年収 人材 ライフプラン

【カルロス・ゴーン 年収】年収500万円が一気に800万円、1200万円に! 企業に広がる新たな給与体系とは?

2017-02-01 12:10:02


 たくさん残業した係長と、その上司である課長の給与水準はほぼ同じ。そんな構造があるのは、従業員の生活を守るための「結果平等」の社会構造があったからでした。

 しかし、日本でも転職があたりまえになるにつれ、結果平等の仕組みが消えつつあります。その原因は、標準的な家庭が減ってゆくとともに、様々なタイプのレアな人材が可視化されるようになっているためでもあります。

とある会社が次のように考えたとします。あなたはそれについてどう思うでしょう?

 40才くらいの社員は、子どもが大きくなってきているだろうから生活費もかかるだろう。学費だってたくさん必要だ。そして子どもが独立するのは50才過ぎくらいだろうから、若いころのようにバリバリ働けなくても、主婦の奥さんと、大学生の子ども二人を養えるくらいの給与は支払ってやろう。

 良い会社だ、と思う人が多いかもしれません。では「だから」という前提で、会社が次のように考えたとしたらどう思うでしょうか。

 40代で仕事ぶりに関わらず給与をたくさん払うんだから、その分若いうちは低い給与でガマンしてもらおう。子どもが小さければそんなに生活費もかからないだろう。
 特に20代くらいだと、まだ親許から通う人もいるだろうから、稼いでくれた分よりも少なくても良いだろう。親元から通えないのなら独身寮に住ませればいいし。ただ、給与が安すぎると他の会社に行かれてしまうだろうから、せめて横並びくらいの給与水準にはしておこう。

 これはつまり、「給与の後払い」の仕組みに他なりません。

 このような考え方は、実は多くの企業での常識でした。そして厚生労働省の賃金構造基本統計調査のような統計データを見る限り、まだ多くの日本企業ではこのような考え方が続いています。










賃金カーブと貢献度カーブ






 これをグラフにしたものが次のようなものです(人事関係の方にしてみれば、古臭さを感じると思いますが、少しおつきあいください)。

 このグラフは、戦後から高度成長期を経て広まった、日本での一般的な賃金(給与)と貢献度の関係を示しています。そしてこのグラフは3つの期間で構成されています。

 第一の期間は、入社からしばらくの間。新卒で仕事はできないかもしれないけれど、給与はそれなりに払いますよ、という期間です。

 第二の期間は、逆に貢献度が賃金カーブを上回っている期間です。仕事はどんどん覚えて会社に貢献してくれるのですが、給与は増え方はゆっくりです。

 そして第三の期間では、再び賃金カーブが貢献度を上回ります。今の貢献ではなく、過去の貢献に対して高い給与を支払う構造です。

 2000年台初頭くらいまでは多くの会社で定年まで給与が増え続けていたのもこういう考え方が背景にあったためでした。

コメント数 31 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

myf***** 2017-02-01 11:40:59

なんだこりゃ。根拠もなにもない単なる書き手の願望じゃん笑。


しまうま 2017-02-01 23:14:45

東大を中心とした数学・情報の学部生、院生の囲い込みを学会にも入り込む形でg社や、r社がすでにやってますよ?
まさにAI のためであり、新卒でも月給50万以上、年俸1000越えもあります。

代替えが効きにくい人材であり、奪い合いとなっているため当然と言えば当然ですよね。

日本だけでなく世界各国の企業や政府時代が集める国もあり、単価が高騰するのは当たり前です。


lo***** 2017-02-01 11:43:06

面白くもない上に無駄に冗長な文で途中で読むのをやめてしまった


mik***** 2017-02-01 11:55:29

また、日経の願望記事ですか?


(◉ω◉)コッチミンナヨ 2017-02-01 11:57:31

だからなんだよ


szade***** 2017-02-01 12:11:33

転職が簡単に出来る環境がない日本で、こんな絵空事書いて記事にして金もらえるなんて、日経スタイルはずいぶんと甘いとこですね。
馬鹿みたい。


oka***** 2017-02-01 12:12:42

妄想OK日経だもん。


だんぺご 2017-02-01 12:45:39

500万が800万ではなくて300万の時代になってますが?


aam***** 2017-02-01 21:22:19

東京はいいなぁ。
地方は年収300万の人だらけで、500万で勝ち組ですよ。


ウィラード 2017-02-01 23:22:51

希少価値のある人って、そんなに多いのですかね?

