インド経済 アメリカ経済 中国経済

【リップサービス】大予測:安全保障 インドへの片想いは叶わない

2017-01-01 11:40:01


この3年間、日本は対中牽制を図るためインドに急接近を試みている。これは2012年末の安倍政権成立以降、日本は対中包囲網の形成を企てた結果だ。その中では、オーストラリアと並び特にインドとの同盟関係が模索された。

だが、日本による対中包囲網形成は失敗した。

これは当然なことだ。中国は最盛期をむかえている。勢いのある中国と対立を望む国はない。中国軍事力の成長は不安を呼び起こすかもしれない。だが、平時では経済的交流により利益を求めることが優先される。中国と領土問題を抱えない国の立場はこのようなものだ。状況は日本が思い描いた図画から大きく外れようとしている。ほぼ日本だけが単独で中国と対立する構図に転じつつある。

2016年には包囲網構想崩壊が明らかとなった年でもあった。一時期は歩調を揃えるとみていたオーストラリアやフィリピンは政権交代で対中融和に転じており、東南アジアでも潜在的に協力できると見ていたマレーシアも中国にシフトしつつある。結果、2017年に日本は今以上にインドに傾斜する。対中牽制を実現できるコマがインドしかなくなったためだ。

■ 対インド外交は成果を得られない

だが、このインドへの傾斜は成果を得られない。いいとこ取りをされて終わる。得られるのはリップサービスだけに留まるだろう。日本が成果を得られない理由は次の3つである。

1.中国とは対立できない

第一は、インドは対中関係安定化を最優先するため、日本の求める対中強硬路線はどうしても実施できないことだ。

インドにとって中国の経済的重要性は高く、それに変わる国はない。現在でも最大の輸入相手国は中国であり、インドの輸出相手国としても中国はその重要性を増している。

その中国との経済関係を不安定化させる選択肢はない。特にインドが経済成長を失速させず、国民生活を豊かにするためには中国との貿易や投資が重要となる。

また、安全保障でも中印国境の安定化を望んでいる。インドは周辺域では強引な外交政策を行っており各国と衝突している。今の南シナ海での中国に似た立場にある。その四面楚歌の状況からして、中国との軍事面での対立は回避しなければならない。

2.「気前良い日本」の維持

第二は、インドは日本の気前良い立場を維持しよう、と引き伸ばしにかかるためだ。

日本は幻想を抱いている。日本が中国との対立を宿命的であると信じ込んでいるように、インドも中国を宿敵視している。だから誘いに乗ると信じている点だ。

そのため、日本はインドに気前よく大盤振る舞いしている。これは経済協力だけではない。核不拡散体制に入らない核保有国であるインドに対し原子力協定を結んだことや、最新鋭飛行艇の供与をもちかけたことなどだ。

これはインドにとって都合のよいものだ。だから、それをなるべく維持しようとする。対中包囲網の話を聞くふりをし、言質とならないリップサービスを行い、日本に「インドはその気がある」と信じさせる。

なによりもその状態を維持することがインドの利益となる。インドが日本のプレゼントを得られるのは、対中包囲網に入るか入らないかの宙ぶらりんな状態であるからだ。

3. 中国との対立のアウトソーシング

第三は、インドは中国との対立を日本に押し付けようとするためだ。

インドにとって、もちろん中国は安全保障上の不安要素である。自国と領土問題を抱えており、その力の拡大が南アジアに及びつつあることは脅威である。だが、インドは中国との対立を避けたい。その理由は 1.で述べたとおりである。

その点、日本による対中包囲網の申し出は都合のよいものだ。それにより中国との対立を肩代わりさせ、緊張正面を東アジアにシフトさせられるためだ。

インドは日本の申し出に外見上の興味を示すことで日本を使嗾(しそう)できる。日本に「インドが同盟国」「外交でインドと挟み撃ちにできる」と考えさせることで、中国との対立を煽ることができるためだ。つまり、インドにとっての最適解は「日本にその気を匂わせるが、決して中国とは対立しない」ということになる。結果、日本はそのリップサービスに躍らされるのである。

