【沢村栄治 球速】沢村栄治、160キロ投げていた? 専門家が映像解析

2017-02-01 06:30:01

コメント数 712 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

mat***** 2017-02-01 08:47:29

10年以上前かな?沢村選手が160キロ近く投げていたと解析していだ番組ありましたね。
有り得ないという意見も多いけど当時の日本人がそれを投げていたと思うと夢のある話ですね。個人的にはそうあってほしい


asu***** 2017-02-01 11:02:04

南部忠平さんは、1931年に走り幅跳びで7m98cm
を跳んでる。当時は、今みたいなゴムの地面じゃなくて土。
スパイクも今よりは性能が劣ると思われる。
沢村さんが栄養事情、トレーニング理論その他で
160キロ出せるはずがないっていうなら、
南部さんのこの記録の説明がつかない。

今を基準にして考えるのはものの道理として当然なんだけど、
それは必ずしも、グラフにしたら直線ではないっていう事も
頭にいれておくべきだと思う。大谷や藤浪の存在なんて、
これから後の時代において、振り返ってみてもかなりいびつなはず。
特に大谷は。あれは漫画w(古田さんの言葉)

逆に聞くけど、140キロ、150キロ出す人は、
みんな最新のトレーニングによって肩を強くしたの?って事。
案外そうじゃないケースが多いでしょ?
だから沢村さんの豪速球って、私は意外と本当なんじゃないかと思っている。


mse***** 2017-02-01 11:32:18

まあ当時160㌔に感じるほどの速球だったということだろうね。
彼の名投手たるところはやはりドロップが良かったからではないだろうか?速球はよく打たれたら飛んだというように高スピンだったと推測されるしそれだけでは飯は食えない。

あとメジャーとの伝説の試合はすごく打者側が眩しくて打ちづらかったとも言われているね。(16戦のうち全日本も完封されたのは含めて4戦。メジャー相手でも得点する能力は十分にあったと思われる)


sak***** 2017-02-01 11:18:20

球も違うしいいとこ150kmだと思う。


hir***** 2017-02-01 08:47:15

現在のトップアスリートと80年前のアスリートのパフォーマンスが同じと言うことはありえない。以前、映像を解析した際、140~145kmくらいと推定されたはず。それでも当時としては凄まじい豪速球だったと思いますが。


dam***** 2017-02-01 12:11:17

結論:「凄いピッチャーだった」

それでいいじゃない。


tet***** 2017-02-01 08:32:37

張本とか金田とかなんでも昔を上位互換してしまうOBと違ってこういう分析ならある程度納得できるな。


sei***** 2017-02-01 09:57:39

当時のメジャーリーガーをきりきり舞いさせたんだから、もしかしたらもしかするかも。
私はそれよりも、彼が徴兵されることなくプロ野球人生を全うしたとしたら、どれほどの実績をあげたのだろうかと考えてしまいます。


mas***** 2017-02-01 10:12:46

打者が160キロだから、ボールも160キロがあり得るって、アホ?

この人、専門家?


lan***** 2017-02-01 21:46:48

由規の160kmは懐疑的。投げた本人もキョトンとしてたし、実況解説も含めて「え?今のが?」という空気があった。


cou***** 2017-02-01 09:20:53

いや、俺の分析だと175は出てるな


マン○ープリン 2017-02-01 18:52:34

以前昔の人の体格やらいろんな部分の分析からせいぜいでても150いくかいかないかだったろうとの記事を見たことがある。
そらそうだろういまでも最高速が160前後なんだしその大昔にそれを越えるわけがない。


yos***** 2017-02-01 11:04:39

あり得ないと思う、先ず身体が華奢だし、あの頃はウエイトトレーニングなんかも無いのだから、そんな速球を投げられる要素が見当たらない。


s0h***** 2017-02-01 11:00:32

投げていたと思いますよ。以前沢村投手の球を受けていた方がインタビューに答えていて、道具が今よりも良い物ではないからもありましたが、指が反り返っていたんです。しかも全盛期の速度を再現して貰った時、球が見えないんですよ。「消える魔球」ってこの事かと思いました。


shi***** 2017-02-01 09:11:49

*このコメントは削除されました。


kag***** 2017-02-01 10:15:06

巨人の選手だからということ。


eri***** 2017-02-01 18:47:34

これは多分永久に断言できない。いろんな説があるだろね。

でもまあ、今でも活躍できる投手だったのだろなあ。


wor***** 2017-02-01 10:01:03

当時の野球用品で160キロのボール取れるミットがあったの?
手が壊れると思う。良くて140キロ代後半じゃね?


