【トランプ米大統領】「日本は何年も円安誘導」=トランプ氏が為替政策批判—2カ月ぶり112円近辺

2017-02-01 01:20:00


 【ワシントン時事】トランプ米大統領は31日、貿易相手国の通貨安を批判した上で、日本が「(過去に円安・ドル高誘導を)何年も行っていた」と語った。

 就任後、日本の為替に言及したのは初めて。同日、ホワイトハウスで開いた医薬品大手トップらとの会談で表明した。

 トランプ氏は2月10日に安倍晋三首相と首脳会談を予定しており、日本の為替を含む経済政策をけん制したとみられる。トランプ氏の発言直後、欧米市場では、1ドル=113円台だった円相場が約2カ月ぶりの高値となる112円近辺まで急伸した。

 トランプ氏は「中国は人民元安誘導を行っている」とした上で、日本も誘導していたと批判。「他国は通貨安誘導の市場でプレーし、米国はばかをみている」と不満を漏らした。

 「米国第一」を掲げるトランプ氏は貿易赤字の削減を目指し、自国製品の輸出に不利なドル高の進行を抑制したい考え。日本は2011年秋以来、為替介入を避けてきたことを説明し、理解を求める構えだ。 

コメント数 3704 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

いいもの 2017-02-01 09:17:11

大丈夫ですか?
為替操作アメリカもやってないですか?


Foot 2017-02-01 19:39:39

以前から発言あったんでしょ?たぶん。
だから、12月のイエレンの利上げの時、黒田さん動かなかったんじゃ無いの?


ad1***** 2017-02-01 11:57:10

最近のポンド安に比べたら、カワイイもんでしょ!まあ、身内のアングロサクソンにはよう言えんかあ(笑)


cby***** 2017-02-01 06:03:37

今度の経済戦争は負けられない。






コメント数 ランキング












新着ログ