■ 原発も飛行艇もうまくいかない

その点からすれば、対中対峙だけではなく原発や飛行艇輸出もうまくいかない。これも2017年の予測に含めてよい。

1. 原発輸出は進捗しない

原発輸出は空手形に終わる。これはもともと日本の歓心を買い、自国核保有への非難を減らすために持ち出されたものだ。原発輸出の利益で日本の歓心をかい、その際に必要と原子力協定を持ち出すことで自国核保有への拒否感、拒絶を緩和するといったものだ。だが、そもそもインドは原発を欲しがっていない。その本心は豊富な自国石炭資源の活用にある。そして日本の歓心を買い、原子力協定を結んだ以上、原発そのものは特に買う必要はないものとなっている。

その点からインドは原発購入はしない。もちろん日本の気分を害さないように、引き伸ばしを図るがそうなる。

2. 飛行艇も引き伸ばされる

これはUS-2飛行艇も変わらないが、その理由は異なる。インドはUS-2を欲しがっている点で原発とは違っているためだ。だが、その経過は原発とあまり変わらない。興味の強調は欠かさないだろうが、引き伸ばし的な交渉となる。

なぜなら、時間の経過はインドの有利となるためだ。日本政府は武器輸出に乗り気であり、US-2輸出を促進するため条件は妥協的となっている。まずはインドでの製造を認め、その範囲を拡大させようとしている。この状況では、インドは交渉の長期化は自国の有利と考える。そのため短期に契約をまとめようとはしない。

おそらく、飛行艇の件でもインドはリップサービスをする。そしてその都度日本では「US-2は輸出できる」と喜ぶだろう。だが、それはぬか喜びでしかない。

■ インドは夢を実現するユートピアではない

2017年、日本は中国との対立と包囲網の失敗から、今まで以上にインドに入れあげるだろう。

そこではインドはリップサービスで日本を喜ばせ、期待をもたせる。日本もそれにおだてられ、インドに過剰な夢をもつだろう。だが、それは現実的な成果は実現せず、やらずぼったくりに終止する。

結局インドは、どのような夢であったとしても叶えてくれる日本にとってのユートピアではない。そのことは承知すべきである。

コメント数 38 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

zsf***** 2017-01-01 11:18:03

分かりやすい。

だけど、夢も希望もなくなった。


tak***** 2017-01-01 11:24:54

【私が考える原発輸出の条件】
①原発メーカーの製造者責任を法制化
②原発事故に対して日本政府が補償しない旨を宣言
要するに「例え原発に欠陥があって事故が起こっても日本政府は一切の補償は致しません。その代わり原発メーカーには製造者責任を義務付けますので煮るなり焼くなり好きにしてください」ということだ。一見無責任に聞こえるが、自国内の原発事故の補償すら満足に出来ないのに海外の原発事故の責任が取れるはずもないし、税金を使うのに国民も納得すまい。何かあっても日本政府が補償してくれるなどという淡い期待を持たせずにできないことはできないとはっきり言うのが誠意ある対応である。
 もっとも、せいぜい4、5千億円の原発を建設するたびに数十兆~数百兆円もの賠償リスクを負う事業に経済合理性があるか知らないが。


yy_***** 2017-01-01 11:36:37

インドと日本が友好関係を築くことは無駄ではない。


alf***** 2017-01-01 11:50:18

インドは、日本のおかげでWW2後独立できた国である事を思い出させるため裏からアピールする。


***** 2017-01-01 12:01:09

そうだと思う。
新幹線だけ上手くいった理由も説明してほしい。


tak***** 2017-01-01 13:13:01

新幹線もなんだかんだで頓挫するんじゃない?
喜ぶのは早い。


さんご 2017-01-01 12:05:31

この記事は中国人が書いた記事でしょうね。
勢いのある中国⁇。中国人ほど、世界の現実も中国の現実も知らない国民は 珍しいです。中国人と商売してると、イヤになるほど痛感します。世界では中国離れと中国没落の認識が加速してますが、、、⁇