ムムリク 2017-02-01 19:33:02

実際に計測出来ないのに160キロ投げた投げないの水かけ論をしてもしょうがない。

沢村栄治というすごい投手がいた

比べなくてもいいんじゃない?


swi***** 2017-02-01 09:41:18

専門家失格
あんな昔の人が160kmなんて出せるわけがない
夢を見ちゃってるのかな?ロマンだね


oon***** 2017-02-01 11:07:42

そういうことにしておきましょう。
夢があっていいです。


lrxbhjudadmjktj 2017-02-01 08:29:01

160キロはありえない。


y 2017-02-01 10:18:10

小柄だからスピードがでないというわけではない。柔道の野村選手なんかあの体で篠原選手がびっくりするパワー持っていたからね。筋肉の質が特別な人はいるよ。そしてこういう天才はどの時代にもいた筈。可能性0ではないと思う


rgy***** 2017-02-01 10:56:55

当時の映像はぶつ切り写真の連続みたいなものだから正確性はないと思うけど、まあロマンだね。


mit***** 2017-02-01 11:02:24

沢村が160キロを投げていたってのは無理があるだろ~
スタルヒンや金田が160キロを投げていたって話しならまだ信じるけどな


acc***** 2017-02-01 09:55:51

今で言えば160キロ級の球に匹敵だと言うことだろう。


shu***** 2017-02-01 09:46:01

球速うんぬんではなく、当時のメジャーが契約したがったぐらい凄かったという事実を、きちんと伝えて欲しい。球速のことばかりを取り上げると、この人の偉大さまでもがうさん臭いものになってしまうから。


ケム●x▲ 2017-02-01 13:19:34

高橋一三最速説もあるぞ


sat***** 2017-02-01 15:36:48

沢村栄治の特集番組で専門家が唯一残された投球映像から解析して133キロくらいって言ってたような。
この時代で130キロ台は相当速く見えたと思う。


miy***** 2017-02-01 09:44:30

以前、沢村栄治を知る巨人青田コーチが現役の選手たちに160キロ投げていたと話したら笑われたというエピソードがある。沢村栄治の記録を見ると身長174センチで、160キロを投げるには理論上身長190センチ以上必用。昔の人の相対的イメージや古い映像技術では160キロに見えたのかもしれないけど。


mau***** 2017-02-01 20:45:37

30年以上昔、何かの番組に故青田昇氏と故千葉茂氏が検証していたけど、マシーンの球筋をバッターボックスから見てこのくらいだったと思う。と両者が証言されていたときの急速が165㎞/hだった。
沢村投手のライバルの故景浦勝投手(元祖二刀流)の遠投が136mだったか?140m近くだったとの記録が残っていることを考えれば、景浦投手より早かったのだから160㎞/hも有りえるかもしれない。


スプリンガー 2017-02-01 20:15:53

そう信じたい人は信じたらいいんじゃないかな。


tak***** 2017-02-01 11:11:27

174センチ、71キロの体重では無理でしょう。張本とか金田の昔話の世界。


gog***** 2017-02-01 09:22:50

*このコメントは削除されました。


jun***** 2017-02-01 15:15:11

絶対に160キロは出てないと思う。


sya***** 2017-02-01 10:53:53

当時で150キロでも化物なのに160キロとか出てたとは思えないな。
勿論沢村投手が偉大な投手であることは変わらないけれどもね。


bok***** 2017-02-01 15:44:21

沢村栄治が160キロ投げていたのなら
現在でも10年に一人の逸材が160キロ投げまくりであろう


toyoisis 2017-02-01 09:56:30

上原投手が今でもメジャ−で通用するのは球の速さでなく球に伸びがあるというか投手の手元から打者のところまでのスピ−ドが落ちないから打者は速く感じてしまうのだろう。江夏投手がオ−ルスタ−戦で連続三振を奪ったのも速球が来ると思っていても打者がそれに対応できなかったからだろう。


