群馬県 高崎市 前橋市

【週刊現代】注目の内視鏡や腹腔鏡手術、偶発症データ把握の上で病院選べ

2017-01-01 19:50:02


 近年、開腹手術以外に「切らないがん治療」として内視鏡手術や腹腔鏡手術が注目されている。



 内視鏡手術ではスコープの先についた特殊なナイフでがんを切除するなどし、腹腔鏡手術では患部近くに数か所の穴をあけ、そこからスコープや器具を挿入する。患者の体への負担が少ないなどのメリットが強調されがちだが、もちろんリスクはある。



『週刊現代』7月2日号では〈内視鏡、腹腔鏡手術も危ない〉と題して、2014年に判明した群馬大学病院での手術ミス(腹腔鏡手術で8人が死亡)などを詳述している。



 重要なのは、そうした事故が一体どれくらいの頻度で起きているかということだ。



 日本消化器内視鏡学会は内視鏡治療による偶発症(治療中に起きる不都合な症状)の調査を行なっている。同学会が会員の1188施設にアンケートし、2003~2007年に起きた偶発症についてまとめた論文が公開されている。国際医療福祉大学大学院教授の武藤正樹氏の解説。



「内視鏡による腫瘍治療では、消化管などの穿孔(穴が空くこと)が考えられますが、そうした偶発症は0.58%の割合で発生しています。腹腔鏡下の大腸切除術は1.32%。同じく胃切除術は0.94%です。どれも決して低い数字ではない。



 内視鏡や腹腔鏡はメリットも大きいが、こうした偶発症データも知った上で病院を選ぶべき。近年は診療実績を公開する病院も増えた。受診の際に実績を聞いて丁寧に説明してくれるか、といった点にも注意すべきです」



 手術についての議論はメリットもデメリットも強調して説明されがちだ。医師の説明で、客観的なデータが提示されるかは、重要なポイントだ。



※週刊ポスト2017年1月1・6日号

コメント数 10 *複数のAPIを使いコメント保存しています。

nemui 2017-01-01 19:34:52

義を見てせざるは勇無きなりで、リスクの高い症例でも救いたい一心でやれば、成功率は下がります


闇の騎士ダークナイト 2017-01-01 19:39:44

*このコメントは削除されました。


ジャック 2017-01-01 22:27:45

tkzさ…いやいやラムさん。

今年もどうぞよろしくお願いします。


ジャック 2017-01-01 22:40:16

クリシュナさん。

広いネットという海の中でたまたま縁ありスレ交流をするようになった仲間達です。

ある意味、我々とクリシュナさんもこうしてスレ交流をしているわけですが、それに不満をお持ちのようならば以後返信は結構です。


ガイア 2017-01-01 23:07:05

変態クリシュナ 消えろ!


くまモン!さようなら。 2017-01-01 19:41:55

不安を煽っただけですか?
なんと言われても病気なら
治療がいるし、切り取るには
手術がいる。


sa 2017-01-01 20:28:39

内視鏡治療・腹腔鏡手術だけではなく,普通の開腹手術にも偶発症はあります.どの病院で治療をおこなっても,偶発症はゼロにはなりません.治療をしなかった場合のメリット・デメリットを考えて,治療をするかしないかを選択していくわけです.
変な記事は,帰って患者さんの不安を煽ってしまいます.


でんでこでん 2017-01-01 20:45:31

なぜ記者は不安を煽るりたがるのか。

その方が売れるから?


min***** 2017-01-02 01:59:01

下手くそがやるもんじゃない!


織田ゆうじのベストアルバム 2017-01-02 19:28:14

群馬大学って副腔鏡手術再開できたんですかね?
やっぱり怖いな。。






コメント数 ランキング


新着ログ






N-BOX、23カ月連続首位=7月新車(時事通信)
コメント数 10   2019-08-06 15:02:39