きょうの料理 時短メニュー 夕食

【きょうの料理 平野レミ】1979年『きょうの料理』小林カツ代さんの時短料理が大反響

2017-01-01 16:50:02


 料理番組『きょうの料理』(NHK)が2016年11月に放送60年目に突入した。かつての日本の食卓はどのようだったのか。家族が集まる年末年始に、時代とともに移り変わるわが家の食卓の昔と今を考えてみたい。



 ここでは、1980年~現在を振り返ってみよう。1980年代に入ると「料理は女性が作るもの」というそれまでの固定観念が大きく変化し始める。



 賄まかないつきの下宿が少なくなり、ひとり暮らしの男性は外食に頼るか自分で料理を作るしかなくなった。既婚男性でも、子供の学校などの都合で家族を伴わず単身赴任する機会が増えるなど、“男の料理”の需要が高まっていた。



『きょうの料理』に“男の料理”が誕生したのは、1983年。男女雇用機会均等法が制定される2年前のことだ。1979年から現在まで『きょうの料理』の番組制作に関わっている、現在フリーディレクターの河村明子さんが語る。



「番組で男の料理をタイトルに掲げることには、当初、スタッフの間でも賛否がありました。世の中には“男子厨房に入らず”という雰囲気がまだまだあったので。でも、実際に放送してみると、好意的な意見ばかりでした」



 ほうれん草のおひたしやおにぎりといった、料理初心者の男性でも簡単に作れるメニューが人気を得た。一方、雑誌などでは趣味として料理を楽しむ男性のためのグルメ企画も増えていく。



 それと同時に、女性の料理に対する考え方も変わっていく。共働き夫婦がさらに増加し、料理をする男性が増えてきたとはいえ、台所の主役はまだまだ女性。彼女たちは忙しく働きながらも、「手抜き料理」に対する後ろめたさが残っていた。



「そんななかで登場したのが、料理研究家の小林カツ代さん(享年76)でした。『きょうの料理』への初登場は1979年でしたが、ものすごい反響でしたね」



 と河村さんは振り返る。「これでいいの」「この方が楽よ」という小林さんの“時短料理”は革命的で、多忙な女性たちの大きな救いとなった。

コメント数 19 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

ai0***** 2017-01-01 16:18:56

専業主婦させてくれるのなら、
料理に時間かけたいですけどね。


fuj***** 2017-01-01 20:31:13

*このコメントは削除されました。


kot***** 2017-01-02 08:37:54

時間かけたから美味しい料理ができるわけじゃない。専業主婦になって毎日料理ばかりに時間使う人生なんて、私はできないな。お仕事辛いの?


poi***** 2017-01-01 16:32:39

料理には向き不向きがあるってこないだ知った。
私は料理するとストレスが発散できるが、友達は料理するとストレスがたまると言ってた。


pot***** 2017-01-01 22:33:57

主婦だけど、毎日メニューの事を考えたりするだけでストレスたまります。一応毎日作ってはいるけど、向いてないんだろうなぁ。。


poi***** 2017-01-01 23:07:05

向いてなくても毎日作ってる。そういうのが大事なんですよ(^^)
私は逆に掃除ができない。。。ストレスがたまる。。


che***** 2017-01-02 00:02:49

掃除と料理のセンスって、大抵どちらかしか持ち合わせていないものらしいですよ。
うちの母はたぶん掃除派だったな。


meg***** 2017-01-01 20:07:08

働くママです。疲れて帰って冷凍食品に頼ることもあるけどできるだけ手作りの美味しいごはんを食べさせたい。レミさんやカツヨさんのレシピは豪快で簡単だけど大事なところは省かないし怠らないからしっかりおいしくて大好きです。2歳の息子が将来子供時代の事を思い出すとき、簡単でも毎日手作りの美味しいごはんが待っていたってなってくれることを願って頑張ってます。


el**** 2017-01-01 20:22:02

ふだんはやる気なし、出汁も顆粒、一汁三菜もできてない。
料理がしんどいのは、作る行為よりも、後片付けや次のメニューをかぶらないように考えたり、一日中ごはんに支配されること。
できた瞬間にもう次のごはんのことを考えてる自分にうんざりする。

それでも正月や誕生日、クリスマス、節句や運動会などのイベント時だけは頑張ってる。

おせちや雑煮、何日もかけて仕込んだのに一瞬で消え、割に合わないなぁと思うけど、めんどくさがりながらも楽しかった。

今年もだいたい手抜き、ところどころ頑張って楽しく料理と付き合っていきます。


yuk***** 2017-01-01 20:45:01

昔、高倉健さんが料理はしない、外食ばかり。美味しいものを提供してくれるお店がたくさんあるんだから。と話していた。

それに、第一、仕事が忙しすぎて、作る時間がない。ブラックめ…。


Giza Giza 2017-01-02 07:26:07

ブラック企業勤務だと、料理をつくる時間もないけど、外食する資金もない。コンビニ弁当を買って帰っても、疲れ過ぎて食べる気力もなく寝てしまう。痩せてたな、あのころ。


yuk***** 2017-01-02 10:12:58

お疲れさまでした。疲れ果てると食べるより寝ることが優先されますね。まぁ、昔のブラックに比べたら今のブラックの方がまだまだとは思いますがね。


mtb***** 2017-01-02 17:37:45

その高倉健は、最後は真面目な老後でしたね。骨のありかがわからない


777 2017-01-01 20:47:25

カツ代さんレミさんともに気取らない、手間無しのレシピだけに、一度真似して作ると結構自分の物に出来た。
毎日の事だからお手軽に作れるのが一番。


mai***** 2017-01-01 20:53:56

カツ代さんが料理の鉄人で肉じゃがを作る時、間違えてゴマ油入れちゃった〜!というのを見てから、我が家でもゴマ油です。


poi***** 2017-01-01 23:11:30

相手方に何作ってんの??って見に行ったやつですよね??解説者の福井さんだったかな?が、こんな人初めてだって言ってたのが子供ながらに色々衝撃でした!笑


元占い師 2017-01-01 20:54:14

料理は認知症予防にも良いらしい。


dgr***** 2017-01-01 22:37:36

もう30年以上も前、結婚したてのころ小林カツ代さんや平野レミさんのレシピで勉強させてもらいました。簡単なのに美味しくできるんです。お二人とも天才ですね。今は娘たちも家庭を持ち、お母さんの味を目指して作っていると言ってくれます。お二人に感謝です。


mem***** 2017-01-01 23:49:16

60年超えの長寿番組だったんですね。
今年初めて作ったおせちは、きょうの料理を真似して作りました。
寧ろ、番組を見てなかったら作る気になっていなかったです。簡単で美味しいお料理が教えて下さるプロの皆様を、尊敬しています。






関連記事












コメント数 ランキング












新着ログ






米、日中はタンカー自分で守れ(Japan In-depth)
コメント数 11   2019-06-25 14:30:02