inf***** 2017-02-01 10:00:24

実際に160kmが出ていなくても、
この時代の平均スピードが低ければ、
相対的に
今の大谷投手のような衝撃度はあったのだろう。

このころのボールの質(現在より歪んでいるはず)や
道具、投球フォームの研究など今とは雲泥の差。

メージャーリーガーが打てなかったことは、今でも誇れる。


bak***** 2017-02-01 10:13:58

金田は160キロは軽く出ていたというが
尾崎も


kin***** 2017-02-01 10:12:53

以前も、この人解析していなかった?
実際は当時では異常な球速の140後半ぐらいまでだろうな


aka***** 2017-02-02 00:13:55

否定的なコメント多いですけど、30年ぐらい前かな、テレビの検証番組で巨人時代の沢村投手の投げる打席に立ったことのある元プロ選手二人にピッチングマシンに立ってもらいスピードが何キロ出てるかを言わずにどのスピードが沢村投手の球速に近かったかを試すという企画があったけど、その二人の結論が165キロだった。つまり165キロのピッチングマシンの速さでこれぐらいが沢村の球だったと言っていた。当時私もそれを見ていてほんとかなと驚いたが、この記事を読んでやっぱりなという感想です。少なくとも160キロは出ていたのではないかな。


bkw***** 2017-02-02 08:18:10

私もその放送を観てたんですけど、青田昇と千葉茂ですね。
ただこの二人、沢村投手と同じ巨人のチームメイトでしたから、真剣勝負をしたってことはほとんどないのではないでしょうか。
紅白戦でもシーズン中の本当に活きた球ってほどではないでしょうし。

165㎞はさすがにああこれは下駄を履かせてるなとは思ったのですが、その分を差し引いても、現代のスピードガンなら少なくとも150㎞超のスピードは出ていたのではないかと推測します。
また、沢村投手はスピンの利いた打者の手元でホップするような球を投げていたという証言もあるので、打者の体感としては相当速く感じていたのだと思います。

でも、伝説の名投手のスピード論争なんて野暮な話しで、何㎞出てようが偉大な投手であることに変わりはないのですから。


iro***** 2017-02-01 09:55:07

大リーグ選手がキリキリ舞いってよく言うけど、
当時は野球後進国に遊びにくる程度の調整やし。


dim***** 2017-02-01 18:27:32

キャッチャーが捕れんやろけどね。
でも、柔道の木村政彦の体格を見ると今の格闘家よりごついわ。
昔の人は情報はないけど根性がなー。


unkunk 2017-02-01 09:37:02

日米野球でボコボコに打たれまくっていた沢村が160キロ出してるわけがない
仮に沢村を160キロとするなら、当時のメジャーは180キロ以上出てたことになるレベル


bun***** 2017-02-01 09:39:22

現代と同じスピードガンで計測できない以上、
憶測にしかすぎないわけで…。

球速だけならカネやんとか山口高志もすごかった。

話のネタとしては面白いしロマンもあるけど、
この手の話は結論が出ないから楽しいのかも。


さんぴんちゃん 2017-02-01 16:19:33

日本人メジャーリーガーはほとんど参加しない大会。ベストメンバーでないので優勝も厳しいから、大谷は無理する必要ないと思う。


pen***** 2017-02-01 13:02:36

いくらスイングが早くても、マシンなどがない時代でボールの速さに目が慣れていなければ130キロでもキリキリ舞いにはなると思うぞ。
だから160キロはない。


kab***** 2017-02-01 11:13:03

160キロ出ていただろうという創作話だな、
金ヤンが「ワシの全盛時代は165キロは出ていたな」
するとハリーが「ワシもそう思う」
この程度の話だ


aiz***** 2017-02-02 06:12:15

10年後に170キロが普通になってきたら、沢村投手も実は170キロだったって記事になってるんやろな


tlo***** 2017-02-01 09:46:11

当時のボールが今よ良いとは考えられないから
160キロは出ないじゃ無い?


