証券業界 豊洲 東京都

【オリンピック 問題】豊洲移転、五輪会場…公的事業が孕む弊害とは何か?

2017-01-01 18:40:02


 築地市場の豊洲移転問題、東京五輪の会場問題など、公的事業を巡るが世間を賑わせている。はたして公的事業の問題点はどこにあるのか。かつて米証券会社ソロモン・ブラザーズの高収益部門の一員として活躍した赤城盾氏が解説する。

 * * *
 東京都の都政改革本部の調査チームの最近の試算によれば、2020年東京オリンピックの開催に要する費用は3兆円を超えるらしい。2013年に招致に成功した際の見積もりは約7000億円であった。

 もし、まともな民間企業でこれほどの見込み違いが発覚したら、確実に中止を含めた抜本的な計画の見直しが検討されるであろう。そのまま計画を進めれば採算割れに陥る可能性が極めて高く、そういうことを繰り返していたら会社は潰れてしまうからである。

 しかし、オリンピックにせよ築地市場の豊洲移転にせよ、国や地方公共団体が主体となる事業では、多くの場合、そもそも採算という概念がない。企業の活動は、売り上げを費用よりも大きくして採算を取るというシンプルで明白な原理に貫かれている。一方、公的な事業の目的は公共の利益という漠然としたものなので、費用が適正かどうか計る基準がないのである。

 東京都心部に住む私自身としては、混雑が嫌だしテロも怖いし、莫大な収益が上がって税金が安くなるという夢のような話でもない限り、東京でオリンピックなどやって欲しくない。しかし、1000万都民の多数がこの2週間のお祭り騒ぎのために1人当たり3万円払ってもいいというのであれば、3兆円は公共の利益のための適正な費用であると認めざるをえない。

 7000億円から3兆円に値上がりしたら賛成票はずいぶん減るのではないかとも思うが、開催の決まったオリンピックを後から辞退するのは難しい。なんとしても3兆円の利権を創出したい政治家連中は、招致に当たって意図的に費用を過少に見積もったのではないだろうか。

 都民や国民の全体にとっては3兆円の負担であるが、施設や道路を建設したり、輸送、警備など大会の運営に関わったりする限られた数の業社にとっては、3兆円は巨大な売り上げであり、価格競争に脅かされずにたっぷり儲けられる美味しい利権である。

 自由競争によって価格が決まらない公的な事業は、資源の配分を歪めて経済全体の効率性を損なう。だから、肥大化させないことが望ましい。かつての小泉内閣のキャッチフレーズであった「民間でやれることは民間で」は、経済学のもっとも古典的な原則のひとつである。

 もっとも、公的支出が肥大化することの端的な弊害として挙げられるのは、金利と物価の上昇である。現状では、そのどちらも問題になっていないどころか、むしろ、マイナス金利とデフレが経済停滞の元凶ではないかとあげつらわれている。バブル的な資産インフレと将来的な財政破綻は懸念されるが、オリンピックでも何でもやって、財政支出を拡大したほうがいいという考えもあるだろう。

※マネーポスト2017年新春号

コメント数 12 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

kat***** 2017-01-01 18:18:05

オリンピックそのものが「ロサンゼルス以降、スポンサー収入等の民間の資金で」と、なっていたはず。

組織委員会が「自分で資金集めして『その範囲で開催』する」のが筋。

そうしないとIOCの危惧通り「オリンピック開催を希望する都市が無くなる」よ…


thm***** 2017-01-02 03:58:28

前提として組織委員会の負担率は少なく、多くは開催都市と国が負担しているので、税金の割合が大きい。立候補ファイルによれば、組織委員会の負担を除いて、東京都が負担するとなっている。国は東京都が負担できない場合補填する。


lov***** 2017-01-02 05:35:08

突き返した理由、選定された条件も知らずによくわからない主張をされてたのですか(笑)


kat***** 2017-01-02 07:35:44

》立候補ファイルによれば、組織委員会の負担を除いて、東京都が負担するとなっている。国は東京都が負担できない場合補填する。

それを「都民」が納得しますかねぇ…
私は都民じゃないので、しょせん傍観者ですが…


ftu***** 2017-01-01 18:26:48

土建屋が湧いてくる


gerem***** 2017-01-01 19:48:00

五輪、築地、もんじゅ廃炉+新設実験炉、税金で大盤振る舞い。
日本の財政状況はよっぽど余裕があるらしい。


tak***** 2017-01-01 20:50:41

新国立競技場はデザインで大騒ぎしているが、特に気になったのはザハ・ハディド側に支払われた13億のデザイン監修料である。
デザイン監修料は総工費の2%あたりが相場とされており、総工費が膨らめば膨らむほど建築家が儲かるというとんでもない内容となっている。こんな契約では誰も手間をかけてコストを切り詰めようとするはずがなく、彼らにコスト意識を求める方が無理である。前の安藤忠雄の会見がいい例だ。ゼネコンや政治屋にとっても総工費が膨らんだ方が中抜きやキックバックしやすく都合がいいから、彼らを巨匠だの天才だのと持ち上げる。これまでの公共事業で無駄にバカ高いハコモノばかり作られてきたのも当然である。
デザイン云々以前にまずこのフザけた契約慣行から改めるべきだ。


Why? ***** 2017-01-01 21:16:34

五輪運動会どころじゃありません。


nfj***** 2017-01-01 21:34:16

言うなればこの国家事業に利権を求めた
森善郎や内田茂が私利私欲の為に食い潰したと言っても過言ではない。この暴挙を把握
しながら止めようとしない政府や司法も同罪
である。国民は何の為に重税を支払わされているのか???


y9 2017-01-01 21:44:33

ごもっともな記事です。オリンピックを現実的には、降りるわけにはいきませんよね。世界情勢も変わりセキュリティーにもより一層お金がかかろることは、間違いないでしょう。
今の現状を考えれば、財政支出を拡大するのも良いがかもしれません。
いくら節約したと言う議論は、どうかなとっくに思います。


wm※※jd@p 2017-01-01 22:31:00

そんなに五輪開催に使うお金が無駄で勿体ないと思うならもう辞めろ
そして森も小池も丸山もくだらない主導権争いでこの混乱招いて世界に恥さらした責任取って辞めろ
IOCだってもう返上の準備してるんじゃないか


thm***** 2017-01-01 22:47:59

>東京都の都政改革本部の調査チームの最近の試算によれば、2020年東京オリンピックの開催に要する費用は3兆円を超えるらしい。
組織委員会は2兆円と発表していて、3兆円については試算なんかしてなくて、ハッタリで大袈裟に煽った金額。この3兆円をベースに記事は話を組み立てている。小池さん擁護の典型






関連記事












コメント数 ランキング









三宅宏実が右足を痛め途中棄権(スポーツ報知)
コメント数 46   2019-05-24 20:30:01




新着ログ