【筑波大学 研究】秀吉を怒らせた千利休は切腹せずに九州に逃げていた?

2017-04-01 16:40:02


 千利休は堺の豪商出身で、それまでの豪華な茶の湯に対し簡素の境地を目指した「侘び茶」を大成した。信長・秀吉に仕えたが、京・大徳寺の山門上に自分の木像を置いたことが秀吉の怒りに触れ、自害を強いられたとされている。利休の死後、茶道は弟子らに継承された。しかし、その定説を覆す説も登場。文教大学教授の中村修也氏が千利休の「まさかの素顔」を指摘する。



 * * *
 天正19(1591)年2月、秀吉により堺に蟄居させられていた利休は、京都に呼び戻され聚楽屋敷で切腹を命じられた。その首は一条戻橋にさらされた─通説では、茶人・利休の最期はそう語られてきた。



 ところが、利休が切腹したとされる翌年の文禄元年(1592年)、九州に滞在中の秀吉は、大坂城の母(大政所)へ宛て次のような書状を書いている。



「……私は一段と元気です。昨日も利休の茶を飲んで、食事もすすみ、とても愉快で気分が良かったのです」



 前年に切腹を命じたはずの本人が、利休のお茶を飲んだというのだ。



 利休切腹説を唱えた茶道研究のパイオニア、芳賀幸四郎氏や桑田忠親氏などは書状に書かれた「利休の茶」を「利休流の茶」と解釈している。しかし、当時はまだ「利休流の茶」は流派として確立していない。利休流は養子にして女婿の千少庵が文禄3年、千家(京千家)を興すことから始まる。



 死んだ利休の茶を飲むことはできないため、「切腹」と秀吉の書状に矛盾が生じてしまう。どういうことか。 実は、利休の切腹を裏付ける史料はないのが実情だ。



 当時の公家の日記である『時慶記』(西洞院時慶)や『晴豊記』(勧修寺晴豊)には、利休が茶器の取引で不正に儲けたことが露見したため「逐電した」と書かれている。つまりさっさと逃げて行方をくらましたというのである。



 また伊達政宗の家臣、鈴木新兵衛が国元の石母田景頼に宛てた書状(『伊達家文書』)にも、「利休は行方不明であり、代わりに木像が磔にされたため前代未聞と評判となり、その木像の隣に罪状を書き上げた高札が立てられていた」とある。やはり切腹については書かれていない。

コメント数 31 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

ink***** 2017-04-01 16:22:58

単に秀吉が呆けただけだったりして。


大徳寺 2017-04-02 16:17:37

たしかに。


djk***** 2017-04-01 16:26:53

日本の歴史は闇だらけ、明智光秀ですら生きてた可能性あり。


i_i***** 2017-04-01 17:13:27

光秀=天海説は割と好きだな。


pya***** 2017-04-01 16:32:04

世の中わからんことだらけやなぁ


yobe 2017-04-01 16:39:24

諸説あり?
「さっさと逃げた」はずの利休が秀吉に茶を立てたというのに無理がないか?


gdb 2017-04-01 22:51:26

熱りが冷めた所で仲介役通して詫び入れて許されたんだろ。歴史ではよくある話。
利休の当時の政治的影響力と知名度考えると、今まで切腹云々の話が何処にもまともな資料として残ってないのも謎だったしな。


tut***** 2017-04-01 16:49:42

チンギスハーンになった義経とか、信長、秀頼、幸村、、、実は生きてた話は面白いよ。真実はもう誰にも分からんしね。


mbp*** 2017-04-01 16:52:45

会津のお城に少庵の作った茶室があった

福島って近畿地方ゆかりの名前のものがある
ホテルだと伏見とか聚楽とか
地区名だと蒲生とか加茂とか


mbp*** 2017-04-01 16:58:35

北東北はアイヌ
南東北は近畿で間違いはないな?


mbp*** 2017-04-01 17:28:48

蒲生氏郷には千利休の娘婿少庵がいて蒲生家は岩手宮城の藩主なんだから当然じゃん


mbp*** 2017-04-01 17:46:59

福島の奴らが悪さするから、伊達政宗が南部氏に宛てた詫び状(古文書)ある


i_i***** 2017-04-01 17:12:37

金を着服してトンズラした利休のお茶を楽しく飲んでる秀吉っておかしくないか?


ya 2017-04-01 17:21:59

木像の礫の話は有名だがこの話はありそうだな。あらためて墓を探してみてもいいかも。


koz***** 2017-04-01 17:23:10

タイムマシンが開発されない限りはほんとの事なんてわからんよ。


ook***** 2017-04-01 17:23:47

晩節を汚すとは秀吉の為の言葉。晩年の蛮行が酷すぎて 俺はどうしても秀吉は好きになれない。豊臣が2代で滅んだのも 秀吉の自業自得の面もあると思う。


mnt***** 2017-04-01 17:42:48

まあ確かに豊臣家が秀吉の死後にあっさり滅んだのは、秀吉の自業自得の部分はあると思いますね、弟の秀長が早世した事もありますが、秀頼可愛さに自分で築いた後継体制を自分でブチ壊しにしちゃいましたからね。


shu***** 2017-04-01 19:36:23

秀吉は、天下統一して以降のビジョンがなかったからでしょう。信長の遺志を継いで、それを敢行したのは偉業中の偉業でしたが、残念ながら統治者としては、、、、、。


sho***** 2017-04-01 23:53:59

九州てば、逃げやすい所だったんじゃない?当時はトンネルないし、外国のような扱い。島津と時の政権の関係も独特だし。


gyao***** 2017-04-02 02:46:46

千利休は切腹せずに九州に逃げていたか・・・・・
なるほど、十分に考えられることだね。


tou***** 2017-04-01 20:58:44

家康ですら
大坂夏の陣で又兵衛に殺されていて
その後の1年間は影武者だったと言う
説もある。


黒にゃんこ♪ 2017-04-01 21:38:33

ワシ、堺出身だが初耳だにゃ~♪
それはそれでロマンだにゃ~♪


yui***** 2017-04-01 17:54:36

非業の死を遂げた偉人には「実は生きていた」説がつきものだね。


baj***** 2017-04-01 22:31:34

しかし、利休切腹は、誰が言い出したんだろう?


mor***** 2017-04-02 08:50:46

利休を気に入っていた年老いた母に利休切腹の事実を隠し、ことさら利休とはうまくやっているアピールだと思ったが……。利休切腹の証拠がないとは驚きだ。


tin***** 2017-04-02 13:11:18

生きててくれてサンキュー!


alp***** 2017-04-01 23:49:24

上方の人間て何で「九州」で括るんだろうね、歴史上一体化した行政体は存在しないのに。


alp***** 2017-04-02 10:22:53

そしててめえらのとこだけはしっかり街名で呼んどいて本当ふざけてますよね。


eus***** 2017-04-02 10:55:35

幸せな人生であればよし。


shu***** 2017-04-01 19:04:55

自分の説に都合のいい資料だけ並べて、矛盾だらけの新説を唱える人が大学教授とはね。そもそも、ここで利休が生きていたとしても、歴史や茶道にも何の影響があったと言うのか?これは学問ではないですよ。


家からお金盗んでくるから虐めないで 2017-04-02 07:46:22

何だよそれ?
今まで切腹させられたと信じてたのに。






コメント数 ランキング












新着ログ