sho***** 2017-02-01 15:00:12

あくまで推測ではあるが、多分全盛期の桑田真澄みたいな感じだったのではないかと個人的に思う。体格も似たような感じだし。
もし今のガンで測っていたら、150キロ近くの球速は出ていたとは思う。体格云々言うが、手りゅう弾をあれだけの距離投げられるのであれば、今の投手と比べても遜色はなかったと思う。
150キロでも160キロでも、キレと伸びが重要なのだと思う。
例えば、ある外国人投手の球速だけの棒球なんざ155キロでもさして意味はない。
沢村氏とはいえ、さすがに160キロは出ていないと思う。
彼の場合、そもそも球速云々の投手ではないであろう。
200勝投手たちはたしかに剛腕も多いが、例えば工藤にしてもコントロールとキレと伸び。若い時は150キロ近くバンバン出していたが、
そういうピッチングで稼いだ勝利は50勝位。
推測だが、沢村氏は工藤や桑田タイプだったと思っている。センスの塊であり、キレが抜群。


mazuro- 2017-02-01 19:07:02

昔珍プレー好プレーで159km/hくらいだったみたいなことやってたよね。正確な数字忘れちゃったけど。
伝説の投手ってのは「凄い球を投げていた」って程度でいいと思う。大リーガーをきりきり舞いにしたことと、壊れた肘でノーヒットノーランってだけで十分変態でしょ。


chinan 2017-02-01 17:04:37

沢村さんが160キロ投げてたなんて信じられないけど、江川卓のあのストレートが140キロ台と計測されるのも信じられない


asa***** 2017-02-01 10:49:05

あのふざけた戦争がなかったら、はっきりしていたかもね。でも伝説は伝説なんだしはっきりさせなくてもいいよ


for***** 2017-02-01 10:37:50

???「ワシは200キロかな」


Great Dragon 2017-02-01 11:32:50

これ、最初は東大の研究グループだったんじゃなかったけ?
既にその結果は出ているよ。160Kでほぼ間違いないんじゃないかな。
テレビで放送されたものを録画したものだけど当時の映像持ってる。

野球解析の為に使っているPCにそれらより精度が粗雑だけど
コマ送りで速度を算出するソフト入れてるけど
それでも159~161Kの間なんじゃないですか?位の感じだよ。
ホームまで0、41~2、この精度の差が本当の球速なんだろうな。
(0,415秒で160K位なはずなんで)
ただ、リリースポイントを考えると大谷より小さい選手なんで
見極める時間はその分あるかもね。
大谷のリーチを考えると打ち難いのは大谷の方じゃないかな。
後はスピンの差。

まあこう言う解析結果は本件と前例が有るので、だんだん根拠が
固まりつつあるんだなって事で良いんじゃないの。
時代時代に稀代の英傑って言うのが出て来てたんだって事で。


Blind 2017-02-01 16:26:04

ちょっと前は150キロ出たら怪物、って言われてたような…

160キロ出てたらそれはロマンですが…


zol***** 2017-02-01 09:54:47

沢村がメジャーを抑えたのは最初の試合だけ。後はけっこう打たれて負けていることはほとんど語られてない。
本当に160も出てたら登時のメジャーリーガーも打てなかっただろう。

彼は神格化されて語られることが多いから、これもその一つだろう。

だいたいスピードがあったからって何だと言うのだ。投手が打者を抑えるのに必要なのはスピードではなく、コントロールである。


nwa***** 2017-02-01 16:17:16

金田は、200キロですか?


air***** 2017-02-01 15:05:57

夢はあるけどそれはないのではないかな。
160キロ投げれて懸河のドロップを投げられるのなら、現在でも通用すると思う。
それに草薙球場以外の試合はすべて滅多打ちを食らって10失点以上したと言う事実がある。
とすると当時のメジャーリーガーは160キロに簡単に対応して毎試合KOできるほどの力があったことになるよ。当時のメジャーに160キロクラスがごろごろいたのかな?
日本でも大阪タイガースはそれをたった2週間程度の合宿でKOしたことになる
三振は140キロ代でも緩急を活かせば十分取れますよ
80年くらい前にそれをやってただけで凄い

山口千万石さんが骨折してる事実からしても140キロはあったのだろうけど160キロならそもそも戦前の紙みたいなミットで怪我せずに毎試合獲ることは相当難しいのでは?

