トム・クルーズ ミッション:インポッシブル(シリーズ) シルベスター・スタローン

【トム・クルーズ トップガン 続編】F-14イランでのみ現役のワケ 絶滅寸前「トムキャット」、独自改造重ね「固有種」へ?

2017-06-01 06:50:01


 メディアが2017年5月23日(火)に伝えたところによると、1986(昭和61)年に公開された映画『トップガン』の続編が来年にも製作開始されるそうです。かねてより『トップガン2』が制作されるという噂はありましたが、前作において主人公のマーベリックを演じたトム・クルーズさんがこれを認めたとのことです。熱烈なファンが多い作品だけに、待望の次回作となるかもしれません。この記事の画像をもっと見る(82枚) 前作『トップガン』にてマーベリックの乗機となったのは、アメリカ海軍のグラマン社製F-14「トムキャット」艦上戦闘機でした。映画公開から30年が経過するいまもなお、F-14はとてもカッコいい機種として大人気ですが、現在F-14はどのような境遇にあるのでしょうか。

 結論から言うと、F-14は2006(平成18)年にアメリカ海軍から全機が退役してしまいました。F-14は、試験において200km先の目標を撃墜したことさえある長射程AIM-54「フェニックス」空対空ミサイルの搭載能力を持ち、デジタルネットワークによる戦術情報の共有が可能であるなど、2017年現在の水準においても非常に高い性能を有する「艦隊防空戦闘機」でしたが、1991(平成3)年のソ連崩壊による冷戦の終結後は、とびぬけて強すぎるアメリカ海軍とF-14の敵となる存在が消えてしまったため、その活躍の場がなくなってしまったのです。

 ですがF-14唯一の輸出先となったイラン空軍においては、いまだ現役です。イラン共和国といえば、アメリカとは非常に険悪な関係であったことが知られる中東の大国です。










アメリカ海軍のF-14は2006年に全機が退役。「トムキャット」は「雄猫」の意(画像:アメリカ海軍)。





なぜイランでのみF-14が現役なのか

 現在でこそアメリカ・イラン関係の改善は進んでいますが、そのイランがなぜF-14を持っているのかというと、1970年代当時、「イラン帝国」と呼ばれていたころは親米的な政策を堅持していたからです。

 1970年代、イラン空軍次期主力戦闘機の主要候補はF-14とF-15でしたが、帝国の支配者であったシャーハンシャー(「諸王の王」、すなわち「皇帝」を意味する称号)、モハンマド・レザー・パフラヴィー(パーレビ国王)自ら渡米し両機を調査、最終的にはレーダーやミサイルの性能に優れるF-14が勝者となります。

 またモハンマド・レザー・パフラヴィー帝は大変な戦闘機マニアで知られており「F-14は彼の好みだったので勝者となった」という面白い俗説もあります。

 そして79機のF-14がイランに引き渡されたところで1979(昭和54)年にイラン革命が発生、帝国は崩壊しイラン共和国が成立します。同年、モハンマド・レザー・パフラヴィー帝とその家族がアメリカへ移ったことに端を発する「在イランアメリカ大使館人質事件」が発生。これにより、イランとアメリカの関係は決定的に悪化し、その結果、F-14はアメリカからの技術的なサポートが一切受けられなくなり、部品の供給もストップしてしまいます。

 困ったイランはF-14を持て余してしまいますが、のちに部品やミサイルの独自国産化や技術開発をすすめ、F-14を独自に改造・改良し自分たちのモノにすることに成功。その結果、最大の見積もりで推定40機程度のF-14が現在も生き残っているとされています。

 最近では、ISISへ爆撃に向かうためにイラン領空を通過するロシア軍爆撃機をエスコートするF-14の姿が公開されており、その健在ぶりを強く世界に印象づけました。

コメント数 706 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

op***** 2017-06-01 19:40:48

トップガンの新作では、F-35じゃなくF/A-18E/Fの方が良いな。
スーパーホーネットの方がカッコイイし。


nob***** 2017-06-01 12:55:04

僕は個人的にはF16が好き。


fat***** 2017-06-01 20:15:13

100km先から159機撃墜のワンサイドゲームって凄すぎだな。

図らずもステルス戦闘機のF22とかF35とかが如何に驚異かって端的に理解できる、やっぱりアメリカ戦闘機最高だわ。

日本の心神X-2も頑張れ。


shi***** 2017-06-02 07:47:45

改造が進んでバトロイドやガゥオークに変形しないかな(笑)


spr***** 2017-06-01 15:34:09

とっても大きくて大食いなんで、広い砂漠の産油国だから生きていけるっていう、大事なとこが抜けてる。
つまり、日本には関係ないってことだけど、初デートはトップガンだった。


kan***** 2017-06-01 20:20:59

大戦略でのぶっちぎりの超射程と代償である高コストは強烈な記憶となりました






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