インターネット業界 最高裁判所 Google

【グーグル 検索サイト】ネット検索結果、削除認めず=逮捕歴「公共の利害」—初の判断基準示す・最高裁

2017-02-01 13:10:01


 インターネット検索サイト「グーグル」で名前などを入力すると、逮捕歴に関する報道内容が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、男性が検索サービス大手の米グーグルに検索結果の削除を求めた仮処分申し立ての抗告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日までに、「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」として削除を認めない決定をした。

 決定は1月31日付で、裁判官5人全員一致の意見。

 最高裁は、検索結果の表示の社会的な意義などと比較して「個人のプライバシー保護が明らかに優越する場合は削除が認められる」という判断基準を初めて示した。

 欧州連合(EU)が認めて関心が高まった「忘れられる権利」については言及しなかった。

 検索結果の削除を求める訴えが相次ぐ中で裁判所の結論は割れており、最高裁の判断が注目されていた。検索業者の対応にも影響を与えそうだ。

 男性は、名前と居住する県を入力して検索すると、2011年に児童買春事件で逮捕された際の報道内容が表示されるとして削除を求めていた。

 最高裁は、判断に当たり▽情報の内容▽被害の程度▽社会的地位—などを考慮すべきだと指摘。その上で「児童買春の逮捕歴は今も公共の利害に関する。男性が妻子と生活し、罪を犯さず働いていることなどを考慮しても、明らかにプライバシーの保護が優越するとは言えない」と結論付け、男性側の抗告を棄却した。

 さいたま地裁は15年の決定で「忘れられる権利」を認めるなどして請求を認容。しかし、東京高裁は16年、地裁の決定を取り消した。

 最高裁は、別の男性らが検索結果候補の削除などを求めた計4件の訴訟についても上告を退け、原告側敗訴が確定した。 

コメント数 804 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

mad***** 2017-02-01 14:48:32

ヤフコメ優等生のそれっぽいコメントは相変わらず中身ねーなw
お前らだって過去のしょうもない書き込みさらされたら嫌だろーがw


はっはっは♪ 2017-02-01 13:45:28

皆さん、この男のこのような愚劣極まる発想は

「盗人猛々しい」の部類に入ります。

一般常識が少しでも有るなら、このような自己中な発想は湧きません。

っていうか最初から「買春」なんてしません。

っつ〜か「売った女」の名前も晒すべきじゃね?

今の世の中、売春は立派な「犯罪行為」だからね。

援助交際とかデート商法って名前に変えても本質は売春だからね。

「病気」貰ってから後悔して被害者ぶってんじゃねえよ。


sut***** 2017-02-01 15:44:50


ざまあみろ!
犯した過去は消せないんだよ。
っていうかさ、小学生の性器をぺろぺろとナメて児童買春で逮捕されるようなクズ人間に、どうして妻子なんているのかな?
自分の子供が父親の過去を知ったらどう思うかな?


neo***** 2017-02-01 12:59:47

どうでもいい、それより政治芸能メディアや国家中枢が大衆結託して実施し続けている、犯罪誘導や思い込ませ、結婚詐欺や組織的寝とり、事件の捏造や大衆にまぎれている工作員と組んだ、権力者からの搾取行為、海外の犯罪組織との結託などを暴き、日本政府および犯罪に荷担したすべてのネットワークは、主犯者どもを解散させ、榎戸徳幸に超長期人権侵害犯罪および耳下腺工作の賠償金慰謝料治療費を支払わなければならない






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