というか沢村栄治さんが160キロ投げてたとかそんなに大事かな? 戦前の名投手に違いはないんだから。


ega***** 2017-02-01 08:41:05

大谷は160キロを投げても当てられるが全盛期の江川は140キロ台でも当たらなかった。過去の映像で見比べてもキャッチャーミットに入る時の球のノビが違う。沢村も江川的だったのではないかな。


x_b***** 2017-02-01 09:34:47

沢村栄治が日米野球で活躍したという嘘をいつまで言い続けるのでしょうか


rop***** 2017-02-01 09:42:10

歴史上の人物は話を盛られる。

江戸時代以前の古文書の内容がフィクションかノンフィクションか誰にもわからないのと同じ。

専門家に良いように解釈されるのです。


sai***** 2017-02-01 09:22:14

まぁ無いよ。ありえない。
オリンピック見たらわかるだろ。昔のほうが記録が勝ってるのなんてほとんど無い


zui***** 2017-02-01 10:36:08

張本流に言うと、絶対出てない


sou***** 2017-02-01 09:47:05

個人的に140km台だと思っている
当時の人達が速く感じたのは藤川球児みたいな
球速に表れないノビがあったのだろうと推測
それでも当時の140kmは凄いと思う


yan***** 2017-02-02 08:23:37

スピードよりも、よく選手たちが言う、切れっていうのがものすごかったのかも。
なんにせよ、夢があっていい。160でてたってことでいいじゃない。


mur***** 2017-02-01 13:31:22

沢村選手の真骨頂は、球速よりもボールの回転数だと思うんだけどね。


tt2***** 2017-02-01 09:24:24

この方の投球動作を見たことがありますが、全く力みが無く、理想の動きのひとつだと思います。ひょっとすると165kmくらい出ていたのでは。滑らかで今の選手にもお手本にしてほしいです。


sup***** 2017-02-01 17:17:10

現在の現役投手を同じやり方で解析して、比較したら信憑性もあがるのに。
昔、鈴木孝政投手がセNo1の速球投手と言われてた時でも、140km台だったから、160はないと思われますが・・。


hik***** 2017-02-01 12:25:08

現代のCG技術でどっかの局作ってくれないかな。


she***** 2017-02-02 08:24:52

当時の栄養状態とかから見ても、間違いなく160は出てないな。
メジャーリーガーを抑えたというのも、当時の試合は逆光でほとんどボールが見えないコンディションだったらしいし、その前の登板では大炎上している。
出てて140キロくらいでしょう


ete***** 2017-02-01 10:32:22

まさに、伝説!


ちくびまる子ちゃん 2017-02-01 07:32:25

ないない。でも、昔の人のほうが体幹は強かった気はするが・・・


九州人 2017-02-01 10:21:35

160 km/hを出せていたかは分からないけれど、当時としては豪速球だったんだろうなぁ。
出せていてもいなくても、沢村投手が偉大な選手であることは変わりないけどね。


nanashi 2017-02-02 00:42:58

沢村投手が160キロ近く出していたかは分らないが、湯浅教授の分析方法はまったく非科学的。そんなもんで球速が分るワケが無い。
同様の方法で、現役の大谷投手や藤浪投手の分析結果も併せて見せて欲しい。


tex***** 2017-02-01 19:15:05

99と100は近い数字だ、だが「桁違い」だ


tor***** 2017-02-01 22:21:48

昭和のプロ選手が「尾崎は160は出てた」とか金田氏本人も「160はゆうに超えてた」とか言ってる!
子供の頃見た江夏もメッチャ速かったように見えたけど実際はどうなんか映像から解析出来ないのかね!


glz***** 2017-02-01 22:43:44

俺のストレートは170キロ出てたって豪語してたオッサン誰だっけ?