mat***** 2017-01-01 12:10:31

自分達は自分達で守る。当てになるのは米国ぐらいかね…


酒呑童子 2017-01-01 12:11:53

で、長々と書いたニューソースはどこ?(笑)


ttr***** 2017-01-01 12:12:44

最初に中国は絶頂期などでは無い。
今はソフトランディングを探しているがら今年もそれを探すが決して上手くは行かない。現に輸入は大幅に減少している。次にインドはカシミールと言う領土問題を抱えている。この領土は
大事でしか解決しない。原発はインドは輸入します。インドはそれしか取り敢えずの方策がない。新幹線も輸入します。U2は日本側の事情で成立しない。そして日本はインドと同盟などは
考えでない。ロシア、モンゴル、東南アジアは動かないだけで良いと考えている。特にロシアはエンジンの供給を
その時だけ止めてくれれば良い。ドイツはエンジン供給は間違いなく止める。これで中国は孤立で戦うしか無くなる。中国は終戦の方策を持てなくなる。これが現状だ!思い込みで稚拙な
論展開するな!


ますす 2017-01-01 12:19:48

原発も新幹線も買うと思いますが。いつまでも石炭でとか考えてないだろうし、事故を起こした原発だってアメリカのものだし、補償も政府持ちではなく、メーカー持ちにすれば、リスクは抑えられるとおもいます。


eco***** 2017-01-01 13:39:38

インドが対中国で日本に優先権を与えているのは確実です。南シナ海でも対中国非難して日本がいないところでも対中国でインドネシアと結束した。パキスタン、npt,ダライ・ラマでも中国に強硬姿勢に転じたのを知らないんか


fxx***** 2017-01-01 16:25:42

うわ。何この記事w
中国経済が最盛期とかまじで言ってんの?もうその時点でお察しなんですが。


sig***** 2017-01-01 20:13:18

まぁ、極端な可能性の一つだわな。


tin***** 2017-01-01 12:26:04

真っ当な考察ですね…


モンチャトン 2017-01-01 14:56:06

結局中共様の手先にが書いたプロパガンダかい。
最後まで読んで損した。


どっこい生きてる 2017-01-01 13:14:20

立ち止まって考えさせられる良い記事です。コメントも立ち位置の違いはあれ、理性的な物が多く見られるのが、その証拠と言えます。個人的には、中長期的観点から、今中国の思い上がりを挫いておくべきだと思うので、トランプ政権発足後、日本も多少の痛みを覚悟して、米国の対中経済政策に同調すべきと考えます。


lon***** 2017-01-01 12:57:13

*このコメントは削除されました。


ネトサヨ 2017-01-01 13:26:05

アホか?
日本を滅ぼしたいのであればそうかもしれないけど。


nan***** 2017-01-01 13:39:42

民主党?あんたの頭逝ってるね。


zom***** 2017-01-01 13:42:57

ヒマラヤ山脈をはさんでは印中ともに大規模な紛争は起こりようがない
インドが真に脅威と感じてるのはパキスタン


jeje 2017-01-01 18:51:22

んでどうすればいいの?


rsr***** 2017-01-01 22:58:31

原発の是非はエネルギー問題ではない。人間が近づくと20秒で死に至る放射性廃棄物1500シーベルト(150万ミリシリーベルト)を埋める場所がない。地下で10万年も管理する技術もない、東日本大震災、そして、福島第一原発の事故、日本人に突きつけられたのは、100%の安全は無い、という当たり前の事実でした、ひとたび原子力事故が起これば、農業、漁業、観光業をはじめ、すべての経済活動が、大きな被害を受けます、代々つちかってきたコミュニティが破壊され、当たり前の生活が失われてしまうのです、一方で、原子力発電に頼らない選択をすれば、新エネルギー産業の一大拠点として、また、廃炉技術開発の中心地としての、発展の可能性もあるのです、我々は未曾有の原子力事故の時代を生きる人間として、この問題を真剣に考えてゆかねばなりません、それが、この地で生きる未来の世代への、義務であり、責任なのです。


