬人化して男性が飼育するという内容で批判されたことがあったんですけど、あれを少し想起させる。

速水
碧志摩メグ(三重県志摩市の観光PRキャラクター)とかも、地域おこしでキャラクターを作る中で萌えキャラにしたら批判されて、炎上しやすいからやめましょうみたいなことになった。学ばなきゃいけない部分と、表現に対して尻込みする状況のちょうど中間に置かれているような問題が多い気がする。

コメント数 12 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

vscon 2017-06-01 06:55:37

女性客の怒りを男性が何わかった事言っているのだろう。化粧品は夢を売ってりゃいいのに、磨いている女は、でもって言ってはいけないとか、昭和時代ではない。どうせ、男が作った宣伝だろう。


Nao.a 2017-06-01 07:25:47

磨かない女達のデモ、ストライキがそこにあった。


kgc***** 2017-06-01 08:01:18

「おろそか」と言われると「面倒くさがってサボってる」と責められてる気持ちになるよなぁ…「何もかも求められる時代に化粧まで完璧にやれってか!」と怒りたくなる気持ちはわかる
「家事に育児にお仕事に…化粧くらいは時短しましょう!」みたいなフレーズにしとけばよかったのにね


ma***** 2017-06-01 08:11:46

女磨きをしない女性に一番厳しいのは
男性ではなく、女性磨きをちゃんとしている人。


ten★***** 2017-06-01 08:19:38

私は女磨きサボりまくりだけど
責められてるなんて感じないよ。
そんなことで目くじらたてなくてもいいのに。


kuj***** 2017-06-01 08:46:54

これは男女の感覚の違いもあるのだろうか?

そんなに目くじら立てることか?と感じたけど。


ski***** 2017-06-01 09:07:50

女磨きはしたい人がすればいいのでは?
身だしなみや清潔感と違って、趣味の範囲だと思います。


mwj***** 2017-06-01 09:27:47

*このコメントは削除されました。


nan***** 2017-06-01 09:36:32

世の中にはお化粧やおしゃれを「する派」「しない派」がいます。

このする派には「したくてしてる」「したくないけど世間体のためやむなく」がいます。
後者は聞いていてつらいでしょう。

お化粧をしない派でも「したくないからしない」と「したいけどできない」がいます。
後者は、肌の状態、環境、経済的、色んな事情でできません。

私は肌が弱いため、したいけど出来ない派です。

けれど世間体のため、せざるを得ません。
スキンケア商品でさえ肌を荒らし、痛みがある女性もいます。

夫の稼ぎが少ないために必死で働き家事も育児も頑張ってる妻が夫に
「たまには女磨きしろよ」
って言われたら、苦しいだろうなぁとも思います。
無神経な夫なら、こういうフレーズ拾って、糟糠の妻に言いそうだし。

そういう事を想定したら、私がここの社員なら、こういうフレーズは「ヤバい」って思います。

クレームまではしないけどね。



new***** 2017-06-01 16:55:22

*このコメントは削除されました。


nan***** 2017-06-02 09:13:43

適当に流せばいいものを。そんな暇あるんですかね>

過去にめちゃくちゃ忙しい時は、そんな暇なかったし、仮に暇があったとしてもクレームはしないでしょうが。

必死に頑張ってる人ほど、カッチーンって来るんじゃないですかね?

夫の稼ぎが少ないために必死で働き家事も育児も頑張ってる妻が>

確かに余計かもしれませんが、いまだにオッサン世代は「妻子を養えない給料で妻を働かせて、妻に専業主婦並みの家事と育児を望む」んですよ。
もちろん、みんながそうだとは言いませんが、なまじバブルを経験し、そこから給料だだーっと減った、オッサン世代は、「俺のお母さんはやってくれた」って言い出すんですよ。

こういう男が一部だって言うのはわかっていますが、こういう男が自分を棚に上げて妻に余計な事言ったりするので、言われたらムカついて、八つ当たり的にちふれにクレームしちゃうんじゃないですか?

どっちもどっちですが。


yu***** 2017-06-01 10:04:30

ちふれは気軽につかえてお手頃なわりには高品質。ナチュラルなイメージが強いので、女磨き等いわれると、どうしても美魔女を想像してしまう。
美魔女は時間もお金もかけて、セレブ感満載。
家事、育児、仕事に追われる主婦にとっては、「そこまでしないといけないのか?」と思ったのかもしれない。

しかし、クレームにまでなるとは。






関連記事







できる人の“Google検索テクニック”とは(@IT)
コメント数 10   2017-08-26 12:20:01






コメント数 ランキング












新着ログ