kir***** 2017-02-01 11:41:28

それでも遊びに来ていたアメリカのメジャーリーガー達を本気にさせた沢村氏の功績は、余りにも大きい。


you***** 2017-02-01 10:22:57

戦争で亡くなられたのが、悲しい事です。


mik***** 2017-02-01 10:35:32

ものすごく昔にこの方のドキュメンタリーを見た時
160出ていると分析されていた記憶があります。
ロマンがありますね。


しーらんぺったんゴリラ 2017-02-01 14:37:28

あの時代の大谷みたいな才能の人だよね。天性の肩と身体を持ってた人。


dam***** 2017-02-02 04:54:24

野球の技術は年々進化してるけど、それ以上に道具も進化している。
今見ると沢村のころのグローブなんて大きな革手袋みたいだし、
キャッチャーミットなんかデカいまんじゅうみたい。
よくあんなので160キロの球を捕れたな。
それにバットの作りも粗雑で今のマスコットバット並みに重かったらしく、
そんな重いバットでよく速球を打てたものだと感心する。
当時の道具だと、今の選手でも全く思うようにプレーできないでしょうね。


l_e***** 2017-02-01 10:04:48

キャッチャー側(物の損耗や人)で分かってくる部分もあるんだけどね・・・


glx***** 2017-02-01 18:47:22

映像を見たが、遠い上、1球だけなので、よく分からなかった。でも、沢村の投げている映像が見つかったのは良かった。


abe***** 2017-02-01 07:25:21

体の小ささからして135キロだと思います笑


tet***** 2017-02-01 08:52:08

そのくらいならメジャーリーガーは打つやろ?せめて140キロ台じゃないかな?


car***** 2017-02-01 10:50:13

残念ですがあり得ない…夢を壊してすみません


nek***** 2017-02-02 08:40:35

その専門家 絶対90年代に日本テレビの番組で検証した人と同じ人でしょ 
あの番組を当時見ていて本当に呆れたもんだ 


min***** 2017-02-02 11:35:49

どんなスポーツでもその時代のトップであることがすばらしいこと。格闘技で現代のトップと過去のトップを比べるのは楽しいけれど無理があります。だが球速なら映像が残っている限り科学的に解明できます。しかし、湯浅教授による沢村投手の球速の算出方法は腕の角速度からの推測値なので正確さにいまいち欠けます。元になる映像の問題でしょうが、全国にはひょっとして沢村投手の投球がもっとちゃんと映っている映像があるかもしれません。それが発見されてほしいですね。


tet***** 2017-02-01 08:45:46

昔、『知ってるつもり』って番組で当時野球解説してた別所さんが選手時代に沢村栄治の球を見て160キロくらい出てたと言ってた。
映像はマサカリ投法みたいだったな〜。
高校時代のキャッチャーは常に中指の骨にヒビが入ってたとインタビューで言ってた。
グローブも粗末なものだろうけど、威力あったんだろうな。
別所さんがどうしたら速い球が投げられるか聞きに行ったら、とにかく走れとしか言われなかったらしい。


katsuya 2017-02-01 14:17:00

ダイヤのエースかと思った


kae***** 2017-02-01 20:41:50

伝説は伝説として


srz***** 2017-02-01 11:23:10

打者が感じる体感速度は160キロでしょうね。


gap***** 2017-02-01 10:16:06

学生時代にバッテリーを組んでいた山口千万石さんが、左手の指を何度も骨折するほどの快速球を投げていた
関係者しか分からないとは思うが、160kmを投げていたと信じたい


are***** 2017-02-01 10:06:05

忘れてはいけないのはキャッチャーの存在。当時160キロを普通に受けられる事の方が凄い!今に比べたらかなりお粗末なミットで...どんな手をしていたのかな?って事でこの件には無理がある。多分、その頃のアメリカのピッチャーのフォームはシンプルだったので、沢村投手のフォームにタイミングが合わなかったのでは。速度はさて置き、体感速度が高い条件として①初速・終速の差②ボールの出何処、が大きな要因と思う。


t34***** 2017-02-01 11:31:38

江川の全盛期も160キロくらい出ていた気がします。
伸びる球凄かったな〜。






コメント数 ランキング












新着ログ




FAの美馬、巨人に断り プロ野球(時事通信)
コメント数 21   2019-11-15 22:00:01