fpf***** 2017-01-01 14:09:03

大予測?
実に単純な想定に基づく予測で、外交批判が目的か。


GOMA 2017-01-01 12:40:52

外交の後ろ盾には経済力、軍事力、同盟国の三要素が必要だと思います。
日本外交は軍事力による後ろ盾が致命的にありませんからお金だけ取られて最後の最後に反故にされ続けています。
ロシアも軍事的に脅威のない国との平和条約などを優先する訳ないです。
どの国もまず国の存亡に関わる可能性がある国との外交を優先させます。
軍事力カードの無い日本との約束など反故にしても経済的利益が減るだけで安全保障上には何らの脅威もありませんから。
だから経済力カードと同盟国カードしかない日本外交は約束を反故にしても何の脅威もありませんから他国にお金を取られるだけで曖昧に終わってしまう事が多くなります。


dareda 2017-01-01 22:34:50

安倍の片思い外交?


wel***** 2017-01-01 12:42:43

*このコメントは削除されました。


hum***** 2017-01-01 13:34:16

政治家はみんなそうだろうが。


zom***** 2017-01-01 13:43:59

信念というか妄想というか


wdt***** 2017-01-01 15:42:43

信念というか、責任と役目を他人に押し付けているだけ。


どんわっせ! 2017-01-01 12:37:50

現代の世界中で反日国は中韓朝以外にあるのだろうか?
確かに経済的外交的に各国の考えや対応はあるかもしれないが。
見え見えの反日行動をおこす中韓人には嫌気がさします。
とくに韓国とは国交断絶しても良いのではないのだろかと強く思っている。


wes***** 2017-01-01 14:23:22

対中包囲網というけれど、因果関係を間違えているね。
日本は中国が先に掲げた対日包囲網を意識して孤立を避けるために最重要パートナーであるアメリカとの関係を重視し、ロシアとは協力関係を築きながらいざ事が起こったときに中国と日米の間では中立に徹してもらう形に持ち込めば十分だ。中国に対しては強硬的な発言をしても、ロシアに対しては全くそういう発言をしないトランプさんを見れば日米が同じ戦略を有しているのがわかるだろう。無論インドやオーストラリア、東南アジア諸国とも協力関係を築くことは大事だが、それはそのほうがベターなだけであり、マストではない。そんなこともわからずに日本の戦略が破綻したなどと堂々とよく言えたもんだよ。


大日本帝国人 2017-01-01 12:46:01

小学生じゃあるまいし自分の身は自分で守らなきゃ、いつまで米国をあてにしてるのか?米国なんて最低4年ごとに考え方変わるしいつも日本を守ってくれるとは限らない。自己防衛のためにも軍拡しないと将来の日本は中国の奴隷となる可能性大である。


Made in Shanghai 2017-01-01 18:58:59

安倍を選んだのは日本国民だ。
反中を選んだのも日本国民だ。
この点、中国政府も中国人も忘れてはいけない。


kij***** 2017-01-01 15:28:53

この記事書いた人の発想だと、世界中どこの国と外交進めても悲観的な展望しか持たないっぽい(笑)


tds***** 2017-01-01 20:09:11

残念だけど、当然の帰結。やるだけ無駄。なんで日本の都合で外交政策に制約を課されなければならないのか?というのが、本音だよね。日本のような国は相手国を動かすことより、まず、日本と相手国の関係を徹底的に良くすることを最優先にしてほしい。じゃないと、日本は邪心のある国と相手にされなくなる。


yan***** 2017-01-02 01:52:16

対中包囲網のために、国民の福祉を減らしても、インドを支援してほしい。年金を減らし、待機児童の予算を削減し、強靭な対中包囲網を作ろう。大日本帝国万歳!


war***** 2017-01-01 20:58:57

安倍晋三の阿呆ぶりをハッキリ書いたね。その通り、これは安倍晋三外交が国民の血税を大判降るまいしたが、成果は何にもない原因です。
相手を全く観ず、自分の片想いだけのKY外交です。






関連記事












コメント数 ランキング




阪神 ドラフトに「風評被害」直撃(東スポWeb)
コメント数 49   2019-10-17 17:00:02









新着ログ