「私はこれが出来ます!」
という自己申告も、
実際には違う、とかありそうだし。

今のサラリーマンって、
そこまで自己研鑽しているのでしょうか?


しまうま 2017-02-01 23:23:46

給与も需給により決まってくるようになってきただけであり、正常化してきているだけですよね。

肉体労働でどれだけ大変だろうが、すぐに代わりの人材が集まり、必要スペックが五体満足で良いのであれば給与が低くなるのは自然なことです。

逆に高度な専門知識が必要で、才能の上に育成期間を要する仕事の場合には、代替え出来る人材自体が少なく給与が上がります。
その上で実績が出れば、他社から引き抜かれないためにも給与を更に上げざるを得なくなりますよね。


gir***** 2017-02-01 12:46:43

これ書いて飯食ってんのか。


khf***** 2017-02-01 12:46:53

大きな良い会社に入ったら、それなりに苦労はするけど老後まで概ね安泰だ。という時代はすでに終わっていると思う。


山崎 誠 代表取締役 社長 (高卒) 2017-02-01 15:15:32

確かにね♪


***** 2017-02-01 12:47:43

ただの個人的な願望を記事にするのか…。


t_m***** 2017-02-01 15:19:12

今の社会人は、やる気の無い若手より、バリバリ働くの50代の方が多い気がしますが。


ich***** 2017-02-01 19:08:08

うちは使えない50代が多くて困ってますけど。
てか使える50代なんかいないだろwww


ce9***** 2017-02-02 01:51:14

後から上がるなんて言っておいてその後十年の間に不渡り出して資産提携後に事業所閉鎖で退社した経験上賃金カーブなんてものは今は定年済みの美味しい世代の為にあったようなものだと思っている。その場支払いしてくれた方が今後の日本の情勢からしたら有りがたいのかもしれない。


jwe* 2017-02-01 23:31:54

うちは毎年二割アップだから、左うちわだよ。但しスタート地点がひどい位置だった。


Third Party 2017-02-01 15:03:38

ある意味で成果報酬で無く年功序列型賃金で無ければ、若いうちに浪費をする人はy貯金が無くなり、老後に生活保護を受給する世帯が増加しそうな気がする。


漫才師ニッケルカルボニル二臭化ジクワット 2017-02-01 15:46:15

記事を批評し記事責任者に責任がつく制度

必要です


kyo***** 2017-02-01 18:24:54

ふ~んそれで変化期に当たる50歳未満の方々は年金においても、給与体系においても割に合わない状態でも我慢が必要と?
こんな記事を堂々と書いている方は、少子化、格差社会と継続的発展は望まず、個人スキルにのみ過度に期待し日本をやせ細りさせたいのだろうね。


ce9***** 2017-02-02 01:58:42

そっち?


izu***** 2017-02-01 15:20:03

なんだか、机上の空論的な記事。


sin***** 2017-02-01 13:14:23

*このコメントは削除されました。


tom***** 2017-02-01 14:34:59

その見極めは以前より難しくなってますよね。

自分が就活してた10年ちょい前、喜んで家電業界に入っていった友達いたけど、当時から避けるべき業界だと判断してる人も多かった。


tak***** 2017-02-01 15:49:36

三菱グループはこれから厳しくなると思うよ。財閥企業の軋み、脆さが少しづつ進んでいる。決して安泰ではない。


ken***** 2017-02-01 15:59:12

重厚長大な企業は例えばどの会社だろう?


getup 2017-02-01 16:58:34

500万円?いえ、300万円以下です・・・


gxf***** 2017-02-01 15:41:38

企業が株主のもので利益の追求だけが目的っていう米国の考え方どすな。途中で変わって後払いがもらえなくなる人はどうするんですかね。うまく切り捨てれば搾取するだけで返さず、企業ラッキーvってことかな。


tet***** 2017-02-01 12:48:29

こんな作文をもっともらしく書けば給料もらえるのだから「レア人材」はいなくなりますよ。
少なくとも日経グループでは(笑)






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